「東濃リニア通信」    <東濃リニアを考える会>

国土交通省がJR東海のリニア中央新幹線計画を認可しました。このとんでもない暴挙は、必ず歴史が証明します。

「工事中止要請行動レポート」 (星川さん)   「リニア関連記事」 (三浦さん)  「ハナノキ散策ツアー」

2016年10月31日 06時35分49秒 | 日記
 おはようございます。
 「星川まりさん」「Stopリニアプロジエクト」を転載させていただきます。
 Stopリニアプロジエクトより、今日の報告です。

 STOPリニアプロジェクトGreensJapan  10月28日 19:27
 今日、午前10時から国交省・環境省への要請に参加して来ました。
 大鹿村から緊急要請に来た二人と一緒に市民が10名ほどで、ほぼ全員が代わる代わるこれまでJR東海の言っていることとやっていることに齟齬がある点や、疑問に答えずに強引に進めて来た事実について発言しました。
 環境影響評価もずさん、国交相の意見書に「住民の理解を得るために十分な説明を尽くすよう」とあるが、これがなされていない事実をあなた方はどう思うのか?問い続けました。なぜなら意見書に反していることを認めてしまえば意見書はなんの意味も持たず、国の関与がないがしろにされて事業体の欲望だけでこれからの工事も進んでしまうからです。民主主義と程遠い実態を、あなた方は知らないのなら、大鹿村へ来て一緒に住民説明会を開いて欲しい、あなた方が他人事で認可して、大鹿村が我慢させられる、許し難いと。一方的に犠牲だけを強いるのかと。
 いくつかの事例を挙げただけでも明らかに、JR東海が「住民の理解を得た」などと言っているのは「事実誤認」、4:3で採択と言っても大鹿村をほぼ二分しての「拮抗状態」であって、賛意だけをとって「理解」とされてはかなわない。フェアじゃない。
 11/1の着工は停止して話し合いの場を設けるよう行政指導すべきと訴え、必ずJR東海にこれを伝えて返答を返すよう、本村議員(今日の場をセッティングしてくれた共産党議員)が最後に確認し、国交省の担当官から唯一の「了解」をとり、終わりました。
 ずっと表情を見て来て、最後のこの一瞬だけ「対話」を感じた以外は、ほとんど人形が座っているかのように、「そういう立場にない」など無責任で逃げ腰の対応に終始、でも今日は大鹿村の住民が対峙し、国に現地の実情を伝えること、声を上げることに意味があったと思います。
 そのあと、品川駅でJR東海東京本社ビル前で、トラメガを大鹿村から担いできた二人が、雨の中、街ゆく人々に大鹿村が破壊されている実情を訴えました。チラシまきを5〜6人で行いましたが、予想以上に多くの人が受け取ってくれました。
                        文責・星川まり

    フォトアルバム (当日の写真が掲載されています。)

 「リニア新幹線を考える相模原連絡会」の三浦さんからのリニア記事を紹介させていただきます。
 「しんぶん赤旗」 (2016.10.30)
 「用地取得理解進まず」

 「南信州新聞WEB」 (2016.10.30)
 「リニア、地権者らに用地補償説明会 12月、JR・県・飯田市が合同で」  


 「中津川市坂本の湧水湿地を守る会」主催の「岩屋堂湿地 ハナノキ紅葉散策ツアー」の案内を紹介させていただきます。
※ 世界最大のハナノキの群生地が「濃飛横断自動車道」と「リニア路線のトンネル」のために絶滅の危機に瀕しています。

                            以  上
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「経営格差の影を見よ」 (東... | トップ | 「リニア財投は経営支援」 (... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「ごみを捨てたくても捨てられない」 (柴橋)
2016-10-31 22:43:47
 明日の大鹿村の起工式を前に、精神的に何かが詰まった感じがして、容量が満杯になったようにとても苦しくなったので、慌てて浄化をしたら、やっと落ち着きました。原発から出る核のゴミが満杯であることも、訴えていたようでした。

 横浜で高齢者が大量のゴミを軽トラの荷台に積んで、あちこち彷徨った挙句、ゴミを捨てられないまま、人の列に突っ込むという、大変痛ましい事故が起きてしまいましたが、犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、トンネル工事を始めても、大量の残土の処分場が見つからず、右往左往するであろうJR東海の様子は、やはりそのまま、現在の彼らの霊的状況を表していたのだろうと、理解しました。本当に捨てたい=処理したいのは未成仏霊のことだと感じました。

 過去に、まだお経に通っていた頃にも同様のことがあり、その時は意味がわかりませんでしたが、ご先祖が供養できておらず、満杯になっていたのだと後になって教えていただきました。その後、亡くなった赤石憲彦氏の意識と対話したら、すぐに、胸が詰まるような苦しみが伝わってきて、これが封印されるということなんだと、ぞっとしながら浄化したことがあります。ご本人はまさか、供養と真逆のことをして、自分の寿命を縮めてしまったという認識はなかったのでしょうね。

 JR東海にもリニア推進自治体関係者にも、信者、若しくは同姓の人間が相当数いるので、霊的に普通の状態でないことが、自ら暴走を止められなかった要因かも知れません。
 振り返れば民主党政権も、フクシマの暴走を止めることができなかったのは、人間的理由ではなかったと思います。実際、菅直人元首相は、にこにこしながらお遍路をしていましたが、今考えると四国の封印のために、当時の政財界が機能不全に陥っていたことを認識していたのでしょうか…。

 大鹿村の方々には大変迷惑な話で申し訳なく思いますが、彼らが迷いから覚めるまで、政治家や専門家の方々の力をお借りしながら、働き掛けていくより仕方がないのかも知れません。
 
阿部知事の悔しそうな様子が伝わってきました (柴橋)
2016-11-01 23:13:36
 NHKのニュースでも、今日の起工式に抗議する大鹿村民の様子が全国に流れたので、昨今、地方議員が相次ぐ不正により辞職している中、長野県、知事、県の職員が人権侵害・環境破壊を推進しているのが、国民にしっかり伝わったと思います。

 ところで、沿線住民の皆様には申し訳ないのですが、以前、私は阿部知事と仕事で関わったことがありました。2011年5月頃、梓川SAのレストランでバイドをしていた時、駐車場で観光客にアピールしてくれたようでした。
 ただ、そのバイド代も当時、お経のお布施としたので、阿部知事はその時に冥界行きのお神輿に乗せられてしまったかも知れないのです(彼らは信者の仕事での人脈の浄化=封印をしていたので)。どうか、過去の呪いが解けますように…。

 また、90年代後半から2013年まで、ほぼ毎年、彼らの千葉県の拠点で大きな宗教儀式を受け続けていたのですが、その間、千葉県での残土被害が深刻化していたことを知り、拝金魔術との関連を疑わずにはいられません。最後の儀式の時は、儀式の最中にカルマの星といわれる土星(サタン=土いじり)が浮かびました。いい加減、過ち(先祖供養になっていない)に気づくよう促されたのでしょうね。。

 大鹿村でも、千葉県のような条例が制定されることを願っております。(当日は勉強会に参加できず、残念。)
大鹿村も、その他のリニア関係市町村も、リニア反対運動などではなく、普通に観光などで訪れることができるよう、心から願います。

 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事