オパールカズの【おしゃれライフ In 海外】旅とホワイトシェパードとラブ犬

2頭の大型犬、ゴールドコーストの海や町並み、料理など「美しい生活臭のない癒され写真」を掲載しています。

どうしてもフェイスブック投稿になってしまい、ご無沙汰。犬の苦情 続出。

2016年07月10日 11時40分08秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ



ドッグランを
駆け回る老犬2頭。




さて
久々のブログ更新。

特になにという原因があったわけではなく
つい、
いい写真が撮れたらその場でフェイスブックや
インスタグラムに載せてしまうので

文章を推敲しないといけないブログから離れがちになってしまった。

今年になって二回目の日本から帰ってみたら

住んでいるコンプレックスのマネージャーから留守電が3件も。

コンプレックスというのは

我が家の場合は
約100軒以上の家々が巨大なフェンスに囲まれて
入り口では 

来客が 家番号を押してから 家のものが
開けるまで 
ゲートが開かないという


セキュリティーシステムがついたような集団の家屋。

さて
このコンプレックスには

マネージャーがいるのであるが

「小雪」が日夜、
異常に哀しい声で遠吠えや吠えまくりをする
ので

近所から
苦情が続出していると
電話がはいっていた。


ついに・・・!

留守中は 長女に任せておいたのだが

ほとんど放任されており

寂しさと不安で
夜な夜な
「お父さ~ん
お母さ~ん」

と泣いていたのであろう。




1件のイエローカードを正式にくらってしまった。

何がやばいことかと言えば

この国では

このイエローカードが改善されることなく
3件続けば

犬は

公的機関によって
殺処分されるという
ルールがある。



それがいやなら
ここからの引っ越し?




シェパードは
口吻が長いので

吠えると
とても大声になる。

回りは
運河なので

水というのは
意外に音を遠くに運びやすい。

普段でも

ドッグランに行くと

私とオット氏との中間に
いつも位置しており

二人の距離が離れすぎると


遅れている方に

ボールを 間において

「ここに来て早く蹴りなさい。」
とばかりに

促し

なんとか
二人をくっつけて
その庇護のもとに
安心していたという甘ったれ。





犬を飼っていると
本当に長く留守にするのが辛い。


が、しかし

私たちにも
残された人生を今のうちにエンジョイしなきゃという
あせり(!)もある。

毎回連れて帰られれば
本当にいいのであるが

日本は
マイクロチップがはいっていれば
すぐに引き取れるが

オーストラリア
は入国してから
イミグレーションに1か月も預けないとけいないと
いう
厳しい法律がある。





次回は

長く放置していた課題、
ダイエットの結果をお知らせします。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕食抜きダイエット 効果あり。 相変わらずの痩せる話。

2016年02月23日 21時45分11秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ
あるコンテストに応募したものだから

その出場のために 何がなんでも痩せないといけないという命題ができてしまった。




以前も書いたのだが

朝と昼に分けて私が食べているものである。


★すいか

★冷ややっこ (ネギと生姜)

★シラス入り大根おろし

★納豆

★もずく

★アボカド、きゅうり、プチトマトのサラダ


これプラス人参を主にしたりんご、セロリにヨーグルトを入れたスムージーは
朝いちばんに飲む。

一日中、炭水化物は摂らない。

しかし、1gも痩せないので

最近、2時半までに
晩御飯の分を食べることにした。

それ以降は水とビールしか口にしない。



要するに 16時間のミニ断食を毎日していることになる。




家族の分をもう一度夕方に作らないといけないので
確かに面倒ではあるが。

昼に油ものとか摂るので
空腹感はあまり感じない。

意外にこれですっと1.5キロは痩せた。

5月までにあと3キロ痩せようとしている。

今、これが一番有効なダイエットである。


さて
話題は変わり、


日本から来た和太鼓チームの若い皆さまとの
ホームパーティー風景。

オパも小雪もしっかりお仲間に。







合同路上コンサートは
雨でいきなりの場所と演目の変更。

路上ならではの憂き目。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨年 写真ブログ ハロウィンまでさかのぼり

2016年01月03日 20時04分08秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ
ガラス戸に思いっきりぶち当たって
朦朧としているカワセミの赤ちゃんを

至近距離で撮影。

その後、すぐに飛んでいきました。






フェイスブックをしていると
撮った写真をスマホからアップできる便利さから

ブログの方は
ついつい後回しになりがち。

ブログは
画像サイズなどの変換のため
PCから。

なるべくダブらないようにと
思うが気にいった写真は
どうしても同じになってしま。

さて

昨年

10月25日、

エメラルドレイク ゴルフ場の入り口にて
白いジャカランダを発見。


長くオーストに住んでいるが
こんな白花を見たのは初めて。















普通のジャカランダは

このような藤色。















花びらを一つ持ち帰り
我が家のジャカランダと
比較。




















さて


10月の末と言えば
日本でも大盛り上がりのハロウィン。


我が家にも
近所の子供たちが
大勢 キャンディーをもらいに訪れてくるので


毎年、60袋くらい用意。







この時期は

月下美人の仲間 クジャクサボテンが
花開く季節。

これは
一夜限りではなく
何日か昼夜を問わず咲く。







訪れる子供たち。

小さい子は
必ず親同伴。








うちのキラも

知り合いのお姉ちゃんと
一緒に近所巡り。





あ、左の小さい怪物は
おうちの前に
キャンディーのボックスとともに置いてあった。

ピンポンでいちいちの対応が面倒臭いひとには
うってつけ。



キラマミーは

なぜか
ナースの仮装。







正月なのに
昨年のお話しからスタートで
申し訳ないです~







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月にふさわしい豪華月下美人、大型ワンコも明けましておめでとう

2016年01月01日 08時05分57秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ



年末から正月にかけて
四日に亘って 咲き続けた 月下美人。

今までは
株が違ってもいつも同時咲き、

今回はなぜか
時間差があった。

たった一夜の命、
美人薄命の象徴だが

いつも大騒ぎの写真撮影。

まず
たくさんの花をこちらに向かせるために
あれこれ針金や台を持ち出す。


そのうち鉢をひっくり返して
水浸しやら
はずみで花がポトッ。

ワンコに
カメラ目線と
同じ場所に同じ格好で
座らせるのに

これまた
夫婦二人係で

叱ったり
褒めたりと忙しい。

まあ

大型犬で
訓練もはいっているので
30分かかっても
同じところにじっとステイしてくれる。



冒頭の一枚がなかなかいい出来具合。



この月下美人も

もともとは
知り合いから
葉っぱをいただいて

鉢にそのまま挿してから
かれこれ
10年くらいは経つのだろうか?

日本人の間で
まわりまわって

聞くところによると
ケアンズからもらったという人もいる。

ちなみに
お隣のおうち(日本人)にも
何本か
さしあげました。

同じ株は
株分けして
環境が変わっても

同じ日に咲くことが
多いという不思議。



株を増やして
その辺にほうっておくだけで
毎年 2回は
楽しませてくれる。





オパールカズのブログも
本年で
ついに
16年目を迎える。

早い早い。

皆さま、

本年もよろしくお願いいたします。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すごい!オーストラリアの民家のド派手イルミネーション 飾りつけは見てるのが一番

2015年12月25日 08時36分10秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ


こんな大きな鹿、ふだん

どこにしまってあるのだろうか?



鹿と書いたのは

角の形状がトナカイではなさそう・・・










なんといっても
オーストラリアは

サマークリスマス。


こんなサーフィンサンタが売ってるのは
オーストだけかな?














それにしても
このイルミと小物、

私などは

飾りつけと
後片付けのことを想像すると

クラクラしてしまう。

今年は

我が家でも

庭のポインシアナの大木に

ソーラーのイルミネーションを
巻きつけただけで

こんがらがってしまい、

解き戻すのに1時間。

あげくに
半分、LEDが点灯せず
返品交換の憂き目。

いやいや木に登って

「アリが刺した」などと
大騒ぎするオット氏に

ブチ切れたり、


本当にタイヘンな作業。





イルミは飾るより

見に行くのが

一番。






























この家は去年の優勝イルミだと思います。

雪が噴き出る装置もあり
子供たちがかぶって真っ白になって
大喜び。

ゴールドコーストの子供たちは
本物の雪を見たことがない子がほとんど。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラブとホワイトシェパードの2015年のクリスマスカード 

2015年12月24日 10時12分46秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ











良いお年をお迎えください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やせたい!こんなん食べてます。活動量計Fitbitで体重、睡眠、摂取カロリー管理中

2015年12月18日 07時14分34秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ
朝ごはん。

玉ねぎ入り味噌汁。
納豆。
シラスおろし。
スムージー。
冷ややっこ。
もずく。
すいか、きゅうり、アボカド。


この期に及んでまだ

カズは痩せたいのである。


この10年間で 8kgは太り
このごろ 食べていなくとも右肩あがりの状態。

上の写真は

ある日の朝食。


だいたいいつもこんな感じ。




イチゴ。
納豆、シラスおろし。
レッグハム。
しそ入りだし巻き卵。
もずく。
野菜サラダ。

暖かいものは私が作り
冷たいものはオット氏が用意する。


食器洗い物、後片付けはオット氏。
全体の 片付けは私という風に
このごろは 自然家事分担。





多い?



ちょっと待って!

これを

朝と昼 二食分にわけて食べている。



これでだいたい700kcal。





スムージーは
毎朝、欠かさない。







↑が
この青いジュースにはいっている野菜果物全部。(二人分)


最初、スロージューサーでりんご、ぶどう 、セロリ、ケールなどを
ジュースにして

ビタミックスのミキサーで
人参丸ごとと ヨーグルトに
作ったジュースを加えて
混ぜたもの。

ジューサーとミキサー
二台 使用。





で、
表題の
Fitbit.





もちろん、時計でもある。

スマホに電話がかかると
小さな液晶に
名前が出てリストにビッと感じる。

万歩計、
歩いた距離、
睡眠時間、
上がった階数。
脈拍、
運動量による消費カロリーが自動で検出される。


睡眠時間は
就寝時から起床までの時間のうち
寝返りの回数から 目覚めた回数が出て
実際のノンレム睡眠時間がわかる。

これはありがたい。


食べたものをスマホに入力すると
カロリー計算してくれて

目標体重まで 今日食べてもいいカロリーが表示される。

ハハハ

もう3週間緻密に実行しているが

スタートした時から
1gも減っていない。


トホッ・・・







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大橋巨泉さんご夫妻とお食事、イタリアンと和食の店。お隣のホームパーティーに招待されました。

2015年12月10日 10時46分17秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ
最新のひとつ前の
「週刊現代」今週の遺言で
腸閉塞を発症したと
エッセイで書かれていた
ので

奥様の寿々子さんにメールしたところ

今は、
とりあえず手術せずに退院されているとのこと。

今週は
大相撲のことをエッセイしておられるので
お元気になられたのだろう。


カズの自撮り棒で撮ったので

すみません、少しずれました。







10月6日、


イタリアンは「CEMILLI」という
ブロードビーチの人気店で



















ま、こんな感じ。


おいしいけれど

量は相当多い。


店内は薄暗く




メニューを読むのに
我々夫婦は
iPhone の懐中電灯で

大橋家は
持参のミニ電灯で照らして
読んだ。






赤ワイン2本と
白ワイン1本。


リーズナブルなお値段。


一度、娘たちを連れて行ってみよう。



同じくブロードビーチの
コンラッドジュピターホテルの

「きよみ」という和食店。

これは

ゴルフのお仲間のご夫妻と。










純和食というより

創作料理、Fusion レストランですね。















エリンギおいしかったなぁ。









にぎりも ちょっと違うって感じで。











ワインは





お料理はなかなかおいしいのであるが

お店が
カジノの吹き抜けの上で
全面オープンとなっており

下からの喧騒がそのまま筒抜け。

相当、やかましいので
落ち着けない。


しかし人気店ではある。



我が家のお隣に引っ越して来たのは

日本人ご一家。


以前のキィウィ (ニュージーランド人)が
あまりに いろいろうるさかったので

本当にラッキー。


そのお隣のホームパーティーに招待していただきました。


冒頭写真は

お隣から眺めたサーファーズの風景。

外側に溢れるニュータイプのプールがおしゃれ。




うちから見たのとは
当然少し違う。


奥様の心のこもった
手料理を
満喫。






お手入れの行き届いたキッチン。







パティオも広く
BBQにはもってこい。








うちの子らは
お留守番。

ガウガウ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山白浜温泉の湯は本物だった

2015年12月08日 07時21分07秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ
旅の最大の楽しみは

お泊りの旅館。

「ホテル天山閣海ゆぅ庭」

じゃらんで
ミナミ伊勢海老姿づくり
源泉露天風呂付 別荘





という

なんか豪華感あふれる部屋を予約。


海が見えるツインの洋室は

オット氏が独占。









和室は キラと私と次女で 川の字寝。








驚きは、

部屋に 

こんな大きな源泉かけ流し内風呂が。


(普通 露天風呂付き部屋なら 内風呂は ホーロー風呂のような家庭風呂だが)








そして

露天風呂は

また海が見渡せる大きなお風呂。









敷地内外にも多くの風呂が
点在し


1泊では
入りきれない。





お湯は
透明だが
ヌメリのある温泉特有の質感。



かけ流しである証拠に

外にざぁざぁお湯が流れている。

湯口からのお湯が熱い。




露天風呂の一つ。








以前行った赤穂温泉のお風呂は

湯口からお湯は
出っぱなしだが
循環口がある。


レジオネラ菌消毒のため

カルキ臭が半端ない。






敷地内に

可愛らしい神社が。














お風呂を思い切り楽しんで

帰りは

坂本冬美の

元職場である梅干し工場へ。








工場の現場が見学できるようになっている。







梅干しのキャラクターの3D映画を見る

三人が


面白い。








たくさんの梅干しを買い込んでの

帰り道の有田市では


有田みかんがたわわになっていた。









ディナーは


しゃぶしゃぶ食べ放題の
「金の豚」。


最初は 
「え~?食べ放題?・・・」

と乗り気でなかったのだが

行ってみると

豚だけではなく
黒毛和牛コースもあり

とってもおいしい。






それだけではなく

天ぷらやら
刺身やら
野菜
デザート

普通にレストランで食べられるメニューが
食べ放題、

それに「飲み放題」1000円を
追加する。


そうなると

「金の豚」は

ひたすら「酔っ払いの豚さん」だらけになる。


年齢によって値段が違うシステムも

不公平がなく

なかなかよろしい。

家族大勢がそろったら
ワイワイと
また行きたいお店。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アドベンチャーワールドの双子のパンダが1歳になったという どの動物を見てもとても楽しかった

2015年12月04日 15時50分55秒 | オーストラリア、ホワイトシェパード&ラブ
この子が双子の「桜浜(おうひん)」「桃浜(とうひん)」パンダちゃんの一頭かどうか
定かでないが

アドベンチャーワールドのパンダは
本当に近くから見られるから嬉しい。





あたりまえだけど
笹をむしゃむしゃしてた。
















今年4回目の日本は

3回目から一か月余り経過後の
11月。

キラと私たち夫婦の三人旅。


実家から車で
二時間もかからないので
このアドベンチャーワールドは
もう三回目。



最初に
サファリに一番乗り。



有料バスに乗ったので

白サイへの珍しい餌やりツアーなどもある。








サイにこんなに至近距離で近づくことは
あり得ない。









口の中におっかなびっくりで餌をほうりこむ。








サイが終われば
カバさんにも餌やりができる。













サファリパトロールでは

窓を開けた車から
直接 グリズリーに餌をやる。

後部座席にはお客さんが乗っていると思われる。

朝いちで
この券は売り切れ。




私には
こんな冒険はムリ。

飼育された動物が突然の反逆に出、

その犠牲者はたいてい
飼育係さんが多い。




Youtubeで、熊やライオンの恐ろしさは散々見たので・・・


こんなほほえましく見えるシーンでも


虫の居所悪く
近くに寄って来て
張り倒されたら

この人の右腕なんか吹っ飛ぶよ。









アドベンチャーワールドの目玉は

イルカとクジラショー。

オキゴンドウクジラとの違いは

たんに大きさなのだそうだ。









それにしても
素晴らしく
訓練がはいっている。

言っちゃ悪いが
ゴールドコーストの

「シーワールド」の
イルカショーとは

人間もイルカ(?)もプロ意識が全く違う。


動物愛護的には
のんびり飛び跳ねてるだけの
「シーワールド」の方が
もちろん、ハッピードルフィンなのだろう。









圧巻は

ここのシロクマ君。







ガラスに向かって
ジャンプしてきて

蹴ってガラスのふちに立ち上がり

背泳で
元に戻る、という行動を

繰り返している。

立ち上がった時の大きさは


すごい! 迫力満点。





一人では熊を背に立つのが怖いと
オットと並ぶキラ。









翼叔母ちゃんの前にも立ちはだかるシロクマ君。







カズの前にも。







誰が前に立っても

常同行動をしているので

同じ絵ずらが撮れる。



写真的にもバッチリ。



お腹がすいたので

アドベンチャーうどんを食べる。


エビが特大、
きのこもたっぷりと
なかなか本格的。








さて
今宵のお泊り、


白浜温泉旅館へと。


今度こそ
本当の温泉か?

次回のブログアップをお待ちください。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加