オペラの夜

出掛けたオペラやコンサートを聴きっ放しにせず、自分の中で理解を深める為のブログです。

兵庫芸術文化センター管弦楽団第16回定期演奏会

2008-04-11 | モダンオケ
<>
2008年4月11日(金)19:00/兵庫県立芸術文化センター

指揮/佐渡裕
ソプラノ/西尾知里
バリトン/キュウ・ウォンハン
兵庫芸術文化センター管弦楽団
神戸市混声合唱団

フォーレ「レクイエム」op.48
フランセ「木管楽器のための四重協奏曲」
ラヴェル「ダフニスとクロエ~組曲第2番」


 オケ奏者たちが舞台に出て来ると、客席から拍手が起こった。ここの聴衆からPACオーケストラは、そんなに熱烈な支持を受けているのか!と思ったら、全員が揃う前に拍手は途絶えてしまった。余りコンサート慣れしていない観客が多いようである。でも、このホールが阪神間の住民達から、新たな客層を開拓しつつある事は間違い無さそうだ。何せ三回公演のうち、土日の二回は完売ですからね。

 レクイエムのソプラノ・ソロを歌った西尾知里は94年生まれの十三歳で、「声楽で世界を目指す」そうである。勿論、彼女は無限の可能性の持ち主だが、今現在は“稚拙”な歌を期待されているのである。そもそもフォーレのレクイエムと云う曲は、高度なテクニックを駆使して演奏されるべき曲では無い。少々下手でも、宗教的な雰囲気の方を優先する曲なのである。だからソリストに、敢えて音程の不安定なボーイ・ソプラノを起用する場合も多いし、その際にはコーラスも少年合唱が望ましい。

 しかし、もう一人のソリストのキュウ・ウォンハンは、先週までシャープレスとヤマドリを掛け持ちで歌っていた剛毅なバリトンだし、神戸市混声合唱団はプロの声楽家を五十人揃えても音程正確で、結構柔軟性もあるコーラスだった。佐渡の指揮も現代的にスマートなもので、機能性の高い美しい演奏ではあったが、音楽に微妙な揺れは無く、それらしい雰囲気は出て来ない。つまり知里ちゃんの幼い声は、佐渡のコンセプトの中では浮いてしまうのである。この演奏スタイルなら、先週の蝶々さんには違和感を感じた浜田理恵の方が、僕は余程適任だと思う。芸術監督さんの意図は不可思議である。

 フランセという作曲家は、寡聞にして初めて聞く名前。でも、お洒落で機知に富んだ、どうやら佐渡がお得意とする曲らしく、如何にも手の内に入った指揮振りだった。フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴットの四人のソリストは、何れもオケのコアメンバーが務め、結構聴かせてくれた。人数を削った弦の音に、もう少し艶があれば尚良かったけど。

 最後は混声ヴォーカリーズ付きの“ダフクロ”で、指揮者が大編成のオーケストラを思い切りドライブし、大いに盛り上げてくれた。なるほど、これなら佐渡の人気が沸騰するのも当然、と納得できる演奏。でも華やかではあったが、多彩な音色をオーケストラから引き出すことは適わず、ラヴェルを聴く楽しみを存分に味わうまでは行かなかった。

 アンコールはベルリオーズの「ファウストの劫罰」から“ラコッツィ行進曲”で、これまた聴衆を煽る、リズムにパンチを効かせた演奏。これは一見客にはウケる。だが僕はフォーレの演奏に、もっと深みのあるものを求めていたので、最後はラヴェルとベルリオーズで景気良く終わったコンサートに、何だか蓮根饅頭を食いたかったのに、フォアグラのソテーを食わされたような気分だった。でも、まあ旨かったす。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プッチーニ「蝶々夫人」 | トップ | チャイコフスキー「エフゲニ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。