オペラ座の怪人な日々

オペラ座の怪人とドールハウス作りにはまっているミミルのページです。

ロンドンのオペラ座の怪人は・・・もっと凄かった!

2017-07-14 09:36:00 | オペラ座
前回に引き続き、オペラ座ネタです。
KAATでの舞台に感激したあと、その余韻にいつまでも浸りたくて、
劇団四季のCD2種類をamazonでポチッたことは言うまでもありません。
そして、それだけでは飽き足らず、
オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン のブルーレイを買いました。


これで1391円って!!どんだけお値打ちなんですか!
しかし、もっと簡単に見たいということで、amazonビデオでも購入。
時間があればBGM代わりに流しています。
オペラ座の怪人は、(黄色い部屋の謎とかで有名な)ガストン・ルルーの原作に基づき、
アンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲したミュージカルで、1986年にロンドンで初演されました。
その25周年を記念して、ロンドンのロイヤルアルバートホールで行われた公演を収録したものがこのブルーレイです。
そんな記念の公演なので、そりゃあ力はいってますよね。スケールが違います。
まずロイヤルアルバートホールの雰囲気が素敵すぎます。
セット上のボックス席と、ホールの本当の2階席の境目もよく見ないとわからないし。
ただ、設備上の問題でしょうが、シャンデリアは最初から天井に固定されていて、動くことはありません。
その代わり、火薬(?)を使った演出がかなり派手です!
オーバーチュアが流れていよいよ本編が始まるというシーンは、本当にぞくぞくします。
オーケストラに寄ったりするカメラワークもかっこいい!
オペラ座の魅力はの一つは、他のミュージカルとは違って生オケという点にもあると思います。
ちゃんとしたホールで音も良いし、オーケストラの人数も多いので、音楽だけでも本当に楽しめます。
こんな素晴らしい映像を今まで見たことなかったなんて、ほんと人生、損してました。

そして、役者さんたち。さすがに実力派揃い。
クリス役のシエラ・ボーゲスさん、顔はあまり好きではありませんが、
演技のときの表情が素晴らしいです。表情ですべてを語りつくしているといっても過言ではありません。
こういう細やかな表情は、劇場で見ていたらわからないかもしれないので、ブルーレイで見る利点ですね。
そして、我らがファントムさま役のラミン・カリムルーさん。
もうこの映像観すぎているせいで、とことんラミン・ファントムの虜です。
私だったら、ファントムさまと付き合います!ぜったいに!!
彼の演技もほんとに魂がこもってて素晴らしいです。ちょっとパワフルなところとかも含めて大好きです。
この主役の二人の演技はまさに圧巻です。
二人のシーンでの彼らの演技は、緊張感や官能、おそれや愛憎など、その場面場面でとても表現力豊かで、
見る者の心を揺さぶります。もう、なりきっちゃっているんでしょうね。
ラストでクリスがファントムさまに指輪を返しにくるシーンで、
ファントムさまが「クリスティーヌ、アイラブユー」と歌うときの、
クリスのぶちゃいくな泣き顔がとてもいい味を出しています。
いろいろな思いで身を引き裂かれそうになり、涙をこらえるとこんな表情になるはずです。
こんなのもらい泣きしないわけがないやい(;_;
あと、ラウル。
ラウルは顔は結構好きですが、セリフのときの声が若干おじさん臭いのが気になります。
ラウルってもっと若者っぽいイメージだったので。歌になるとそんなに気にならないんですけどね。
それから忘れちゃいけないカルロッタ!
これまで四季の舞台になれていたので、衝撃でした。太い!
でも、愛嬌があって憎めない感じで大好きです。

ネタバレを含みそうな具体的な感想は、
また次回~☆
まだせんぜん語りつくせない~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇団四季のオペラ座の怪人は... | トップ | ドールハウス第1号! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。