大きな流れの中で

つながっている不思議な世界

苦しいと思っている「わたし」の横で

2017-05-19 23:51:10 | 思ったままに





身体の「わたし」は、お釈迦様も言われているがごとく、ほぼほぼ苦しいよぉ、って訴えるので




それはそれでありとする。




そういう思いが浮かんできても、それはそれでありとする。




ただ




そういう思いも、その身体も、わたしじゃない




わたしは、それに宿っているものの方だから





その先のものに、思いを馳せる。




そこ、つながっている、そっちの方に思いを馳せる。




外なのか、内なのか、暖かいものが現れてきて





いま、いるところに安心が広がりだす。





苦しい「わたし」の壁に亀裂が入り、安心が広がりだす。





苦しいと思っている「わたし」の横で、安心がのほほんと微笑んでいる。















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そのまんまに眺めている | トップ | 「世界」はつながっている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。