味覚瞑想~人生の“美味しい”に目覚める  by オープンハートインスティチュート

味覚瞑想とは食べることが大好きなあなたへの断食合宿です。
味覚を使って五感を解放し、自分に触れることを目指します。

自由になるには、命令する必要がある

2017年04月18日 | マクロビオティック
からだを解き放つには命令する必要がある。


ふしぎなことですが、
からだを自由にするには命令を上書きするしかないと思うのです。


あなたが座っている時、
あなたはからだに命令している。「座っていなさい」と。

力を入れて、無理やり座っているわけではなくとも。

楽に座っている時でも、
あなたはからだに命令している。「座っていなさい」と。


本当はからだは立って歩きたいのかもしれない。
本当はからだは横になりたいのかもしれない。
でも、座っています。

あなたが命令し続けているから。


からだの力を抜き、からだの自由にさせるには
命令を上書きする。
「自由になれ!」と。


思考で食べていることに気づき始め、
次の段階へ進んだ生徒さんが困ることは、
「からだが欲しているものが何かわかりません…」
という点。

からだを解き放つには命令する必要があると思うのです。
「自由になれ!」と。


からだは、すぐには答えてくれないかもしれない。
ずっと、無視し続けてきたのだから、そこは我慢。
命令を上書きし続けてください。
「自由になれ!」と。


ふいに、
スーパーで買い物をしている時に
ある食べ物に目が吸い寄せられていたり、

気づくと、
「そういえばいつも食べてたアレ、最近食べてないかも」
ということが起こってくる。

命令を止めるのでは不十分、なぜなら無意識下でからだに命令しているから。
だから、命令を上書きする。


日々、命令を上書きしていく。

「自由になれ!」と。




からだを解き放つために五感にフォーカスする断食合宿「味覚瞑想」はこちら
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 味覚瞑想の目的 | トップ | 般若心経 現代語訳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL