大晦

写真付き、日々の記。

タイ国王がお亡くなりになった。

2016-10-15 21:05:32 | 日記
長らく療養中だったプミポン国王が死去された。今頃はタイ国中悲しみに包まれている事だろうな。
タイ人の友達にお悔やみのメールをラインで入れたら、皆んな泣いている、との返事。
タイを訪れていて、6時になると突然国歌が流れて皆立ち止まって拝聴する。映画館でも同じ。そんな時我々外国人も皆素直に慣例を守っている。これも皆あのプミポン国王だからこそ自然に国歌傾聴で立ち止まれる。タイの人たちは心からプミポン国王を敬愛、尊敬し、心の拠り所にしていた。一年間の喪に服すとニュースにあったが、彼らにとって平常心でワチラロンコン皇太子を国王として迎えるまでに一年では効かないと思われる。
タイ国とプミポン国王と仏教とは一体みたいなものだったし。一年後のタイ人はそしてタイ国は何か違つてくると思う。何て、たった5〜6年住んだだけなのにちょっとせん越な意見でした〜失礼。
今日ジムからの帰り、空を見上げると満月でした。🌕 タイから帰った日もドリアン入り月餅食べた満月の日だったから、もう一カ月経ったのか〜。今年も後2カ月半で終わる。又歳を取る❗️
満月二題。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家を探しに伊東へ | トップ | 墓参り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。