大牟田・オープンシャッター・サロン茶塘

商店街の活性化を目指して、大牟田市新栄町の空き店舗を改装、サロン茶塘が開設された。茶塘や商店街のイベントを紹介します。

日本陶磁器の源流展~有田で開催中

2016年12月28日 06時01分47秒 | 日記
今年もあと数日です。曇りや雨の日は掃除もままならぬ(気持ちが~)ので、、、
正月は旅でもするかなーと思い立った時はすでにどこも空いてないですね。
近場で、公共の交通機関を使って~との《穴場》探し、、、「佐賀」がいいのでは?
いま、佐賀県有田町の九州陶磁文化館では「特別企画展 日本磁器の源流」が開催されています。(来年1月15日まで)
「17世紀初頭、日本初の磁器が佐賀県有田町で誕生し、東南アジアから、欧州、世界各地へと輸出されるまで、わずか半世紀。この目覚ましい発展の源は、中国磁器へのあこがれだった。」
なるほど、陶磁器を眺めながら、東南アジア、欧州、中国への旅もできるようです。
そういえば最近、同じ有田町の佐賀県窯業技術センターでは「世界最強 割れない磁器」も開発されたそうです。なんと、新開発の磁器は「70センチからの落下に耐え、一般磁器の3~5倍の強度」があるそうです。<割れやすい>弱点を改善、今後は「給食用食器の他、福祉施設などの利用を目的にしたユニバーサルデザインへの活用も検討」されるそうです。(2016年12月22日西日本新聞・貞松保範「世界最強 割れない磁器」より)
プラスチックに飲み込まれつつある時期にある≪磁器≫~17世紀初頭に始まった磁器の歴史に新たな時代を開きました。そうした時の流れも学べるようです。  *九州陶磁文化館 電話0955(43)3681
(下:2016年12月21日西日本新聞・平原奈央子「日本が手本にした中国磁器 佐賀・有田町で<源流>展」より)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MUNAKATA大使ジェケルさん(... | トップ | 福岡屋台の店主候補決定発表 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。