大きな流れの中で

つながっている不思議な世界

はじめは、外がわに

2017-03-07 21:40:10 | 思ったままに
その、ずっと流れているもの



はじめは、外がわにあることに気づく。



なんとなく、その場所に行くと落ち着いたり



なんとなくだけど、大丈夫ってなったりする。



安心したり、ほんわかしたりして



なんだか、普段とは違うもの、感じたりする。



それは、暫くの間しか続かないけど、「わたし」の中に鳴り響いている。



あるとき



その、ずっと流れているものが、ずっと「わたし」の中に鳴り響いていたことに気づく。



「わたし」の内がわにずっと流れていた、って気づく。



いろいろとやらなきゃいけないこと、たくさんあったし



そんなこと、本当のことなんて思わなかったから



まさかまさか、だったけど



おんなじものが、「わたし」の中で、心地よいリズムを刻んでいたことに気づく。



大丈夫が、内がわから溢れていることに



安心だって、ただテーブルの端っこ見てるだけなのに、溢れてくることに気づく。



もぅ、ほんわかしちゃうなぁ、って



なになに、これずっと流れていたなんて、もぅ、早く言ってよぉ、って。



すると、今度は



ひとが集まってくる。



とりや、はなや、ことばが、あなたの元へと集まってくる。



その大丈夫を感じて、集まってくる。



ずっと流れているもの、そのほんわかしたものを、思い出すかのようにして



あなたの元へと、集まってくる。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こうしてあるのに | トップ | とっても些細なこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思ったままに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。