オペラの夜

出掛けたオペラやコンサートを聴きっ放しにせず、自分の中で理解を深める為のブログです。

ベートーヴェン「交響曲第九番」op.125

2014-12-28 | モダンオケ
<京響特別演奏会「第九コンサート」>
2014年12月28日(日)14:30/京都コンサートホール

指揮/大野和士
ソプラノ/リー・シューイン
メゾソプラノ/池田香織
テノール/西村悟
バリトン/須藤慎吾
京都市交響楽団
京響コーラス

ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」
ベートーヴェン「交響曲第9番ニ短調“合唱付”」op.125


 お久し振りのベートーヴェンだが、そもそも第九は聴くより先に歌っていたので、前へ回って客席に座る前に聴き飽きたような気になっていた。だから雛壇席や舞台袖で聴いた演奏を除けば、これまでに第九はブリュッヘン18世紀オケと、若杉弘さんの指揮でしか聴いた事は無い。今日の大野さん指揮の第九は、我が生涯四度目の客席鑑賞となる。

 第九の前の小手調べに、まずはラヴェル。弦楽主体の曲で分厚い響きはあるが、もう少しフランスっぽく煌びやかな音も欲しい気はする。十分も掛からない曲で楽器の入れ替えの後、直ぐに指揮者が再登場してベートーヴェンを演奏する。

 曲の前半で指揮者は正攻法の、やや遅目のテンポで音楽を進める。まあ、第九の場合は一・二楽章に、新奇な解釈とかの余地は少なそうに思う。それでも大野の指揮では曲のポリフォニックな構造を、明示しようとする姿勢を強く打ち出していて、これで京響の木管の隙の無い布陣を再確認する事も出来る。木管ソロを弦楽の響きの中に埋もれさせず、フルートやクラリネットの絡みを浮き立ててくれれば、彼等の名人芸を堪能出来る。もしかするとこれも指揮者の、聴衆へのサービス精神の顕れなのかも知れない。

 曲の対位法的な部分を掬い上げる解釈は、第三楽章でその真骨頂を示す。弦楽パートそれぞれの楽器に存分に歌わせながら、繊細なデュナーミクの起伏を施し、ポリフォニックな絡み合いを強調する手付きから、指揮者のロマンティックな音楽性が溢れ出るようだ。例のホルン・ソロの前後にある、ピツィカートのヴァイオリンのセンシティヴな扱い等、本当に絶品だったと思う。昔は京響のホルンと云えば、関西一円にその名を轟かせ(もちろん悪い意味で)ていたものだが、今はソロのパフォーマンスに不安を感じる事は無い。今日も技術的に至難なホルン・ソロを、奏者はピアニシモで吹き切ってくれた。

 四楽章に入り“歓喜の歌”の主題を低弦が奏する際も、リタルダントやディミヌェントでタメを作ってから、指揮者はカンタービレへと持って行く。個々の奏者に存分に弾かせ吹かせる中で、小技を駆使しながら全体の構築へ繋げ、指揮者の音楽性をベートーヴェンの中に盛り込んでいる。こんな風に柔らかい第九を志向する指揮者が、声楽の入る四楽章後半に痛快な程のカタルシスを作ったのは、やや意外にも感じられた。最後のプレスティシモへ雪崩込んだ時の速さは、一瞬呆気に取られる程だった。でも、そこにデモニッシュなものは一切感じられない。あくまでカンタービレな喜びに溢れる終楽章だったと思う。

 京響は大野の統率の基、その本領を発揮したと思う。豊麗と云っても過言ではない弦楽パートに、管楽器のソリストの名人芸が加わり、指揮者の第九解釈を充全に表現するだけの実力を備えている。京響コーラスはトラを入れても九十名程度で、良く歌えていたと思う。この合唱団は純然たるアマチュアながら、事前に団内オーディションを実施し、例えキチンと暗譜出来ていても、ヴィブラートのキツくなった年寄りは落とされるそうな。まあ、それ位はしないと、この程度の演奏水準は保てないと云う事だろう。

 僕が最後に第九を聴いたのは十三年も前の話。年末の大フィル第九で朝比奈隆の休演と、その代役に若杉弘さんを立てる事が発表され、僕は喜び勇んで二日公演のチケットを両日共購入した。初日の演奏を聴いた翌朝、朝比奈の訃報をテレビニュースで知る。その日の第九公演では追悼の曲を期待したが、若杉さんは聴衆に黙祷を求めただけで、そのまま第九の演奏に入って終い、僕は一瞬その前に何かやれって騒ごうかと思った。若杉さんもこの八年後に亡くなるとは、神ならぬ身の知る由も無かった。朝比奈・若杉の両氏に合掌。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津高校合唱団第44回定期演奏会 | トップ | オッフェンバック「天国と地獄」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (余市)
2015-07-01 22:37:38
レビュー、たいへん参考になりました。
なかなか地方公演ではしっかりした評に出会えないのですが、お書きの文章により当夜の状況に思いを馳せることができます。
ブログに書き残す事。 (Pilgrim)
2015-07-04 09:26:48
 余市さん、コメント有難うございます。
 漠然とした印象を綴るのではなく、出来るだけ具体的に書こうと心掛けております。
自分で読み返して思い出せる、が目標ですので、ご賛同頂けるの方のコメントは励みになります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。