無会派 大竹功一の独り言

福島第一原発から約80キロの白河市在住。市議会議員5期目。
9年間、政務活動費を使っていません。

今度の「市聴会」では、プロジェクター使用

2015-11-30 21:57:08 | 「市民の声を聴く会」
明日は12月。今年も残すところひと月となりました。本日午前中、全員協議会が行われ参加しました。来月は12月議会となります。質問項目を決め、提出をする準備をしなければなりません。

今度のPCは、ウィンドウズ8.1ですが、無料で10にバージョンアップできます。3年ほど使ったPCが壊れたため、仕方なく購入しましたが、かなり進化しています。携帯も、ガラケーからスマホに変えましたが、まだ四苦八苦しております。使いこなせるようになりたいものです。

さて、NPOで、1月にお客様をお招きして、簡単な勉強会を開催します。米国の保護団体でボランティアをされていた方から、米国の動物愛護の状況などをお聞きしようという会です。その際、プロジェクターを使用したいとのお申し出をいただき、図書館の小会議室でも使用可能か確認してきました。そんな中で、私も「市聴会」で、プロジェクターを使いながら、参加いただいた皆様に、わかりやすく説明をさせていただきたいと考えました。

例えば、選挙公営制度や政務活動費に関して、写真や表を用い、もっと関心をもっていただけるように説明をしたいと考えております。毎回テーマを設け、そのような説明をした後に、皆様のご意見などをお聴きしたいと思います。

実は、今までプロジェクターを使って説明をする機会がありませんでした。皆様の反応を見ながら、今後につなげたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

PC壊れ、スマホデビュー

2015-11-29 21:54:58 | 日記
本日、突然PCが壊れました。電源も入らない状態ですので危機的です。PCがないと書類作成もブログ更新もできないため、急遽家電販売店に行きました。PCのついでに、以前より機種変を検討していた携帯(ガラケー)を、スマホにすることにしました。月々の料金は、千数百円しか違いません。そのうえ、キャッシュバックもあるそうです。ということで、スマホにし、PCを持ち帰り、やっとネット接続をし、ブログ更新をすることができました。残念ながら、スマホの方は四苦八苦しています。説明書がない時代に突入していることに驚きました。

今回、スマホにするにあたり、長年お世話になったドコモから他者に乗り換えました。最近は、乗り換えた方が得だそうです。新聞といい携帯といい、一定期間で他社に移動することが当然のようで、寂しい気もします。本来は、長年文句も言わずに契約を続ける顧客こそが大切にされるべきではないかと、思ってしまう私は古い人間なのかもしれません。

販売店に行ったのは昼前でした。帰宅したのは夜7時。その間、1時間ほど場を離れましたが、混んでいたこともあり時間がかかり疲れました。

さて、明日は全員協議会です。明後日は12月。早いもので1年が終わろうとしています。まだまだやり残したことがあり、慌ただしい年末となりそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

1月の「市聴会」日程

2015-11-28 23:16:02 | 議員活動
昨日は、93人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

連日、雨模様の寒い日が続いていましたが、今日は久しぶりに晴れ間もあり、多少過ごしやすい日となりました。

さて本日、次回1月の「市聴会」の日程を決めるべく、図書館に行ってきました。まだ、確定ではありませんが、1月23日(土)を予定したいと思っています。次回は、12月議会報告とテーマを決めて、市民の皆様の意見を聴きたいと考えております。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

この記事をはてなブックマークに追加

原節子さん主演「安城家の舞踏会」

2015-11-27 22:35:29 | 読書
昨日は、102人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて、昨日は「原節子さんの訃報」が報じられました。原さんが引退をしたのは、1963年だそうです。私が生まれた年に引退し、その後は一切表舞台に出なかったそうです。大変に潔い生き方だと思います。

少し前に、妻が「安城家の舞踏会」のDVDを借りてきました。



主演は、原節子さん。大変に華やかで面白い映画です。

我々世代は、アメリカ映画やドラマの影響を受け育ちました。しかし、今になってみると、日本の古い映画も面白く感じます。女優さん俳優さんも、今より個性派揃いだったように感じます。私は、公務員をしていた時に、先輩の影響を受け、「東京物語」「青い山脈」等の映画を観ました。あれから約30年が経ち、また、古い映画を観たくなりました。原節子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

老犬介護

2015-11-26 21:41:52 | 動物愛護
昨日は、102人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

今日も寒い一日でした。昨夜、認知症の老犬の世話をしておりました。寒いので布団を掛けて寝せたいところですが、ベッドから下りては上がり、下りては上がりを繰り返します。時々、悲鳴のような叫び声も発します。部屋の中を徘徊し、疲れ果てると熟睡です。



人間も動物も同じです。高齢となれば、認知症にもなります。お漏らしもします。写真の愛犬は、マナーパットをしていますが、中型犬用では小さいため、妻が継ぎ接ぎで大きくして使用しています。室内で、ジャーと威勢よくお漏らしをしていたため、掃除が大変でしたが、マナーパットにしてからは、掃除が楽になりました。

親類や知人から、「犬猫のことをしてるんだって有名だよ」と言われます。少し前までは、批判めいて聞こえましたが、最近は諦めたのか、批判調子ではないようにも思え、高齢者の方々の中にもペットで癒される方が増えているためではないかと推測しています。しかし、ペットよりも長生きしなければ大変なこととなります。愛好家同士が支え合うようなシステムがあれば、高齢者も安心してペットを飼えるのではないでしょうか。または、動物愛護団体から「預かり飼育」をされれば、入院等の緊急時には愛護団体が動物を世話します。ペットの管理を目的とした定期的な訪問も可能となりますので、孤独に陥ることを防げます。日本人は、どうしても「仔犬・仔猫」を欲しがる傾向がありますが、老猫・老犬のように無力な動物の世話も遣り甲斐があります。これを知っていただくような機会があればと考えております。

弱い命を尊ぶ社会は、人間の命を尊ぶ社会です。




この記事をはてなブックマークに追加