大牟田・オープンシャッター・サロン茶塘

商店街の活性化を目指して、大牟田市新栄町の空き店舗を改装、サロン茶塘が開設された。茶塘や商店街のイベントを紹介します。

京都で認知症国際会議開催

2017年04月29日 05時56分33秒 | 日記
京都で、26日から今日まで「国際アルツハイマー病協会国際会議」が開催されています。
「70数か国から認知症の当事者や家族、専門家が集まる」そうです。
今日の「全体会議では熊本県菊池市の<認知症にやさしい地域社会>の取り組みが発表」されます。
「そもそも熊本県は、認知症を理解し、支援する<認知症サポーター>とサポーターを要請する<キャラバン・メイト>の人口に占める割合が2016年度は15.5%と、09年度から8年連続で日本一。全国平均6.5%の2倍以上で全国キャラバン・メイト連絡協議会(東京)によると、高齢者1.8人対し1人の支援者がいる計算になる」そうなんです。
菊池市でも小中学生で「認知症キッズサポーター」養成講座が実施されています。
もう一つ注目されているのは<大きなオレンジリング事業>です。「<認知症の人に優しい気持ちで接します><迷い人を発見した小中学生の相談窓口になります>など7つの宣言をした、市内計806の見守り協力者や協力事業所が、軒先に大きなオレンジリングを掲げる。子どもたちは心配な高齢者を見つけたら、リングを掲げている店や事業所の大人と一緒に声をかける、という仕組みを構築」するといった活動です。新聞写真には<オレンジリング>も紹介されています。
各地の先進的な取り組みがこうした国際会議で報告され、広がり、交流によりさらに深化しています。
(下㊤:2017年4月27日西日本新聞・井上真由美「認知症にやさしい地域へ 熊本県菊池市の松永美根子さん京都の国際会議で発表」 下㊦:朝日新聞・北村有樹子「認知症サポーター11か国に 国際会議始まる 日本初の取り組み12年『理解』広がる」より)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GINZA SIX 東京・... | トップ | 福津に ちっちゃな水族館<... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。