大きな流れの中で

つながっている不思議な世界

どこかでわかっている

2016-12-07 21:56:10 | 思ったままに
時間って



一直線に、過去、今、未来、ってなってないから



よーく見ていると



未来が語りかけに来ていたりする。



ほらほら、これとこれがつながるよ。



そして、よーく見ていると



過去も語りかけに来ていたりする。



ほらほら、これとこれがつながっているよ。



そして、「今」は自由に、過去と未来とおしゃべりをしている。



現わしたいものは、目の前に今現われている。



今、現れているものは、過去も未来も、いいよ、って言ったもの、たくさんの中から、いいよ、って言ったもの。



そして、今が変わると、過去も未来も変わってくる。



そうなの?



そんなのとっても現実的とは思えないけど



そんなの教科書のどこにも載っていないけど。



でも、みんなどこかでわかっている。



おしゃべりしている実感とか全然ないけど、本当は、どこかでわかっている。



そういう「世界」だ、ってこと、本当はどこかでわかっている。



『君の名は』とか観ていて、実はつながっているんだよな、って本当はどこかでわかっている。









*映画を観ていない方には意味がわからなくてすみません。m(__)m
そういう映画?個人的な感想ですが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんどん流れてきちゃう | トップ | 眺めて、そして、つぶやいてみる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思ったままに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。