オペラの夜

出掛けたオペラやコンサートを聴きっ放しにせず、自分の中で理解を深める為のブログです。

コルンゴルト「死の都」

2014-03-18 | ドイツオペラ
2014年3月18日(火)19:00/新国立劇場

指揮/ヤロスラフ・キズリンク
東京交響楽団
新国立劇場合唱団
世田谷ジュニア合唱団

演出/カスパー・ホルテン
美術/エス・デヴリン
照明/ヴォルフガング・ゲッベル
衣裳/カトリーナ・リンゼイ


マリー&マリエッタ/ミーガン・ミラー
パウル/トルステン・ケール
フランク&道化師フリッツ/トーマス・ヨハネス・マイヤー
女中ブリギッタ/山下牧子
アルベルト伯爵/糸賀修平
俳優ガストン&舞台監督ヴィクトリン/小原啓楼
踊り子ユリエッテ&ルュシエンヌ/平井香織/小野和歌子


 びわ湖ホールで「死の都」二日公演を観終えた後、旬日を置かず東京までやって来た。これで「死の都」三公演制覇である。地味な演目でも、このように東西同時上演で話題性が盛り上がれば、お互いに相乗効果を期待出来るのだろうか。僕のように三組のキャストを全て聴こうと云う、奇特な観客が他に沢山居るとも思えないけれども。

 今回、初めて「死の都」を観た僕は、これって三途の川を渡るオルフェオとか、黄泉の国から逃げ帰るイザナギとかと、同じ系統の説話じゃんかと云う感想を抱く。元々このテの構造主義なお話には、ネクロフィリアと云うか屍姦願望の気配も濃厚に漂っている。亡き妻マリーの遺髪に執着する主役パウルの描き方にも、フェティシズムの様相は色濃い。つまり「死の都」は妻を亡くした夫が、もう一度死んだ奥さんとヤリたがると云う、極めて即物的なお話なのである。

 つまり変態性欲者のパウルは、健全な嗜好を持つマリエッタと交わっても、その性的欲望は充足されない。そこで彼に残された選択肢は、屍姦願望を断念し健全な性欲に生きるか、亡き妻マリーを追って黄泉の国へ旅立つかの、どちらかしかないと云う事になる。「死の都」を素直に解釈すれば、そうなると思うのだ。

 今回のフィンランド国立歌劇場制作の舞台は、既にヴィデオとして市販されているもので、演出家も内容の詳細な説明をプログラムに掲載している。美術担当のエス・デヴリンはレディ・ガガのコンサートや、ロンドン五輪閉会式のデザインを担当した手練れで、この経歴から推測される如く、見世物的な興味で観客の目を惹き付ける手腕のある人と思う。ただ、今日の舞台に美しい造形はあるものの、アイデアを詰め込み過ぎて文字通り玩具箱を引っ繰り返したような状態で、もう少し整理されてスッキリしていた方が、女優の演じるマリーの幽霊を出す工夫も生かされるのではないかと感じる。

 パウルのトルステン・ケールは伸ばす声が真っ直ぐそのままな上、ピアニシモでファルセットに逃げるのが物足りず、スピント系のテノールとして割りに平凡と云う印象を受ける。テノールに取って美味しい、最後のアリアだけはデュナーミクの変化を付け、情感を込め歌っていたけれども。びわ湖ホールでレジェーロな鈴木准と、リリコの山本康寛を聴いた上で、今日はヘルデンのケールを聴き、やはりこの役に最も合う声種は中を取って、リリコで良いのではと云う結論に達した。技術的に難しい故にヘルデンに歌わせると云うのは、パウルと云う役柄の音楽的内容に即した選択では無いと思うのだ。あの甘ったるいデュエットとアリアを、大味なヘルデン・テノールに歌わせるのもケッタイな話と思う。

 ミーガン・ミラーはマリエッタでは真っ直ぐ声を出し、マリーではフレーズを膨らませて情感を醸し両者に対比を付けたし、声を響かせる位置を動かし音色を変化させる工夫もあった。フランクとフリッツの二役を歌ったマイヤーは良い声のバリトンだが、一人二役を意識的に歌い分けようとしていない。ブリギッタの山下牧子も通り一遍な印象だった。

  指揮のキズリンクはオケに充分に大きな音を出させているし、その解釈はキチンと整理されていて、「死の都」の音楽をテキパキと進めている。これは物理的に正確な表現では無いかも知れないが、フレーズを短く切り上げる印象があり、モヤッとした処の無い明快な音を出している。妙に明るく快活な演奏で、僕はルーティン・ワークのように感じる。今日の舞台を総じて云えば、上演の初発性と云うか製作側の思い入れを受け取り難く、僕としてはびわ湖ホール上演の意気込みみたいなものを評価したいと思うのだ。

 また、オペラ「死の都」を立て続けに三回聴き、決して魅力に欠ける作品とは思わないが、でもこのオペラを聴くのならリヒャル、ト・シュトラウスの何かを聴きたと云うのが率直な感想である。聴かせ処のデュエットもアリアも申し訳無いが、何か取って付けたような印象を受ける。上掲の写真は来シーズンからの、新国立劇場音楽監督就任が決まった飯守泰次郎さんです。ご協力有難うございました。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コルンゴルト「死の都」 | トップ | モンテヴェルディ「ウリッセ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
新国立「死の都」(2014/3/21) (音楽の都)
2014年3月21日(金・祝)新国立劇場 コルンゴルト:死の都フィンランド国立歌