「願興寺」悠久の1200年

最澄縁の願興寺ブログ。2015年には開基1200年祭を予定。本堂、24体の仏像が国指定の重要文化財。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

願興寺の紋章

2010-06-29 13:55:05 | 願興寺
願興寺の紋章は願興寺公式サイトにも掲載しているように、天皇家と同じ菊の紋と蟹牡丹の紋の2つを使用している。

菊の紋章は、元々は天台宗の紋章で伝教大師(最澄上人)が桓武天皇(天皇家)に献上したとされている。そのために天台宗の主立った寺院での使用が認められている。

蟹牡丹の紋章は、願興寺独自のものである。平安期に一条天皇の皇女とされる行智尼なる尼僧が、願興寺の薬師如来に帰依し、朝夕に仏道修行に励んでおられたところ、西方の尼が池で天変地異が起こり、人々が恐れおののいていたのを、行智尼が祈りの力で鎮められた。このとき、池の中より数千、数万の沢蟹に背負われて1寸8分の小尊像が顕現した。このことが紋章に蟹を使用した由来であろう。

また、その行智尼なる人物の出仕(母方であろう)が藤原氏の九条家であったため、牡丹寺と称せられるようになったという。この後、小尊像は本尊仏「薬師如来座像」の胎内に安置されている。

また、わが子が民衆の安寧に努めていることを知った一条天皇は、この地に七堂伽藍の寺院建設を命じ、山名を大寺山、寺名を願興寺とされたのである。

願興寺公式サイト

twitterもご覧ください
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蒸し暑い日を癒す | トップ | 願興寺のある御嵩町というところ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご説明、うれしいです! (三上莉央)
2010-06-29 14:49:52
蟹牡丹の由来、とても興味深いお話です。興味はどんどん深まってとどまりませんが(^^ゞ

岐阜県の地図や御嵩町にはどうやっていけるかなど色々見ておりました(^_^)すぐには行くことが出来ませんが、お参りを実現できるよう精進します<(_ _)>
ありがとうございます (管理者)
2010-06-29 15:03:48
興味を抱いていただいたこと、感謝!感謝!です。先人たちの多大な努力に私たちは、ただ、ただ、感謝するのみです。

わが御嵩町は車なら東海環状自動車道の可児御嵩ICより5分、電車なら名古屋から1時間余です。中部国際空港からも便利で、車なら1時間、電車なら2時間弱です。

精進というお言葉… いいですね~ お姿が目に浮ぶようです。急ぎませんので、機会があれば是非お越しください。ありがとうございました。
海の日に願興寺に参拝 (マー坊)
2016-07-19 10:13:23
全国の神社仏閣巡りが趣味です。霊宝殿の仏様を拝顔したとき感動しました。秘仏の薬師様も拝顔したかったのですが、次にご開帳なさるのはいつでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL