オペラの夜

出掛けたオペラやコンサートを聴きっ放しにせず、自分の中で理解を深める為のブログです。

R.シュトラウス「影のない女」op.65

2010-05-20 | R.シュトラウス
<新製作プレミエ>
2010年5月20日(木)17:00/新国立劇場

指揮/エーリッヒ・ヴェヒター
東京交響楽団
新国立劇場合唱団

演出・美術・照明・衣装/ドニ・クリエフ

皇妃/エミリー・マギー
乳母/ジェーン・ヘンシェル
バラクの妻/ステファニー・フリーデ
染物屋バラク/ラルフ・ルーカス
皇帝/ミヒャエル・バーバ
使者/平野和
門衛/平井香織
美青年/高野二郎
鷹の声/大隅智佳子
天の声/村松桂子
バラクの兄弟&夜警/青戸知
バラクの兄弟/大澤建/加茂下稔
夜警/大久保光哉/山下浩司


 若杉弘芸術監督の最後のシーズンが終わろうとしている。故人が指揮を予定した演目も今回の「影のない女」と、池辺晋一郎の新作「鹿鳴館」を残すのみとなった。僕は完売した「鹿鳴館」のチケット争奪戦には加わらず、若杉さんを追悼する上演に出掛けるのも今日で最後となる。これまでにハンブルクとミュンヘンの来日オペラ公演で上演された「影のない女」は、今回が国内プロダクションに拠る初演となる。「サロメ」「エレクトラ」「薔薇の騎士」「ナクソス島のアリアドネ」「アラベラ」の五作は、世界中どこのオペラ・ハウスでもレパートリーに入っているが、間に挟まれた「影のない女」の上演頻度はグッと下がるらしい。シュトラウスのオペラは傑作揃いと主張し、その上演をライフ・ワークとした故人を偲び、今夜も大切に音楽を味わいたいと思う。

 毎度の事で予習はしない筈だったが、今回は分かり難い筋立てで名高い「影のない女」で、さすがの僕も不安に駆られ、粗筋だけは読んでから臨んだ。でも、オペラのような大衆娯楽で、ヌーヴォー・ロマンのように難解なストーリーのある筈もない。要するにお伽噺なのだが、僕は似たような民話を思い出せない、やや毛色の変わったストーリーと、簡潔な起承転結の形でドラマの進まないのが難解とされる所以と思う。一幕は何とかお話に尾いて行けるが、二幕で頭の中が朦朧とし始め、三幕では完全に迷子になってしまう。全くしないよりはマシだったのかどうか、予習も余り役には立たなかった。

 要するに読み物としては面白いのかも知れないが、オペラ向きとは云えない台本と思う。実際の話、これを書いている今も何故、二幕で皇妃やバラクの妻が殺されそうになるのか理解出来ていない。ホフマンスタールとシュトラウスのコンビは千一夜物語やグリム童話、インドやペルシャ辺りの説話をパッチ・ワークのように継ぎ接ぎし、オペラ台本に仕立てたようだ。「影のない女」は「魔笛」へのオマージュとされ、確かに両方ともメルへン・オペラで、試練を乗り越え真実の愛に到達する、大真面目な道徳的テーマに共通点はあるが、僕は「影のない女」の音楽そのものをメルヘンチックとは感じなかった。

 このオペラの余り上演されない理由を分かり難いストーリー展開の他に、シュトラウスの15作のオペラの中で最も長時間、且つ最大編成のオケを必要とする事に求める意見は多いが、それは少し違うように思う。同じような条件と云うか、更に困難なリング・チクルスは上演自体がステータスと認識され、日本国のナショナル・シアターや欧米の地方都市のオペラ・ハウスでも盛んに取り上げている。むしろ「影のない女」の音楽そのものに、気軽に親しめない性質のあるのが原因のように思う。初めて聴くオペラを何の予習もせず(不精なだけですが)に、観た印象を語るテキトーなスタイルを、今回の「影のない女」でも堅持させて頂く。

 今日の演出では豪華な美術や斬新な解釈等は見当たらないが、地味ながら照明の扱いが巧みで、美しい舞台造形を観せてくれた。バラクの家はウッディーなログ・ハウス風で、バラバラだったセットは最後に合体し、一つの大きな家になる仕掛け。皇帝のお城も防波ブロックのような金網に石を詰めた背の高いセットをニョキニョキと立て、これも大詰めでは円筒形に集まり、中心部には光源を仕込んで美しい効果を挙げた。ただ、セットの移動による場面転換を四面舞台の威力に頼らず、黒子が出て来て人力で行ったのを不審に感じるが、これは他の狭い舞台にも使い回せるよう、配慮されているのかも知れない。

 このオペラの幕開け、乳母と霊界からの使者によるダイアローグ。メゾのヘンシェルはスタート・ダッシュで、エンジンの掛からないのかフォルテを喉声で出し、芯の無い声のように聴こえる。でも、二幕以降は本来の調子を取り戻し、役処を把握した的確な歌い振りで、柔らかな声質を生かし、芸達者な処を聴かせてくれた。霊界からの使者の平野は、まだ若い人のようだが声量でヘンシェルに対抗して、その実力を示してくれた。三番目に出て来る皇帝のバーバが、スピントしない喉声を多用するテノールだったのは残念至極。尻上がりに調子を上げるかと思ったが、最後まで声の輝きに不足して魅力に乏しく、これが実力のようだった。染物屋のルーカスは響きの良いバリトンで、誠実味を醸す声質も役に打って付けと感じさせる。

 ソプラノ主役の二人は共に素晴しかった。バラクの妻のフリーデは中音域での濃い音色に表現力のあるのも良いが、それよりもフォルテシモの大音量が凄い。この人は去年の「ムツェンスク郡のマクベス夫人」タイトル・ロールでも新国立に出演しているが、あれは「影のない女」程の大音量は必要としない役で、こんなに大きな声を出せる人とはツユ知らず、ビックリしてしまった。フリーデに対して皇妃のマギーは、軽目で透明感のあるリリコの声だが、細く鋭くスピントする高音部に力がある。実際、マギーとフリーデは難役を見事に歌い切った上に、二人の声の対照性も際立って、ずっしりと手応えのある歌を聴かせて貰った。

 残念ながら平野以外の日本人キャストは、今ひとつ魅力に欠けた。宮殿の門衛の平井香織はソコソコだったが、若い男の高野二郎は声量に乏しく、赤い鷹の大隅智佳子は役柄に必要な声の清澄さに欠けるのに、歌い回しの工夫にも欠けて、この役の存在感を示せなかった。とにかく主役の四名の音量が馬鹿デカく、例え端役でも主役級を連れて来ないと、日本勢は太刀打ち出来ないと感じた。

 でも、専らフィジカルな声の威力そのものの前面に出て来るのは、「影のない女」自体が精神性よりも、知的な計算の結果出て来た、純粋に音響的な側面の強い音楽である事も関与していると思う。R.シュトラウスの他の作品と比較しても劇的な盛り上がりはあるが、そこに人間味みたいなものの希薄なのが、「影のない女」の敬遠される最も大きな理由と感じる。ただ、この音楽には実際に聴こえている音の背後に、何処か不合理で神秘的なものの気配を感じさせる。一度聴いただけで、断言する自信は無いけれども。

 実は僕は一幕と二幕の演奏に、自分でも怪訝に思われるほど退屈した。二幕の後の休憩時間に、何故こんなに退屈なのかジックリと考えてみて、これは指揮者の所為と結論を出した。今日の指揮者は畳み掛けるべき箇所で、イン・テンポのまま音楽を進める傾向があり、テンポがアチェルラントすれば、音楽には自然なクレシェンドの掛かる基本を理解していないように思う。メルヘンチックで大らかな演奏と云えば聞こえは良いが、フォルテで気分が昂揚しないので、ピアニシモはテンションの下がったようにしか聴こえない。また、短いフレーズのピアニシモに鋭角的なリズムのある、シュトラウスの音楽を最も特徴付ける部分を、ヴェヒター君はノンビリと流してしまう。僕は「神々の黄昏」の記事で、後期ロマン派の様式感って何だろう?と云う疑問を述べたが、今日はその回答を得たような気がする。

 つまり一つの音符、一つのフレーズに意味を持たせるのが、後期ロマン派の様式感と思うのだ。今日の演奏では音に意味を込めず、ただ単に大音響の鳴るだけで、シュトラウスらしい陶酔的な響きは殆んど伝わって来ない。ヴァーグナーやシュトラウスは、ジョスカン・デ・プレやパレストリーナとは全く異なる作曲家で、後期ロマン派の演奏に抽象的な音色しかなく、具体的な描写と情念の表出とが無ければ、面白くも何ともない。今日の指揮者は反面教師で、音に意味を付与する事こそがシュトラウスの様式感と、納得させてくれた。ともあれ退屈の原因を究明出来て、三幕では音楽は音楽、演奏は演奏と聴き分ける事に成功し、シュトラウス・オペラの楽しみを満喫させて貰った。

 亡き若杉さんの残してくれた得難い機会で、東響もソコソコ健闘しただけに、指揮者に人を得なかったのには落胆したが、三名の女声主役の素晴しい歌声を聴けたので、今回は「影のない女」の実演に接し得ただけで良しとしたい。一体、誰がコーディネートして、ドイツの田舎の下振りみたいなオッサンを連れて来たのか知らないが、これなら児玉宏か沼尻竜典辺りに振らせた方が、結果は遥かに良かっただろう。若杉さんを失った現実は、今後の国内でのシュトラウス上演に大きな翳を落としている、そう痛感させられた。

 経験を積ませる意味でも日本人指揮者の起用には意味があるし、東京二期会のようにミシェル・プラッソンにベルリオーズ、テオドール・グシュルバウアーにはモーツァルトと、定評あるベテランを起用する手もある。僕は来シーズンの新国立には、今のところ大野の「トリスタン」しか、出掛ける予定を立てていない。まあ、これもチケットを取れれば、と云う留保付きではありますが。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メンデルスゾーン「交響曲第二番... | トップ | ドビュッシー「ペレアスとメリザ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のり2)
2010-06-05 12:31:42
オペラの夜さん
こんにちは!

若杉さんの早逝が悔やまれますね。
確かに東響オケはR・シュトラウスのサウンド
を響かせていただけに。

おっしゃるとおり来シーズン、大野指揮「トリスタン&」が最大の見物でしょうね。
シュトラウスのオペラ (pockn)
2010-06-05 17:55:02
オペラの夜さん、こんにちは。
さすが、日本の主要オペラ公演は押さえていらっしゃいますね!

シュトラウスのオペラは確かに筋が一筋縄でないものが多く、細かな登場人物のやり取りがつかめて初めてその真価がわかる気がします。

シュトラウスの音楽の魅力はワーグナーと通じるものはあると思いますが、ワーグナーのような官能的な陶酔感とはまた違ったもののような気がします。今回このオペラ上演に接して、私はその魅力を感じることはできたものの、次に行く機会があったらもっと予習しておこうと思いました。
Unknown (operaview)
2010-06-07 11:51:35
トラックバックありがとうございます。
私は、26日に観ました。

びわ湖では、沼尻さんのトリスタンもありますね。
おぺらびゅー、旅費が足りず、残念です(T_T)
コメントありがとうございます。 (ピルグリム)
2010-06-07 22:14:08
 のり2さん、こんばんは。

 仰る通り、シュトラウスの響き自体は楽しめただけに
色々と残念な処のある上演でした。

 pocknさん、こちらにもコメントありがとうございます。

 観た印象からすると「影のない女」の台本は
ややブンガク的に過ぎるのだろうと思います。
勿論、ヴァーグナーとシュトラウスは全く異なる個性ですが
ルネサンスやバロックと同じく、後期ロマン派にも共通した
様式感があるのでは?と、自分なりに考えてみました。

 operaviewさん、こちらこそありがとうございます。

 びわ湖のトリスタン、お安い席は会員発売のみで
これは滋賀県民に補助金を還元する意図と思われ
旅費と共に遠来の皆様には負担が重いようです。
TBありがとうございます (edc)
2010-06-11 22:57:41
こんにちは
>照明の扱いが巧みで、美しい舞台造形
同感です。それと、皇后が美しかったので、退屈しませんでした。音楽はこれまで聴いたものとはかなり違って、大音響が勝っていると思いました。演出のせいか字幕のせいか、イデオロギー的プロパガンダを強く感じました。
コメントありがとうございます。 (ピルグリム)
2010-06-13 18:16:07
 edcさん、こんばんは。僕はバイエルンの映像を
観ていませんが、「魔笛」寄りのお伽噺風演出なんですね。

>大音声でのプロパガンダは、
>やっぱりちょっと気色悪いです。

 このオペラは第一次大戦中の作曲なので、この辺りに
シュトラウスは反戦の意味も込めているようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
新国立劇場「影のない女」 (NOMA-IGAオペラ日記)
新国立劇場「影のない女」 公式サイト 2010年5月26日(水)18:00開演 新国立劇場オペラパレス 3階2列40番台 指揮:エーリッヒ・ヴェヒター Erich Wächter 演奏:東京交響楽団 皇帝:ミヒャエル・バーバ Michael Baba 皇后:エミリー・マギー Emily Magee ...
新国立劇場オペラ公演 「影のない女」 (facciamo la musica!)
5月20日(木)新国立劇場オペラ公演 新国立劇場 【演目】 R.シュトラウス/「影のない女」{/face_warai/}{/face_heart/} 【配役】 皇帝:ミヒャエル・バーバ/皇后:エミリー・マギー/乳母:ジェーン・ヘンシェル/霊界の使者:平野 和/宮殿の門衛:平井香織/鷹の...
影のない女(新国立劇場・渋谷区本町) (道楽ねずみ)
5月23日に新国立劇場にオペラ・「影のない女」を見に行きました。 初めて見る演目ですが,新国立劇場は以前にも,「ナクソス島のアリアドネ」,「サロメ」,「エレクトラ」,「ばらの騎士」と上演しており,今後も「アラベッラ」の上演を予定しているので,リヒャルト...
新国立劇場『影のない女』 (preromantique)
5月20日に行きました。もう1週間経ってしまってから書くのも何ですが、それ以上にどうも評判があまりよろしくないっぽく、ちょっと書きにくくなってます。 ◇オケ 結論から言ってしまえばかなり楽しめたのですが、そもそもこのオペラは今までCDでしか知らず、舞台はお...