百鳥の日々あれこれ

猫も犬も本も好き、日記メインでたまに小説かきます。

本のレビュー「繭」

2017-07-29 14:14:33 | 本のレビュー
「繭」青山七恵

少し前に読んだ作品。
二人の女性がキーパーソンとなって話が展開していく。
どちらの顔も明瞭に描かれることはなく、お互いの境界も曖昧になる。それがまた、なんとも、よい。

特に前半、後半と語り手が変わるが、それが自然で素晴らしかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 本のレビュー「掏摸」 »

コメントを投稿

本のレビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。