酒飲みのご託

普段は言えない話だけれど、
酔った勢いで話しちゃうよ~!
でも、「心神耗弱状態」ですから!

越後湯沢に行ってきました ~その4~

2016年10月14日 23時50分12秒 | ズバリ「お酒」
 10時に宿を出て向かった先は「雲洞庵」。

 室町時代にたてられた曹洞宗のお寺で、
 直江兼続、上杉景勝が幼少期を過ごしたところだとか。

 入り口で写真を撮るからと、集合がかかる。


 これが鐘楼。
 広くて、見て回るだけで午前中一杯かかった。

 お昼を過ぎたところで昼食を取る場所を探し回る。

 越後湯沢の駅に戻る途中に道の駅があるというので、
 そこに行くことにした。

 道の駅南魚沼、大きかった。
 3連休だからなのか、野菜の直売所には大勢の人がいた。

 食堂というかレストランもあったけど、
 自分たちが向かったのは休憩所。

 そこで朝食で残ったサンドイッチや笹で巻いたおこわを頂いた。
 朝食で残ったものを男9人で食べても、まだ余ってた。

 満腹感をキープしたまま越後湯沢駅に到着し、
 ここで解散。
 4人が車で帰り、5人は新幹線で帰京。

 時間はあるので土産物屋を見て回っていたら、
 目に入ってくるのは柿の種。
 チョコでコーティングされたのは、
 秋冬限定だよね。
 「笹だんご味」ってのは初めて見た。

 のんびりと見て回っていたら、
 仲間の一人がこれから乗ろうとしている新幹線が
 全席指定なのに気づき、慌てて指定券を購入しに、
 みどりの窓口へ向かう。

 前に待ってるのは2組だけだったけど、
 一組にかかる時間が長いんだよね。

 結局発車5分前を切ったところでホームに滑り込む。

 列車がホームに入ってきて唖然呆然。
 どの車両もがらがら。

 おまけに自分達の指定席に、先客の女性が座ってる。
 自分たちの切符を見せたら席を移動したけど、
 途中で回ってきた車掌は、指定券を確認していかなかった。

 新幹線の中でもビール。
 がらがら感、伝わるかな。

 こうして一泊2日の食い倒れツアーは終了しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 越後湯沢に行ってきました ... | トップ | 滑る寿司 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。