グリーン・ツーリズム@大呑

七尾市大呑地区の農業体験、自然体験、みどころなどを紹介する

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久しぶりの書き込みで・・・・・

2005年11月11日 19時25分52秒 | 独り言
ながい間お待たせしました。本日から私がいろいろ書き書きしますんでヨロシク!!だんだん寒さが厳しくなっていく感じですが風邪などひかないように頑張りましょう。
コメント (19)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野山の散策

2005年04月12日 03時49分16秒 | 大呑より・・・
桜の蕾も膨らみかけた大呑の野に出てみました。

棚田を過ぎて登っていくと近所のお父さんが農作業に精を出していました。その横を会釈して通り過ぎ池のほとりに行くと、鳥の羽ばたきにびっくり。驚いたのは私たちだけではなく鳥も同じ。ゆっくりとくつろいでいるところを邪魔されていい迷惑だったことだろう。

農作業をするお父さん 夕暮れの池

池の畔では山桜、春蘭、ショウジョウバカマ、タチツボスミレが咲いていました。
山桜 春蘭 ショウジョウバカマ

少し歩くとイカリソウの群落が見ることが出来ます。
タチツボスミレ イカリソウ


時間に余裕を持って散策するとさまざまな花、木々、鳥が観察できるところです。
皆様も近くの里山に出かけてみませんか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陽気に誘われて・・・里山

2005年03月21日 13時56分48秒 | 大呑より・・・
うららかな陽気に誘われていつもの散策コースに出で見ました。
立ち枯れ 早春の池


畑では農作業をする人たちも見かける少し作業すれば汗ばむくらいだ。
あちこちで梅の花が咲き鳥のさえずりが聞こえる。今年初めての春告鳥(鶯)のさえずりを耳にする。
ある先生の話によると、鶯は鶯色ではないく、メジロが鶯色をしていて、梅ノ木に良く止まる鳥はメジロが多いとのことだ。それで鶯とメジロを間違えることが多いと話していた。
話が横道にそれたが、本当にたくさんの鳥のさえずりを確認できる。もっと知識があれば楽しいバードウオッチングが出来るのに。
顔をのぞかせるつくし 立ち枯れの木につくきのこ オオイヌノフグリ

陽気に誘われて動き出すのは人や動物だけではなく、植物はもっと早くから活動している。まだまだ目に付く花こそ少ないが、タチツボスミレ、オオイヌノフグリが花を咲かせ、野アザミが葉を広げ、旬ランの蕾が伸びてきている、ここは本当に旬ランの多いところだこの場所だけでも何十株も見ることが出来る、そのほかにショウジョウバカマなどがはを広げている。
少し森の中に入ってみるとそこは落ち葉の絨毯のようだ。赤松、クヌギなどと、潅木の茂る雑木林。赤松の立ち枯れ、倒木そして、孟宗竹が雑木林に侵出してきている。
まだまだ目に付くのが、昨年の10月の台風の時の倒木、いまだに放置されたまま、林業が産業にならない今、木を切るきる人も減って来ている、山を管理する人もいない。
これからもっともっと荒廃していくだろうと考えながら雑木林の中を歩く。雑木林の中ても子供たちは目に付くもの珍しいものを見つけ熱中している。子供たちの好奇心は旺盛だ。
やっとの思いで森から出て農道にともどる、子供たちは先へ先へと駆け出す。その後を追いかけるのに一苦労だ。
サンショウオの卵 早春の池


散策ハイキングはまだまだ続く・・・・!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

穏やかな船だまり

2005年03月19日 18時30分34秒 | 大呑より・・・
高気圧に覆われ穏やかな一日となった。

浜で仕事する人ものんびりした様子だ。しけたときは出入りしにくい船だまりも今日は少し余裕顔で入港して来る。
浜にも春が来た、水揚げされる魚も変わってきて、カタクチイワシ、大泊バチメ(ヤナギバチメ)、カレイ、etc
この自然の恵み、そしてそれを獲る人、つくる人に感謝したい。

大呑は海、山と自然豊かだ、産業といえば第一次産業のみ自給自足は可能だ。
この一次産業を観光産業につなげれば、そこに農・漁産物の加工、販売へと、今よく言われる第六次産業での地域づくりにつながるのでは。

穏やかな船だまり
緒だやかな船だまり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大呑より望む立山連峰

2005年03月15日 01時15分38秒 | 大呑より・・・
大呑を走る通称シーサイドラインからは、いろいろな表情の立山連峰を望むことが出来ます。 (シーサイドライン:石川県七尾市から富山県高岡市までの、富山湾に沿って走る国道160号線)
立山連峰と仏島立山連峰と仏島 2004.12.25撮影クリックで大きな画像が開きます。
立山連峰と仏島立山連峰より上る日の出2005.03.07撮影クリックで大きな画像が開きます。
海越しに3,000m級の山々を望むことの出来る貴重な景観です。 能登半島,内海(富山湾側)から高岡雨晴海岸までの間でいろいろな立山連峰が楽しめます。あなたも自分の素敵なビューポイントを探してはいかがですか。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加