無会派 大竹功一の独り言

福島第一原発から約80キロの白河市在住。市議会議員5期目。
8年間、政務活動費を使っていません。

犬の「ナナちゃん」、無事新しい飼い主の元へ

2017-06-18 19:41:30 | ボランティア
昨日は、110人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

午前中から、「はってん48号」に悪戦苦闘。
しかし、先日からの重労働で疲れからか、パソコンを見ていると眠気が。
約1時間ほど休養の睡眠、少し疲れがとれたみたい。

先日、私が所属するNPOの方に、ある市民の方からアパートの借り主が自室内に犬を残したまま、亡くなられ困っているとの相談を受けました。
本日昼から、依頼をしてきた大家さん、飼い主の方の元妻の方とその弟さん、犬の保護引き取りを希望する方とその方が所属する団体の方々、そしてアパートのご近所の方々など約10名が集まり、大規模な救出作戦となってしまいました。
飼い主希望の方は、千葉県の方、団体の方は山形と石川県からお越しいただきました。
本当に有り難いと思っています。
頭のいい犬のようなのですが、その分飼い主以外の方には威嚇する様で、近付くことができないでいました。
この1週間、なんとか餌を与えてきました。
今日、その道のプロに来ていただき、何とかすることができました。
団体のみなさん有難うございました、そして「ナナちゃん」を宜しくお願いします。
約1週間のお付き合いでしたが、彼女の幸せを祈っています。
ジャンル:
ご近所
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はってん48号」、6月末... | トップ | 今日も「はってん48号」と格闘 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む