100年前の音色を引き継ぐために・・・大田黒公園のピアノ修復募金の記録

音楽評論家・故大田黒元雄氏が遺した100年前のピアノの「美しい音色」と「姿」を甦らせるため。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピアノによるチェコの情景~やさしくて懐かしい音色のコンサート

2009年01月24日 | Weblog
 いつの間にか年が明けてしまいました。今年も大田黒のピアノをよろしくお願いいたします。
 さて、当ブログをご覧の皆さんに事前にご案内できなくて申し訳ないのですが、1月18日(日)に、沢由紀子さんのピアノによるチャリティコンサート~ピアノによるチェコの情景~が行われました。なにぶん受付を開始した初日にほぼ埋まってしまいましたので、私たちも驚いています。これも大田黒のピアノを応援してくださる皆さんのおかげと感謝しております。
 今回のコンサートは、大田黒の絵葉書にピアノの素敵なイラストを提供していただいているO氏の発案で番外編的な企画となりましたが、チェコ音楽の持つやさしい曲調と100年前のピアノの奏でる音色をお楽しみいただけたことと思います。



 ピアニストの沢由紀子さんは、京都明倫小学校(現・京都芸術センター)に保存されているチェコのペトロフ・ピアノの修復コンサートにも出演され、チェコ音楽とそれを奏でるピアノについて熱心に活動されています。(沢さんのホームページはこちら



 コンサート当日は一段と冷え込んだ寒い日にもかかわらず、会場は熱気に包まれておりました。皆さん熱心に聴かれておりました。チェコ音楽は私も初めてですが、どこか聞き覚えのある懐かしい旋律と、大切な人を想うかのような優しい音色に引き込まれてしまいました。



 曲の合間には沢さんによる解説も入って、アットホームな雰囲気で皆さん楽しまれたようでした。おかげさまで用意した沢さんのCDも完売し、売り上げも守る会に寄付していただきました。沢さん本当に有難うございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼は紅葉~夜も高揚 そして100万円達成!

2008年12月25日 | Weblog
 だいぶ日にちが空いてしまいましたが、12月7日に行われた須崎由紀子さんのソプラノコンサートの報告を。
 当日は大田黒公園ライトアップ期間中最後の日曜日。一時は雨で全部散ったかと思われましたが、再び盛り返して見事な紅葉を見せてくれました。

ピアノ調律後の練習風景ですが、窓の外の紅葉がきれいですね~

そして夕方から始まったコンサートには、寒い中大勢の方々が詰めかけていただきました。須崎さんにも、すばらしい歌声を披露していただきました。


 コンサートを終えて数日後、ピアノ修復募金も多く寄せられ、ついに100万円を突破しました!これまで応援していただきました沢山の方々に御礼申し上げます。そしてこれからも、ピアノが帰ってくる日まで皆さんのご協力をお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大田黒公園は紅葉真っ盛り

2008年12月03日 | Weblog
 大田黒公園では12月8日(月)まで、紅葉のライトアップを行っています。今年はちょっと葉っぱに元気がないようですが、そろそろピークを迎えようとしています。夜のライトアップも幻想的で素敵ですが、天気のよい昼間の長閑な庭園の眺めもなかなかです。

 12月7日(日)に予定していますコンサートですが、まだ席に余裕があります。どうぞお気軽にいらしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大田黒の紅葉は須崎由紀子さんの歌声とともに

2008年11月26日 | Weblog
 守る会12月のイベントは、須崎由紀子さんによるソプラノコンサートです。
 今回、歌声を披露していただける須崎由紀子さんは、ソプラノ歌手として広く国内外で活躍されるとともに、杉並区では、杉並合唱指揮者協会理事として合唱団の指導育成にあたられ、新装なった杉並公会堂のオープニングコンサートにも出演されています。
 今回のコンサートは「須崎由紀子が歌う~秋の想い~」と題して、秋深まる大田黒公園で素敵な歌声をご披露くださいます。

  日 時 : 12月7日(日)午後5時より
  場 所 : 大田黒公園記念館
  定 員 : 先着40名
  参加費 : 2500円(一部をピアノ修復募金とさせていただきます)
  申込み : 電話 5307-0740(杉並区役所みどり公園課)
        8:30~17:00(定員に達し次第締切らせていただきます)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大盛況! 弦楽四重奏コンサート

2008年11月05日 | Weblog
          

 メディアの力はすごいですね。たくさんのお問い合わせを頂き、当日の盛況は確信していたものの、コンサートとして成功するか否かの鍵は出演者の方の力量にかかっています。正直言って不安が無かったわけではありませんが、前日のリハーサルでそんなものは吹き飛んでしまいました。
 明日のことは考えずに、納得いくまで突き詰めていく姿勢に、若いエネルギーを感じましたよ。久しぶりに・・・
          ↓練習風景です
          

 当日は薄曇りのやや肌寒い日でしたが、記念館の中は熱気がムンムン。短いひと時でしたが楽しんでいただけましたでしょうか?私的にはドヴォルザークの「アメリカ」。新天地への期待と開拓時代の牧歌的な風景が感じられる曲でした。

 募金の方も今までにない額が寄せられました。本当にありがとうございます。絵葉書や写真もたくさん買っていただきました。
 大田黒公園はこれから紅葉の季節を迎えます。11月29日からはライトアップも始まります。守る会も12月7日にソプラノコンサートを予定して着々と準備を進めています。ぜひ、この機会に大田黒公園に足を運んでいただき、大田黒公園のピアノを広めていただければ幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加