味覚瞑想~人生の“美味しい”に目覚める  by オープンハートインスティチュート

味覚瞑想とは食べることが大好きなあなたへの断食合宿です。
味覚を使って五感を解放し、自分に触れることを目指します。

欲望という名の芸備線

2017年06月10日 | マクロビオティック
昨日は、地元の市役所ホールであった夏川りみさんコンサートへ行ってきました。
彼女は石垣島出身さあ~、なんくるないさ~

コンサートよかったあ~。

いい。ほんとにいい。


ファンってほどではないのですが、いい声だなあと思っていた歌手、夏川りみさん。


サトウキビ畑を歌ってくださったのですが、


「ざわわ、ざわわ、ざわわー、広いサトウキビ、ばーたけはー♪」


会場がしーーん、となって、このホールの空間がどんどん広がっていくように感じました。
肉声の凄さ、対面して味わう振動。改めて感じましたね。素晴らしかったです。


昨日は満月。

ちまたではストロベリー満月と呼んでいるのだそう。なぜ?ストロベリー?

最も地球から離れた場所での満月、お空の遠くに燦然と輝いていらっしゃいましたね。


スピリチュアル全盛期に突入した感の昨今。
満月は願いことが叶う、あるいは願掛けによい、とは誰もが宣います。
そういう私も、昨夜はちゃっかり願いごとをいっぱーい書きましたよ。


ふと、思ったのは「欲望」。


「人生は欲望という名の列車」という映画のセリフがあったとかなかったとか…。


願い事にはもちろん、自分の欲望を書いたのですが、

「これって、私の欲望?違うんじゃね?」とも思ったのです。


欲望とは、

その時の自分の欲求のこと、だろうと思うのです。


でも、もしかしたら
ゆうべ私が書いた願い事はね、

「たぶん、こういう私になれば幸せだろう」

「たぶん、これが手に入っていれば幸せを感じるだろう」

という、予定調和的な作られた欲望であったような気もするのです。


心の深い部分から湧きあがるものを無視し続けていれば、
欲望さえも、自分の欲望さえも見失う。かもしれない。


私を訪ねてきてくださるお客さまに、私は

「私はエゴを持ち続けていきます。あなたはどうしますか?エゴを手放しますか?」

と、よく質問します。

エゴ=我欲とは、生命力の源だと思うのです。
そして、そこにこそ個性が表されているとも思う。


エゴは持ってると苦しいもので、無くすと楽になる自由になるという、考えもあるでしょう。
でも、無くしたいのはエゴではなくて、ほんとうの自分の欲望にひっついている余分な(他人の)思考ではないかな?と、私は思います。


私のセッション
「スキマ理論」では、思考と感情の仕分け作業を学びます。
とらえた感情、ふと湧きあがる思考、それらの構成分子を見極めていくのです。


本来、このような仕分けは必要ではありませんでした。赤ちゃんから2歳くらいまでは。
世界は刺激に満ちていて、それを五感で受け取り、自分そのもので味わっていた。
成長するにつれて、刺激を五感で楽しむ、自分そのもので味わうということを辞めていく。


なぜか?

それは、愛を得るため。


愛を得ることが、弱く自分を守ることができない幼い私達の最優先事項なので、
最初に愛してくれる存在である親の言うことをきくようになった。
愛されるために。


でも、もう私達は幼い子供ではありません。
愛は受け取るだけでなく、自分の内側から与える喜びも知って、経験しています。


上手くいっている時はそれも出来る。
でも、辛い時には戻ろうとしてしまう。幼い頃の自分に。


ほんとうの欲望(欲望にほんとうを付けるところから不自然ですが)は、
自分の内側から湧いてくる。それを捉える。
そのためには、偽の欲望を見極めなくてはならない。


自分そのものはスキマにいます。そこに。
自分にたどり着くには、五感の助けを借りるのが一番。
それが、肉体の本当の機能。

自分とカラダをもう一度、ドッキングさせる。
思考が生みだす違和感や満たされない思いを
五感と思考の助けを借りて、仕分けていく。
それが新感覚の体感哲学「スキマ理論」。


思考と行動、理論と実践。


その二つを繰り返していくことによって、その度ごとに深まっていく。
同じどころで足踏みさせたりはしない。
なぜなら、この「スキマ理論」はあなたの内部に本来あるものを
概念的に説明し、実践の仕方をアドバイスしているだけなのですから。

スキマ理論を完全に理解したとき、
あなたは、元から全てがそこにあったのだと気づくでしょう。


あなたのほんとうの欲望を取り戻すために、JR芸備線に乗って、私を訪ねてきてください。

わたしはここにいます。




新感覚の体感哲学「スキマ理論session」はこちら


「スキマ理論の概要が分かる7日間無料メール講座」があります。
小説仕立てで、読んでいくうちにスキマ理論の概要が理解できます。
スキマ理論sessionで行うワークも含まれています。
主人公「わたし」と一緒にスキマに佇む7日間をお楽しみください。
「スキマ理論の概要が分かる7日間無料メール講座」のお申し込みはこちら








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 分け隔てと差別と区別について | トップ | 人生最高の食事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロビオティック」カテゴリの最新記事