大牟田・オープンシャッター・サロン茶塘

商店街の活性化を目指して、大牟田市新栄町の空き店舗を改装、サロン茶塘が開設された。茶塘や商店街のイベントを紹介します。

博多山笠~静から動へ

2017年07月12日 05時14分37秒 | 日記
「博福の夏を熱気に包む博多祇園山笠は、10日の<流舁き(ながれかき)>で舁き山笠が始動し、祭りの主役は、豪華な飾り山笠から勇壮な舁き山へと入れ替わった」~街は<オイサ!オイサ!>の掛け声が聞こえるようになりました。これを博多山笠の<静>から<動>への変化と称して、祭を楽しみます。舁き山のテーマが新聞一面を使って以下のように紹介されています。
紙面が大きくて入れ切れない中から、あと二つばかり紹介しますと~~。
4番山笠・恵比寿流れ「三級浪高魚化龍(さんきゅうなみたかくしてうおりゅうとかす)」~「2匹の鯛を携えたおめでたい恵比寿様が満面の笑み」の図です。中国の<登竜門伝説>を基にしたもので「瀑布を登り切って龍に変身するコイに『困難に何度も挑戦すれば必ず道が開ける』との思いが」込められているそうです。
又、七番山笠・東流れ「〇△□宏仁照花(まるさんかくしかくこうじんはなをてらす)~「博多の古刹・聖福寺で江戸期に住職を務めた仙厓」さんが登場。仙厓さんが持つ筆は<ペンは剣よりも強し>を表しているようです。舁き山にも人形師の意気がこもってます。
大牟田夏祭り大蛇山も間もなくで、がんばってま~す!
(下:2017年7月11日西日本新聞<もっと九州>欄・日高三朗・増田孝「博多山笠勇壮な<動>の魅力 舁き山七流紹介」一部より)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『水俣条約』8月16日発効 | トップ | 講座「働く女性と社会」開催... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。