酒飲みのご託

普段は言えない話だけれど、
酔った勢いで話しちゃうよ~!
でも、「心神耗弱状態」ですから!

宇都宮の北

2017年06月18日 22時39分29秒 | 戯れ言
 実家の母が交通事故に遭ったというので、
 様子を見に行ってきた。

 在来線で宇都宮へ行き
 

 そこから更に北へ向かう。


 木曜日の夜に聞いていたのは右手と肋骨を骨折し、
 腰と膝をぶつけたとか。

 実際に行ってみたら右手親指の付け根と肋骨を骨折し、
 腰と膝を強打した様子。

 スーパーの駐車場で自転車に乗っていて、
 左側からバックしてきた車におしら押されて右側に倒れたらしい。

 痛みに耐えかね警察も呼ばずに相手の車で病院へ行き、
 「診察弛緩が終わってる。救急車が来るので対応できない。」
 と言われて他の医者で診てもらったらしい。

 その後スパーへ戻って警察の検分があったらしいが、
 そこへ駆けつけた親父は、妹の言葉を借りると「ボーっとしていた」
 だけだったそうだ。

 金曜日に相手方の保険屋が来たらしいが、
 「名前を書いてはんこを押してといわれたから」
 と言う理由で、母親は書類も読まずに判を押したらしい。

 同席した親父にも確認したが「俺は見せられなかった」という。

 事故に遭ったことよりも、こっちを怒ってきた。
 保険会社は連絡がつかなかったので相手方に連絡し、
 今後の説明や書類のやりとりは妹が同席する旨を了承させた。

 後は保険屋へ連絡しないと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研修の夜 | トップ | 平たい蕎麦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

戯れ言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。