「東濃リニア通信」    <東濃リニアを考える会>

国土交通省がJR東海のリニア中央新幹線計画を認可しました。このとんでもない暴挙は、必ず歴史が証明します。

「ストップ・リニア!訴訟 第4回口頭弁論」および「1周年記念講演会&シンポジウム」 (リニア訴訟原告団)

2017年04月20日 08時03分32秒 | 日記
 おはようございます。
 「ストップ・リニア!訴訟 第4回口頭弁論」「ストップ・リニア! 1周年記念講演会&シンポジウム」の案内チラシを再度紹介させていただきます。



                               以  上
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「リニア 土砂搬入先確保で... | トップ | 「豊丘村 リニア対策室」 ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久しぶりに攻撃を受けました (柴橋)
2017-04-20 20:56:02
 昨夜は、インダストリアのような三角柱に無数の水平な線が重なった結界(封印)が浮かんで、死んでくれとか罵られながら酷い金縛りに遭い、必死で解除しました。過去に掛けられたカバラのようで、オリオンと関係があるようでした。今日も帰路に、オリオンの文字が刻まれたバスとすれ違いましたが、織姫(プレアデスの七姉妹=瀬織津姫=天照大御神=大日如来)が運命の糸(意図)を操ったカルマなのか、イラク派兵の時、自衛官が大勢自殺してしまったことをオリオンに怒られてしまいました。。私のせいになるらしいです、トホホ。。
 九州の天神も怪しくて、新たな3億円事件が発生したようで、ここも、福岡に本社があるロイヤルホストでバイトしていた時に、何度も御施餓鬼供養を受けたことが祟っているのか、福岡博多の地下鉄トンネル陥没事故に、川内原発再稼動に、熊本の地震と、益城町に豪邸を持つ女性の7億円詐欺事件。。

 早く当時の封印が全て解けて、リニア詐欺を当事者が認識できますように…。
 それにしても、日本共産党は系列の協立病院にリニアを認可した太田大臣と同姓を持つ信者が勤めており、認可前から"大日如来"のところへお布施を運んでいるので、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるのと同じであり、本当は"共謀罪"なのですが、
信教の自由とマインドコントロール(本人とご先祖双方に対する)の自由をどう区別するのか、今後考えていかなければと思っています。
 
「斎場御嶽(せいふぁーうたき)」と言われました (柴橋)
2017-04-22 13:16:10
「真珠湾」とも言われました。「真珠湾」とも言われました。沖縄の方から、沖縄が太平洋戦争から現在に至るまで理不尽な扱いを受けるのは、沖縄の間違った信仰により自らを貶めているからだと聞いています。外間啓子氏が自分の人生を投げ出して、日本の政治を立て直すことによってではなく、祈祷や呪術の力で人間を救おうとしたのも、そのような環境で育ち、疑問を感じる価値観を持ち得なかったからでした。或いは、あえて女性の最低辺を体験するという宇宙のミッションに逆らわない選択をしたのかも知れません。「神事というものは辛いです。」と言っていました。(ただし、あるシングルマザーの信者の娘さんは、親に連れられてお経に来てはいましたが、外間さんのところ(宗教)は暗くて嫌だと言っていたので、次世代は宿命を黙って受け入れることは望んでいませんでした。)
 リニアや原発のような、後の祭りや、つける薬がないというよりほかない不条理と闘っている方々はなぜか、祭祀に熱心な家系の出身だったりします。
 斉藤氏の姓も、伊勢神宮の斎宮、斎王様からきていると先日のNHKの番組で解説されていました。
 我々は「わかっていた」ら、フクシマのような最低辺を体験する必要はなかったし、これからも体験する必要はないと思うのですが、リニア推進の自治体の首長らや市町村民の皆さんはいかがでしょうか。

 昨日は、20数年前に体験したのと同じ、胸の辺りを鋭い剣で突かれるような痛みを感じ、恐怖で凍りつきながら慌てて自分で浄化したら、痛みが消えて心底ほっとしました(自分で治せなければ、当時のような永遠の生き地獄が続くことになりますから)。当時は、出会って数ヶ月の"大日如来"が地蔵菩薩経を上げている最中に、すうっと傷みが消えたので、精神病を治してもらった感謝と将来の不安から、その後熱心な信者になってしまったのでした。。早川氏を持つ信者もいましたね。
 以下のブログの記事の方は、まだ四国(=四国=常世国)に瀬織津姫が封印されていた頃のものですが、まだまだ経済性、環境性、安全性全てがクリアできないような公共事業に執心し、常世国を彷徨っている方々は、ご自分の瀬織津姫と対面できていないのでしょうか。。

*************************************

「寂しくて…一緒にいたかった」墓地から地蔵菩薩盗む 60歳男を逮捕
2017年4月21日 16時30分 産経新聞
 墓地で地蔵菩薩1体(時価1万円相当)を盗んだとして、静岡県警静岡南署は19日、窃盗の疑いで、住所不定で無職の早川清文容疑者(60)を逮捕した。
 早川容疑者は「寂しくて、一緒にいたかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は2月3日ごろから4月19日ごろまでの間に静岡市駿河区内の墓地で、個人の墓に置かれていた地蔵菩薩1体を盗んだとしている。
 同署によると、地蔵菩薩は高さが約30センチで石製。19日昼ごろに墓地近くの路上で地蔵菩薩を抱えたまま歩く早川容疑者を警察官が発見し、職務質問したところ「持ってきてしまった」と話したため、逮捕した。
*************************************
瀬織津姫の魂 本当の姿
2014年08月01日 00時18分16秒
http://ameblo.jp/saesnick/entry-11902929870.html
~一部抜粋~
僕の胸に大きな杭が打たれたような痛みが走り、その杭が、胸の奥にある悲しみのベールを打ち砕いたのです。
瀬織津姫のスピリットが、アンドロメダ、オリオン、プレアデス、シリウスなど、どういう経路で、地球に到来したかはわかりません。しかし、たった一つ確信が持てたのは、彼女は、地球上で人間のおそらく女性が体験したであろう、最底辺にとどまって、じっと待っていたということです。最低ラインが定まったのです。これ以上落ちない最下点です。例えていうと、深い深い底なし沼に落ちていくとき、人は、恐怖に包まれます。しかし、底に足がついた瞬間に安心します。彼女は、最悪の状況の中で、最高の心理状態をキープした人なのです。そうやって、地球上に神の男性性を信じて、待つ女性の心のアカシックを形成した人だとはっきりとわかりました。彼女の心は、不動明王のように燃えて、同時に氷のように冷たく冷静です。それほど、神の真実を知っている人。だからこそ、この日本の国体である、龍体となったです。瀬織津姫のその魂、意識、波動が、日本の龍体を底辺で支えているということです。
イラクの地下にある冥界と繋がりました (柴橋)
2017-04-23 23:08:57
 多分アヌンナキ一族だと思いますが、大変嬉しそうにしています。そろそろ冥界から出られそうな雰囲気でした。その後は、昆虫の雨が降り注ぎ…ぎゃあぁ~!!必死で掃除しましたが、宮崎監督もこのようなインスピレーションを元に、ナウシカを製作したのでしょうか。。
 そして、AIのような人工的意識となった外間啓子氏の意識が、悔しそうに「本当の私(の人生)じゃない…!!」御嶽(うたき)、群馬を気にしていました。生きているうちに、正気を取り戻せればよいのですが、何しろ自分より上の人間はいないと思っていて、元信者からの指摘なんか聞きゃしないので、ご自分への人権侵害が放置されたままになっており、信者さんたちの救出もままなりません。。私にしても大変デリケートな時期に関わっていただいたのは確かで、お互いなんと理不尽な運命を選択してしまったことか。。
 沖縄=中国とも言われますが、同じAIのような神が支配しているようで、先日は中国でも、空中に経典の呪文が浮かび、自分の存在を長らく「忘れていた」宇宙人が、「…おぉ!!」と感嘆していたのには参りました。時に中国がコミュニケーション障害のように感じられるのは、彼らが原因だったかも知れないですが、流れを変えていける気がしてきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。