無会派 大竹功一の独り言

福島第一原発から約80キロの白河市在住。市議会議員5期目。
8年間、政務活動費を使っていません。

福島県文化財センター白河館、まほろん訪問

2017-05-18 21:27:54 | 議員活動
昨日は、112人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

本日午前中は、「福島県文化財センター白河館」通称「まほろん」に行ってきました。


連休前の話であったのですが、市民の方からこんな質問をいただきました。
「まほろんで行っている勾玉体験に使用している【滑石】と言う素材には、アスベストが含まれていると言われている。職員は知っているのだろうか?子供達が体験するものであるから、十分な対応が必要だと考えるが確認していただきたい」との内容でした。
連休前に白河市の学芸員に話をしたところ、「話の趣旨は十分わかりました。担当の学芸課長を良く知っていますので、お話をしておきたいと思います。まほろんも連休を前にしているので今すぐに対応ができないと思います。連休のイベント時にはそれなりに対応するように話をしておきますので、連休中の訪問はご遠慮いただき、連休後対応できるように話をしておきたいと思います。」とのことでした。
そこで本日、連絡をとり訪問してきました。
学芸課長の本間さんから、これまでの経緯、滑石に含まれているアスベストの含有量の資料等をお示しいただき、説明を受けました。
十分な安全性と子どもたちへの対応が感じられました。
今回の対応に関し、職員の皆様に感謝申し上げ帰宅しました。

明日にでも、今回の説明について市民の方に報告したいと思います。


ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなに早く名刺ができるとは | トップ | 明日は小学校の運動会 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む