酒飲みのご託

普段は言えない話だけれど、
酔った勢いで話しちゃうよ~!
でも、「心神耗弱状態」ですから!

イルミネーション

2016年12月09日 23時01分01秒 | 病気とケガと病院と
 病院の診察が終わったときには、
 中庭にイルミネーションがきらめいていた。

 13時に病院について、
 13時半から食事をして14時から検査開始。

 30分ほどで検査が終わり、
 診察に呼ばれるのを待つ。

 待つ

 待つ

 結局、名前を呼ばれたのは18時を過ぎていた。

 くそっ!

 なんかね、検査の時から段取りの悪さに腹が立ってたの。

 同じ検査は過去に何度もやってるんだけど、
 機械が変わったみたいだった。

 検査技師のおばちゃん1人と、
 補助みたいなにーちゃんが二人いた。

 にーちゃんA:この検査はやったことがありますか?
 俺:ありますよ
 A:この機械になってからは?
 俺:ん~・・・
 A:カチャカチャ(機械を操作して)
   機械に名前が登録されていないので、初めてのようですね
 俺:無言
   (そんなこと、呼ぶ前に調べておけよ!)

 機械の前の椅子に座ったら、
 頭をのせる台の位置がかなり低い。
 背中を丸めてもまだ低く、椅子を後ろにずらして、
 頭だけを低く前に出すような格好になってします。
 A:台をあげましょうか?
 俺:そうしてください。
   (聞かずにあげろよ!)

 看護師さんが来て、点滴の針を刺す。
 2回失敗し、3度目で血管に刺さった。
 その間「血管が細いのかしら」とか
 「太い針に代えてみますね」とか言ってて、
 適当に相づちを打ちながらも、
 「やり直したって良いから、とっとと刺せ!」
 って思ってた。

 この順序だって、針を刺してから検査室に行っても良いだろうし。

 技師さんの検査はスムーズ。
 右見て、左見て、と言われながら、
 何枚も写真を撮られた。

 終わって最初の機械の前に座る様に言われて移動すると、
 台の位置が低くなってる。
 「学習しないヤツだなぁ。」とか思いながらも、
 無言で抗議したつもりだったけど、
 相手には伝わってないだろうな。

 そしてこの後が長かった。

 診察の予約は15時。

 いつ呼ばれるかわからないから診察室の前で待っていたが、
 なかなか呼ばれない。

 寝ても寝ても、呼ばれない。

 ネットのニュースも読み尽くしてしまった。

 し夏が終わったときには通常の出入り口は閉まっていて、
 看護師さんに出口まで案内さっれた。

 会計は、なし。
 というか、会計の窓口に行ったが
 「ここ(時間外窓口)では会計は出来ないので、
 次回来院したときに、今回の分を合わせて払ってください。」
 と言われた。

 勝手に遅くしておいて、
 「お代は次回に」ってか。

 これっきり行かなかったら、どうなるんだろ?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねぎラーメン | トップ | 眼鏡壊れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

病気とケガと病院と」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。