オペラの夜

出掛けたオペラやコンサートを聴きっ放しにせず、自分の中で理解を深める為のブログです。

プッチーニ「トスカ」

2012-07-19 | プッチーニ
<佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2012/プレミエ>
2012年7月19日(木)14:00/兵庫県立芸術文化センター

指揮/佐渡裕
兵庫芸術文化センター管弦楽団
ひょうごプロデュースオペラ合唱団
オープニング記念第九合唱団
宝塚少年少女合唱団
ダンスオブハーツ

演出/ダニエレ・アバド
美術・衣裳/ルイジ・ペレゴ
照明/ヴァレリオ・アルフィエリ

<Aキャスト>
トスカ/スヴェトラ・ヴァシレヴァ
カヴァラドッシ/ティアゴ・アランカム
スカルピア男爵/グリア・グリムスレイ
政治犯アンジェロッティ/キュウ・ウォンハン
密偵スポレッタ/成田勝美
憲兵シャルローネ/ジョン・ハオ
堂守/志村文彦
看守/大山大輔
牧童/佐野晶哉


 年に一度の兵庫芸文自主制作オペラ、今年の演目は四年振りのプッチーニで、「蝶々夫人」に続く第二弾「トスカ」。びわ湖ホールでもプッチーニは「トゥーランドット」と、「ラ・ボエーム」を取り上げていて、綺麗に棲み分け出来ている。今後どうなるのかは知らないけれども。

 今日がプレミエの演出家はイタリアからの招聘、指揮者クラウディオの甥でダニエレ・アバド。演技は舞台中央に置かれた、回転する楕円の盤上で行われる。このスタイルは大昔の写真でのみ見る、バイロイトのヴィーラント・ヴァーグナー演出を嚆矢(多分)とする、これまでに散々使い古された手法であり、何度も見たような既視感に溢れるセットだ。でも、その円盤と八本の柱のみのセットには抽象的な美しさがある。一幕の円盤上には壁画を描く為の足場を、二幕ではスカルピアのディナー用テーブルを、三幕は天使の銅像を置いて場面転換する、美術の出来映えは悪くない。

 「トスカ」の物語は時代設定の明確で、読替えの余地に乏しいが、何故か今日は衣装だけ前世紀三十年代風。憲兵隊は黒尽くめ、坊さんは紅白に色分けされ、真っ白なセットに彩りを与える、華やかに祝祭的な舞台作りがある。問題は美術には無く、演出そのものにある。演出家の力量は、モブの動きの処理へ端的に現れる、と僕は考える。大人のコーラスは文字通り突っ立ったままで、堂守に纏まり付く児童合唱への振付けにも何の工夫も無い。それと幕切れの場面、僕の座る四階席からはトスカの飛び降りる際の、受身用の黒いマットレスが丸見えなのにも興醒めする。一事が万事で演出家の力量不足は明らかで、わざわざイタリアから連れて来る側のセンスも疑われる。

 ここでのオペラ上演は、良くも悪くも芸術監督次第で、全て佐渡裕一人の責任に帰するのであれば、僕も文句の付け甲斐のあると云う物だ。演出に関し、ソコソコの成功を収めて来た兵庫芸文オペラに、要求される水準は上がっている。今回の演出に何の創見もないと言うのは、それを踏まえての意見なのである。

 抽象的なセットへ対応するように、指揮者は「トスカ」の音楽に対し、ザッハリヒで外面的なアプローチを取る。全体を大掴みにしてコセコセせず、甘さや思い入れを排し、オペラの物語を機能的に進める気配がある。二幕の最後、スカルピアの葬送音楽には軽くパウゼを挟み、細部の拘りにも冴えを見せる。このオペラはイタオペの一つの典型で、劇的展開がどうとかよりも、主役の三人の圧倒的な“声”だけで成立する。そうであれば、今日のオケは即物的に大きな音を出して、「トスカ」の音楽に必要とされる容量は満たしていたと思う。

 今日のタイトル・ロール、ヴァシレヴァは声に甘い音色があり、ドルチェな表現力に加えて、オケを突き抜いて聴かせる力強さがある。音響としての密度の高い所為か、スピントする声に鋭さもあり、見た目は小柄で細身でも、ソプラノ歌手として恵まれた能力をお持ちと思う。カヴァラドッシのアランカムは立ち上り、喉に詰めた抜け切らない発声で“妙なる調和”のアリアを歌い、先の思いやられる。だが、直ぐに頭の天辺へ抜ける声となり、二幕のキメ台詞“ヴィットーリア”は見事だったし、皆様お待ちかねの“星は光りぬ”も、まずまず楽しませてくれた。

 スカルピアのグリムスレイには圧倒的な声量があり、朗々たるバリトンで聴かせてくれる。悪役としての存在感を、声で示せる実力者と思う。主役の三人の内、カヴァラドッシに今後の精進の余地は残るが、トスカとスカルピアは期待された“声”の芸を遺憾無く発揮し、まずは満足すべき出来だった。ベテランで固めた脇役陣も、本来はヘルデン・テノールの成田勝美がスポレッタで良い味を出したし、堂守の志村文彦にはコミカルな演技力があり、何れも手堅く聴かせてくれた。

 今日のキャストはブルガリア人のトスカに、ブラジル人のカヴァラドッシとアメリカ人のスカルピア、それに東洋勢も日中韓を揃えて国際色豊かな布陣。ただ、韓国人のキュウ・ウォンハンは別に悪い歌手とも思わないが、このプロダクションで主役を張る実力は無いのに、兵庫芸文への出演頻度は多過ぎるように思う。佐渡芸術監督の旧友だそうで、余り露骨な身贔屓は如何なものかと思う。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 林光「森は生きている」 | トップ | 安積黎明高校合唱団第42回定... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。