一口馬主はビョーキです!

一口馬主に興味のある方に自分の経験をベースにいろいろお伝えできたらなあ、と思います。

アペルトゥーラ3連勝でオープン勝ち!

2017-10-29 20:49:35 | 競馬
今日は、1000万下、1600万下と新潟芝直線1000メートルを連勝してきたアペルトゥーラが、やはり新潟直線1000メートルでオープン昇級戦を迎えました。
もともとゲートの中でうるさい馬ですが、今日もゲートの中で1頭だけ首を大きく上下に振ってお行儀悪く、案の定完全に出遅れてしまいました。
超スプリント戦で出遅れた時点で、これは今日はだめだろうと思ったのですが、いつの間にか前に追いつくと、幸い馬群もばらけていて勝負どころで半馬身ほど抜け出すとそのままゴールという強い勝ち方をしてくれました。
しかし、直線コースもそうですが、もともとこのコースがうまい石橋修騎手が今日もうまく乗ってくれてこのコンビで3連勝です。ほんと石橋騎手神騎乗です。もうバシシューなんて呼びません!(←これは嘘だな)
レースを見返してみると、出遅れたおかげで一番走りやすい大外を走れたようにも見え、もしかしたら出遅れも勝因のひとつなのかもしれません(苦笑)。
6歳にして本格化し、直線だからというのもありますが、ここ数戦馬群をさばいているところを見ると以前のように馬ごみがだめというのももしかしたらなくなったかもしれません。賞金も加算して重賞も出ようと思えば出られると思います。さて次はどこを使ってくるのでしょうか。
個人的には来年のアイビスサマーダッシュまで休んでもらっててもかまいませんが(笑)、しかし、3歳のときに未勝利戦を勝ち上がれなかった馬がここまでくるなんて、ほんとうに競馬は奥が深いです。というか、3歳未勝利戦なくなるのが早すぎ!こういう馬もいるんだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァルディノートやっと初勝利!

2017-10-22 11:58:57 | 競馬
デビュー前から音無調教師が吹きまくってそれでも2戦勝ててないヴァルディノートが出走。台風で不良馬場で心配しましたが、ものともせず、むしろ馬場を味方につけて8馬身差の圧勝でした。(一口馬主DBさんによると私の出資馬の最大着差記録)
デビュー戦2戦目とスタート悪く、行き脚つかず距離が1200ではぜんぜん追いつけていませんでしたが、距離をマイルまで伸ばしたのと、ゲートに縛られていじめられた(笑)効果で、実力を出せればまあ勝てるだろうなとは思っていましたが。
今日は芝マイルで1分40秒台という超不良馬場でしたから、真価が問われるのは次走ですね。あとは、ルメールがいつまで乗ってくれるんだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノルマンディーの1次募集終了!

2017-10-18 20:07:10 | 競馬
正確には、先着順ではない先行募集が終了、明日から先着順の募集が始まるのですが、気持ち的には1次募集が終わったな、という感じです。
(さて、この世代は何次募集まであるのでしょうか・笑)
ここ数年は必ず毎年芦毛の馬に出資してきていたのですが、現2歳世代では縁がありませんでした。そこで、募集予定馬リストを見た瞬間、1頭しかいない芦毛ちゃんに絞っていたのですが、フォーミーの16(父スウェプトオーヴァーボード)を抽選のうえ無事ゲットしました。
あと、ノルマンディーは1次募集の馬に出資しないと卓上カレンダーがもらえないので、そういった意味でも抽選を通ったのは大きいです。
正直、キャロットで来年の優先権を取りに行ったはずの馬が抽選通ってしまい、すでに予算オーバー。ノルマンディーで複数の馬に出資したいから、もう来年はキャロットの優先権狙いとかもやめておこうかと思います。こういうときだけ変に運がいいから困るんだよなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハルーワソングの16に出資確定!

2017-09-15 21:18:36 | 競馬
キャロットはいつでも撤退できるようにしたいというのと、撤退しない場合でも来年に備えて優先権を取っておきたいという理由で、人気していて抽選はずれそうな馬に行ったつもりが、当選してしまいました。
結果的にこれで2年連続バツなしでも第1希望の馬が取れたので、なんだかんだ言ってキャロットで1頭だけ狙うならなんとかなりますかね。(複数好きな馬取るのは難しいですが)
で、申し込んでいたのはハルーワソングの16。これまで毎年ハルーワソングの子には見向きもしてなかったのですが、今年はなんかどの募集馬も幼い体型に見えた中でこの馬だけ普通に見えたのと、やっぱり友道厩舎というのが出資理由です。
ほんとは掛け持ちの会費がきついので(出走馬が減ってキャロット単体だと赤字の月も増えてきました)、何年か前から撤退を考えているのですが、そう思い始めてすでに3年で1歳馬を買ってしまったのでこりゃほんとうに困ったことになりましたねえ(←笑いながら)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アペルトゥーラ、オープン入り!

2017-08-26 18:52:19 | 競馬
まあ、もしかしたら、とは思っていましたが。
前走1000万下の驀進特別で直線1000メートルに高い適性を見せて勝ったアペルトゥーラ
「うまい具合にレースが組まれている」と国枝師が言ったように中2週で組まれていた準オープンの稲妻ステークスに本日出走したのですが、見事に勝ちました。前が完全に塞がっていたのに、それでも外枠に誘導し、ゴール直前に空いた大外に一瞬で飛びこんで差し切るという神騎乗+馬の脚のキレはお見事でした。
これでオープン入り。この馬はノルマンディー創立時に募集された第1期生で私のノルマンディーの出資馬の第1号でもあるので6歳になってのオープン入りは感慨深いものがあります。
・・・いや、実は本来、この馬は出資馬ではなかったのです。同時に募集された同じ父マツリダゴッホの子に申し込んでいたのですが、その馬が募集中に骨折し募集中止に。代わりに慌てて申し込んだのがこの馬だったのでした。
しかも、3歳未勝利戦で勝ち上がれず、地方で3勝して4歳時に中央復帰。しかし、復帰初戦でいきなり勝利をあげたのはなかなかのものでした。
4歳でまだソエに悩んでいたくらいですからきっととても晩成なのだと思います。これからも末永くがんばっていただきたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アペルトゥーラ驀進特別で勝利!

2017-08-06 17:11:50 | 競馬
去年の札幌でした。札幌在住の私にとっては年に1度の地元開催にアペルトゥーラが来てくれました。
1000万下に昇級してからもまずまずの成績で当日も4番人気。しかし、直線インで下がってきた馬に進路を塞がれまさかの11着。そしてそれがトラウマになってしまったのか、そこからスランプに陥ってしまいました。
繰り返す2桁着順。馬ごみが怖くてレースを途中でやめてしまう。体調もあまりよくなかったようです。
そんな日が続いていましたが、今年の春に突如4着と復調。そこから掲示板は確保し続け、そして、初めての直線1000メートルに挑戦したのが今日でした。
馬ごみが苦手なのは克服できてきましたが、それでももまれないに越したことはない。ラチを頼れる外枠が欲しい、という願いとは裏腹に馬番は3。しかし、新潟の直線はレース中は馬がみなコース外側に集まります。つまり、内枠が実は馬群の外側になるわけで外枠と同じことになってよかったのかもしれません。石橋脩騎手がスタートをうまく決めてくれたおかげで、外ラチ沿いは無理でしたが、外目のコースを取ることもできました。こうなるともうこの馬を邪魔するものはなく、最後はあっさり抜け出して勝ってしまいました。

そもそも、奇しくも昨日は、1年前にアペルトゥーラがドン詰まったのと同じレースにデスティニーソングが出走。結果は残念でしたが、そちらに集中し過ぎて今日、アペルトゥーラが出ることをレース30分くらい前まで忘れておりました(笑)。(あ、デスティニーソングの出たレースで勝った騎手は、去年アペルトゥーラを不調に追い込んだ奴じゃねえかよ、ちくしょうw)
レース直前まで、「レース名が読めない」とかtwitterでボケてたら、勝ってしまいましたからびっくりでした。レース終わってから競馬新聞慌てて買いに走りましたよ(笑)。

この馬はノルマンディー発足時に最初に買った馬ですからねえ。長い間がんばってます。3歳未勝利で勝ち上がれず地方出戻りで、ほんとうによくやってます。思えば横山典騎手に「この馬は1年後には大成するよ」と言われた馬ですからね。ただ、そう言われたのがまだ未勝利のときの3歳夏でしたから、典さん、この時期に何言ってんだよ、とは当時思いましたけど(苦笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アポキン!アポキン!

2017-08-01 20:47:31 | 競馬
いきなりクイズですが、正解見たらブチ切れると思いますので、なにも考えずいきなり答えをみていただけますようお願い申し上げます。

問題その1
さて、アポキンとはなんでしょう

問題その2
次の馬たちの共通点はなんでしょう
ホークウイング、マツリダゴッホ、ダイワメジャー、メイショウボーラー、ステイゴールド、ロージズインメイ、ハンセン、ヨハネスブルグ、ゼンノロブロイ、シニスターミニスター

先に2の答えです。正解は私が現在持ってる出資馬の父親たちです。(石投げないで)
ごらんのとおり、ディープもキンカメもいません。(ただし、ハンセンとかはG1勝ったキャロットの某ディープ産駒より高かったんですがw)
で、このラインナップにこのたび、問題その1の答えであるアポロキングダムが仲間入りしました。ぱちぱちぱち。
ノルマンディーの4次募集ではアポロキングダム産駒が2頭いたんですが、せっかくなのでより安いほうにしました。これ、「2択の時は安いほうを買え」というのが、かつて、のちにリアルインパクトと呼ばれる馬ではなく、より高い、しかし未勝利で終わったディープインパクト産駒を選んでしまった事件の教訓です()。というわけで、ノルマンディー史上最安のコールミーシュガー15に出資いたしました。

私は金がないのもあって、中央で3頭しかデビューしてないエムアイブラン産駒のうち2頭を持っていたことがあったり(しかもどちらも勝ち上がり)、イーグルカフェの子を持っていたことがあったり(しかも準オープンまでいきました)、地味な血統で馬代を回収するというのが一口の楽しみ方になっています。現在も稼ぎ頭のホークウイング産駒のホーカーテンペストは平地障害合わせて8勝していますし、なにより3歳にしてすでに馬代回収率500%を超えているデスティニーソングはメイショウボーラー産駒です。
どうも「超良血馬でG1を目指す」という世界とはだいぶ遠いところに楽しみをみつけていることに最近気づきました。(気づくの遅いよ)

というわけで、コールミーシュガーの子、きっと走ります。大丈夫です。
(今日のブログのテーマがさっぱりわからん)

※問題その1の正解の補足。なんでも岡田牧雄さんがアポロキングダムのことを「アポキン、アポキン」と呼ぶそうですw
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァルディノート新馬戦3着。

2017-07-16 13:46:28 | 競馬
今年の私の2歳馬でデビュー第1号、ヴァルディノートが今日デビューしました。
この馬のお母さんシシリアンブリーズも持っていて母馬優先で出資した馬です。
前評判高く、音無調教師も強気で単勝1.9倍でしたが、スタート後だいぶモタモタして、直線入り口ではなんと最後方。
そこから前をどんどん追い抜いて行きましたが、さすがに届かず3着。まあ、スタートさえうまく行ってれば勝ち負けだったでしょう。
しかも、1200向きという厩舎コメントでしたが、今日のレースぶりではマイルくらいあったほうがよいかもしれません。
個人的には私の住む札幌にあるまじきゲリラ豪雨でスカパーの電波が届かず、パドックぎりぎりで電波復活というかなり危ない感じで、そっちの対処で精神的に疲れてしまい。本番のレースはもうどうでもいいやって感じで見てました(笑)。
それと私の出資馬で古馬オープンまでいった馬は、なぜか新馬戦を勝っていないのでそんなにあせってもいません。(逆に新馬戦の1勝で終わった馬が何頭かいます)
次はいつ走るかわかりませんが、まあ、いずれは勝つでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デスティニーソングSTV杯2着!

2017-07-15 18:41:35 | 競馬
函館で3戦目。滞在競馬だと同じ顔ぶれになりがちですが、勝ち上がってくる馬(実態は降級した馬が戻ってきただけ)がいたりと、強力な相手も出てきます。
そんなデスティニーソングがSTV杯に出走。前走はトップハンデで1番人気で接戦の4着でしたが、今日は2着とがんばりました。
直線では勝ち馬をインに閉じ込めようとしたのですが、鮫島克駿騎手いわく、「小柄なので弾き飛ばされた」そうで、激しい闘いをしているのがわかります。
これで現1000万下クラスで5着4着2着といつかは勝ちそうな力があることがわかりました。厩舎がどう判断するかはわかりませんが、秋までちょっと休ませてあげたいところです。
まさか、来週連闘なんてことは・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルドオール3着!

2017-06-18 18:32:58 | 競馬
一口をやっていると、当然毎月維持費を払っているわけですが、1回走って8着以内ならその月の維持費はペイできますが、9着以下の場合は赤字確定です。
ですから8着と9着とでは大違いなんですが、その8着と9着がやたら多いメルドオールが本日出走。
「めざせ8着」と毎回出資者の間では言われてましたが、なんと3着!
先週使って8着でしたが、好スタートからわざわざ下げてのもの。今日はこの馬にしては前目での競馬でした。
もともと予想外の連闘にもびっくりだったんですが、この結果にもびっくりです。しかも、上り3ハロンは勝ち馬に次いで2番目のタイムということでがんばりました。

こうなると同じ厩舎で同じく急遽今週出走したマグレブ。こちらは4コーナーまでは「おお!」と思ったのですが、直線は歩いてました(笑)。
さすがに2匹目のどじょうはいませんでしたが、距離短くしたらなんとかなるかも。こんなに集中力のない馬を障害入りさせようとしてる厩舎はいかがなものか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加