大晦

写真付き、日々の記。

「かんてんぱぱ」の庭

2017-05-11 04:08:37 | 日記
高校時代の友達が、旦那さんの実家を建て直して移り住んだがやること無いから遊びに来いとうるさく誘う。百合さんと、中島さんと三人で伺った。長野県の伊那・飯田地方は、八重桜と花桃が名残を留めりんごの白い花と新緑が目に飛び込んで来る。ご馳走には緑が鮮やかな山菜が並ぶ。こごみの青の鮮やかな事。ノビルの酢味噌和え、セリの胡麻和え、ワラビに筍。山ウドのきんぴら。思い出しても、つばが湧いて来る。2泊目は昼神温泉に泊まり盛りの終わってしまった花桃街道を写真で忍び来年には花の盛りにまた来ようと当てにならない誓いを三人でたてる。
帰りの高速バス停に近いからと、「かんてんぱぱ」という所に寄ってくれた。伊那食品の工場に付随する山野草などの庭とかんてん尽くしの料理が有名だとか?
庭の手入れは社員が手分けして行うそうだが見事に育った花々だった。それを育てた土が売っていたけど バスで帰る身には手が出ない。本当に買いたかったけど。ランチも美味しかった。此処もまた行きたい❗️想い出話で盛り上がり本当に楽しい三日間だった。
花の写真を上げたいのだけど最近買ったカメラで撮ったので、ipad にどうやって移そう?
カメラの説明書を無くしたみたいで見つからない。とりあえず今は寝なければならない時間、写真は次の機会に。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスローズ | トップ | あっという間に、6月。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。