現実の合気道独白

あるブログで合気道を幻想妄想武道と批判する記事を見た。まさにその通りとしか思えず、反論しようにも出来ぬ。情けなや合気道!

時代錯誤をしてはならない

2017-05-19 12:58:36 | 日記
戦国時代においては、

敵が襲い掛かって来た時、身体が無意識に動き、相手を倒す(殺す)。

のが良いとされた。

現実に殺し合いをしていた時代なんだから、当然、敵がどうなろうと知ったことではなく、自分の身を守るためには、敵を殺すことこそが最善であった。

故に脳が機能する必要はなく、身体に覚え込ませた技さえ十全に発揮出来れば、それで良かったのだから、無意識に身体が動くに越したことはない。

だが、そんな大昔の武術の考え方など、今日の日本で通用する筈もないと、

まともな日本人なら誰しもわかっている。

しかしながら根が馬鹿なのか、アホウなのか、妄想武術愛好者の中には、

「敵が襲い掛かって来たら、身体が勝手に動いて、気がついたら相手は倒れている。こうなるように稽古に励んでいる」

などとほざく輩がいるのには、困ったものである。

相手が気絶でもして倒れているだけなら良いが、

『相手が倒れて死んでいた』

という状況を、この妄想武術愛好者は考えたことはないのだろうか?

もしそんなことにでもなった場合は、塀のなかで、現在の日本の世の中について、ゆっくりと考えてみることだね。

そうすれば、己が如何に時代錯誤をしたアホウであるかがわかるだろう。

だがそう気付いた時には、お前さんの人生手遅れなんじゃないの?

何といってもお前さんは、脳みそを使わずに人殺しをした犯罪者なんだから。

いやはや、達人志向の妄想武術愛好者の時代錯誤ぶりにはウンザリさせられるよ、まったく・・(*_*;



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命名のセンス | トップ | 新潟県知事は・・・ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。