無会派 大竹功一の独り言

福島第一原発から約80キロの白河市在住。市議会議員5期目。
9年間、政務活動費を使っていません。

福島県内各市町村にガイガーカウンター設置を!

2011-04-19 18:44:38 | 福島原発事故 放射能汚染
 放射能について福島県民の不安が高まっています。先日、市民から「広報白河に専門家の言葉として、10マイクロシーベルトでも大丈夫だとありましたが、その根拠は?」と質問をいただきました。県から派遣されたアドバイザーの話のようですが、10マイクロシーベルトで安全であれば、なぜ飯館村は避難するのでしょうか?私も疑問です。
 原発の安全神話が崩壊した中、今度は放射能の安全神話が始まるのか。学者によっても意見が異なるようですが、万が一を考え、慎重論を採用するべきではないかと考えます。長野県の松本市長は医者としてチェルノブイリ原発事故後に現地で医療活動をされたそうです。チェルノブイリ原発事故後、ベラルーシでは子どもの甲状腺がんが激増したと、テレビでコメントされていました。国や県の話とは違うようです。


 市民の不安を取り除くために、市独自に放射線数値を測定するべきだと考え市に確認したところ、市にはガイガーカウンターが設置されていないとの返事でした。また、知人の医療関係者に、ガイガーカウンターについて問い合わせていただいたところ、どこも今は在庫がないということでした。
 先日、地元県議を通じ県にガイガーカウンター設置状況について調査を依頼しました。残念なことに、福島県では「足りない状況」で、福島原発で働く人でもガイガーカウンターを所持できない人がいるそうです。一番必要な場所にない。これは、今回の原発事故により全国の自治体などが購入したことが原因のようです。しかし、今一番放射線の恐怖の中にあるのは福島県です。ここにあるべきものが全国に散らばっている。

 国は、早急に福島県内の各市町村にガイガーカウンターを設置し、福島県民の不安を取り除く努力をするべきです。毎日、放射線数値が発表されていますが、市内でも2倍3倍の数値をカウントする場所があるのでは、安心はできません。また、屋内と屋外とでは、数値にどれだけの違いがあるのか?どのような場所が高く、どのような場所が低いのか? 疑問は増すばかりですが、解決はされません。

 県は、他国の放射線数値が常時高い地域と比較するなどしていますが、先祖代々住む人たちと私たちとで正しい比較ができるのでしょうか?通常、前例を重んじる行政であれば、このような非常事態もチェルノブイリでのベラルーシなどの前例を重視するべきであると考えます。

この記事をはてなブックマークに追加

母節子の知り合いの皆さまへ

2011-04-19 18:37:36 | 私の介護
 いつも母のことを心配いただき有難うございます。母は元気でおります。ご安心ください。

 3月11日、地震が起きた時、私は市役所で議会中でした。議会のために、母はショートステイに出掛けていましたので、怪我などもなく無事でした。母の部屋も物などが倒れ、大変な状況でしたので、ショートステイ中で本当によかったと思います。その後、無事に自宅に戻り、今はまたショートステイに出掛けています。


 また機会があれば元気な姿を写真に撮りたいと思います。いつもありがとうございます。

この記事をはてなブックマークに追加

白河市議会復旧対策本部一日当番日

2011-04-19 18:13:10 | 東北地震 白河の情報
 4月18日は、議会事務局内に設置された白河市議会復旧対策本部の一日当番の日でした。これは、市民からの問い合わせ及び要望などの電話に対応するために設置されたもので、市議が交替で当番をしています。


 今現在は電話などの問い合わせも殆どなく、私個人に寄せられた問い合わせについて、各担当課に確認を行いました。

 白河市内には、全壊・半壊以外の住宅にも「危険」の赤い紙や、「要注意」の黄色い紙が貼られています。しかし、これは罹災証明のための被害調査ではありません。誤解される方も多いと思います。 罹災証明を発行するのは課税課となりますので、建物が破損している方は課税課に調査を依頼してください。第一次調査は外観の調査となります。内部の損傷が激しい場合は、必ず二次調査をご依頼ください。


 余震のたびに、塀や土留めなどの亀裂が大きくなっているように思います。市民の不安も大きくなっています。これから梅雨に入り、崖崩れや土砂災害の危険も増えてきます。危険の大きい箇所から、早急に作業を開始する必要があると思います。

この記事をはてなブックマークに追加

地場農産物 安全安心体感フェア参加

2011-04-19 17:58:10 | 東北地震 白河の情報
 4月16日、白河市お城山公園にて、「農産物地場産品 安全安心体感フェア」が行われ参加しました。









 約500人の市民が地場農産物を購入するために訪れました。私も白河産の野菜を購入しましたが、残念なことに途中から雷雨をともなう大雨となりました。

 農協直売所「り菜あん」は、よく利用させていただいております。震災後、ガソリン不足が解消されてからは、毎週出掛けています。
 8、18、28日は、「米の日」で安く購入することができます。

この記事をはてなブックマークに追加

福島県各小学校の放射線・土壌汚染状況

2011-04-13 18:17:55 | 福島原発事故 放射能汚染
 昨日、一昨日と大きな余震がありました。本当に不安な気持ちで過ごされている方が多いと思います。福島県は、余震の上に放射能の問題もあります。

 文部科学省のHPに、福島県学校等環境放射線ダスト・土壌モニタリング実施結果(平成23年4月5日、6日)の資料があります。



 県内の各学校でのモニタリング結果が報告されています。白河市は、白河第一小学校のみです。
 この資料を見ると、毎日1時間ごとに報告されている放射線数値とは違う数値を発見します。環境放射線ダストは(白河第一小学校 4月6日)、地上高1mで1.2、地表面で1.6(μSv/h)  とあり、日々我々が気にしている数値の2倍もあります。特に地面の近くは高い数値になるようです。これでは学校の校庭で遊ぶことはできません。これについて市当局に確認したところ、県からは標高が高い場所の方が数値が高いと説明をされているとのことでした。それでは、テレビを見ていても何の役にも立ちません。もっと詳しい説明を求めていきたいと思います。
 また、他地区の学校の数値を見て驚きました。川俣や浪江の数値は突出して高いです。そこまでは高くなくとも福島市・伊達市・二本松市の学校の数値も高いものです。




 京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)は、飯館村の土壌汚染は「チェルノブイリ強制移住」以上だと言っているそうです。飯館村の土壌のセシウム137汚染は163,000Bq/㎏で、チェルノブイリ強制移住の約2倍、ベラルーシ強制移住の約6倍の数値だそうです。強制移住とは、戻ることのできない移住との意味だそうです。

 さて、飯館村のセシウム137汚染が16.3万Bq/㎏。ベラルーシ等の強制移住基準15キュリー/km2(55万5千Bq/m2)、飯館村の16.3万Bq/㎏をBq/m2にすると326万Bq/m2だそうです。美浜の会HPに大変詳しい説明があります。
 先の文部科学省の発表数値は「Bq/㎏」でした。美浜の会さんの計算式に基づけば、20で割れば良いとなるので、約27,750Bq/㎏となり、川俣町の小学校は強制移住の数値に一番近い数値となります。
 白河第一小学校のセシウム137は、401。セシウムは30年も居座るそうです。嫌ですね。

 
 先の今中氏の論文に「チェルノブイリ原発事故」があり、ネット公開されています。私のよう原子力の素人にも解り易く説明されており、中でもベラルーシでの健康被害のグラフは興味深いものでした。15歳未満の子どもの甲状腺がんと15歳以上の大人の甲状腺がんのグラフです。これを見ると、間違いなくチェルノブイリ原発事故後から増えています。激増と言ってもいいでしょう。5年10年と経ってから激増しているようです。

 確かに「ただちに」健康に被害を及ぼすものではないかもしれません。しかし、近い将来起こることならば、そんな逃げの言葉を使っていいものか。枝野官房長官は弁護士ですが、自己弁護ではなく、国民を守っていただきたい。特に子は社会の宝です。子どもたちの健康を守っていただきたい。飯館村の方々に真実を話し、補償をし、移住に納得をしてもらうべきであると思います。


 3月15日の昼ごろから白河地方の放射能数値が上がりだしました(他より早く)。夜になり、福島市等の数値が激増しました。多分、風向きが原因だと思います。これらの数値は県庁HPで見ることができますが、風向きによっては、白河市も今よりもっと高い数値の可能性があったと思うと複雑な気持ちになりました。

 
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加