無会派 大竹功一の独り言

福島第一原発から約80キロの白河市在住。市議会議員5期目。
9年間、政務活動費を使っていません。

憲法解釈に「ギリギリセーフ」、それで大丈夫?

2015-07-31 05:11:33 | 国政
おはようございます。昨日は156人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

早いもので、7月も今日で終わりです。5期目当選をさせていただいてから、一カ月が経とうとしています。この一カ月、選挙結果を振り返り、反省をし、更なる努力をしたいと考えてきました。まず公約に掲げたように、何よりも市民の皆様の声を聴くことです。8月に議員活動報告書「はってん」を発行致します。その時に、翌月9月の「市民の声を聴く会」の日時を発表致します。偶数月に「はってん」発行、奇数月に「市民の声を聴く会」と決め、それを皆様に覚えていただければ有難いです。市民の声が市政を変えます。どうぞ、お気軽にご参加ください。この他、街頭演説等もどんどん行い、活発な活動を展開したいと考えております。宜しくお願い致します。

さて、国会では連日「平和安全法制特別委員会」の審議が行われています。
その中で、荒井広幸参議院議員より、今回の法案「現憲法内において、ギリギリセーフ」との発言がありました。現内閣での憲法解釈の変更、「ギリギリセーフ」と言っているといつの間にか、憲法解釈が拡大されていきます。これまでの政治の歴史がそれを示していることは明らかです。

私は、長年荒井広幸参議院議員を応援しています。残念ながら、応援していても、すべての政策に賛同できるとは限りません。安倍首相と盟友でありながら、脱原発を訴え続けている荒井議員の信念は、素晴らしいと思います。また、大変努力家であり勉強熱心である荒井議員を尊敬しております。しかし、この憲法解釈に関しては、私は全く違う考えを持っております。また、原発推進をした結果、原発事故を生み、その反省もなく再稼働を推進し、今回安保関連法案で強行採決をした自民党には、選挙で国民の意思を伝える必要があると思います。また、それ以前にも、有権者が意見をはっきりと言わないといけません。旧知の間柄でも、私ははっきり言います。

現在提出の法案、私は憲法違反だと思っています。しかしそれでも、国民の理解を得て、成立させたいのであれば、「国会を解散し国民の審判を仰ぐべき」ではないかと私は思います。

過去、「護憲」と言えば、特定政党を指すこととなり、「」だと言われてきました。今こそ、私のように特定政党や宗教と無縁の者が声をあげる時だと考え、アクションを起こしていきたいと考えております。「この国は、二度と戦争をしないと誓った」のぼり旗、本日発送いただけるそうです。今後、毎週何時等、日時を決め、アクションを起こすことも考えていきたいと思います。もし、ご賛同いただける政党、団体がありましたら、ぜひ一緒にアクションを起こしませんか?東京で行われたデモには、創価学会の若い会員が参加しているそうです。今こそ、党も宗教も超え、戦争反対を訴える時だと思います。



この記事をはてなブックマークに追加

自民党動画「教えて!ヒゲの隊長」とパロディ版「ヒゲの隊長に教えてあげてみた」

2015-07-30 05:19:00 | 国政
おはようございます。昨日は141人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて、昨日も参議院において「平和安全法制特別委員会」の質疑が行われ、テレビ・ラジオでの中継がありました。
仕事等の関係もあり、すべてを見ることはできませんでしたが、数人の方の質問を聴くことができました。

その中の一人に、山本太郎参議院議員がいます。
彼の質問は、これまでの国会議員とは違い、形にとらわれず、素のままの自分が「国民目線」というか「国民が直接質問している」ような形での質問であり、質問の趣旨や内容を国民にわかりやすくしていたと感じました。

一方、安倍総理はじめ、政府答弁には矛盾すら感じるところがありました。

日本にミサイルが向けられているとなれば、原発に着弾した場合、どうなるか?を考えるのは当然のことであり、原発再稼働を推進する政府の返答は納得いくものではありませんでした。

さて、山本議員の質問の中にも登場しましたが、自民党が国民に説明する目的で作成した動画「教えて!ヒゲの隊長」と、このパロディ版「ヒゲの隊長におしえてあげてみた」が話題になっているそうです。パロディの方が、本家を大きく上回る再生回数となっています。

教えて!ヒゲの隊長


【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた


「戦争反対」の声をあげることは大切だと思います。先日FBの「憲法九条の会」に参加しました。その中に、「この国は、二度と戦争をしないと誓った」という黄色いのぼり旗がありましたので、お尋ねすると、1枚千円でお分けいただけるそうです。早速注文しました。ダウンロードして看板を作ってもいいそうです。この旗を持って、「戦争反対」の活動をしたいと考えています。

同じ想いを持つ方々も一緒に活動しませんか? 

この記事をはてなブックマークに追加

暑い、熱い、村議選告示。

2015-07-29 05:23:04 | 選挙改革
おはようございます。昨日は123人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて昨日、西郷村議選が告示され、16議席に対して、18人が立候補者しました。
朝9時半、知人の候補者の事務所に伺い、出陣式に参加し、応援の挨拶をさせていただきました。
「政治は弱者のために行う必要がある。」候補者の言葉ですが、誠にその通りだと思います。
一部の富裕層や特定の団体・地域の為ではなく、議員は「声をあげたくてもあげられないでいる弱者に耳を傾け、それらを含めた村民全体のために働くためにいなければならない」と私も思います。



選挙戦の5日間は、とても暑くなると聞いています。それにも負けず頑張ってほしいと思います。そして、各候補者にも熱い訴えを村民に行い、支持をえてほしいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

安保関連法案、参議院での審議開始

2015-07-28 05:09:57 | 国政
おはようございます。昨日は122人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて、今朝の福島民友新聞に「西郷村議選、きょう告示」の見出しがありました。
現職13人、元職2人、新人3人の立候補が予定されているようです。
どの選挙もそうですが、市町村のため、都道府県のため、国のため、そして全ての有権者やその家族のために「働いてくれる議員」を選んでほしいと私は思います。今は、利権や一部の人々のためにだけに働く議員がいるように感じています。たとえ支持している首長等が示した案の場合でも「是々非々」で判断し、良い案は「良い」、納得できない案は「悪い」とハッキリ理由をつけて述べて下さる議員を選びたいものだと私は思います。そして、私も初心を忘れず、「ハッキリ意見の述べ、良し悪しを判断できる議員で居続けたい」と思います。
今日は、西郷村議である知人の「出陣式」に参加し、応援してきたいと思います。

一方、国会では「安保関連法案」の審議が、参議院で開始されたとの記事が掲載されてしました。初日から、自民党議員の「失言」問題があったようですが、本当に「国民のため」の法案なのか、ますます疑問に感じられます。

どう考えてもこの法案は「憲法違反」にあたると私は思います。納得いく説明が国民にできないのであれば「廃案」にすべきです。

今日から特別委員会での審議が始まります。国民の一人として、審議に注目したいと思います。そして野党議員の頑張りに期待したいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

護憲派、増加中。

2015-07-27 05:15:09 | 国政
おはようございます。昨日は138人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて、昨日は所属するNPO団体が「第三回犬猫譲渡会」を開催しましたので、そのボランティア活動に参加してきました。チラシ作成から呼びかけまで、約1週間という状況でしたので、誰も来ないのを覚悟しておりましたが、たくさんの方々がボランティア参加してくださいました。全部ネットの呼び掛けで集まってくださった方々だそうです。改めてネットの威力を感じました。その他、古くからの知人ご夫妻が、犬たちに会いに来てくださいました。これもネットで知ったとのことで、ネットに感謝致します。

郡山市・須賀川市・浅川町・棚倉町・白河市等から集まってくださったボランティア参加者の方からは、「かわいそうな動物のために、なにかしてあげられないかと思っていた。このボランティアに参加してよかった。今後も応援したい」などの声をいただき、励まされる想いとなりました。

小さなアクションを起こすのは、意外に大変です。1頭でも多くの動物を救いたいという強い信念がなければ、この草の根運動も続きません。暑い中、遠方よりご参加いただいた皆様に、感謝しております。どんな草の根運動も、その信念が間違っていなければ、必ず広がることを実感しました。

このように、不幸な境遇の動物たちを助けようとする方々がいる一方で、「事と次第によっては、戦争止む無し」ともとれる「安保関連法案」が審議され、数の力により成立するかもしれません。しかし、相手が議員の数で押し寄せるならば、こちらは「民衆の力」で対抗するしかありません。

この法案が成立すれば、政府は必ず「同盟国を支援する」との名のもとに、戦争に巻き込まれていくでしょう。最近は、戦争をしたがっているような方々もいます。その反対に、護憲派も増えていることを感じます。我々のような、政党に所属しない者こそが、護憲の声をあげること、イメージを変え、多くの人たちに憲法への想いを伝えることが大切だと感じています。

皇后美知子様のお言葉にも、平和への強い想いが込められています。

宮内庁HP「皇后陛下お誕生日に際し」

「世界のいさかいの多くが,何らかの報復という形をとってくり返し行われて来た中で,わが国の遺族会が,一貫して平和で戦争のない世界を願って活動を続けて来たことを尊く思っています。遺族の人たちの,自らの辛い体験を通して生まれた悲願を成就させるためにも,今,平和の恩恵に与っている私たち皆が,絶えず平和を志向し,国内外を問わず,争いや苦しみの芽となるものを摘み続ける努力を積み重ねていくことが大切ではないかと考えています。」宮内庁HPより


それでなくとも少子化が深刻な問題となっている日本において、若者の命を危険にさらす戦争には絶対に反対です。

この記事をはてなブックマークに追加