大きなかぶ農園だより

北海道マオイの丘にある大きなかぶ農園からのお便り・・
※写真はsatosi  

荒れ地の花

2017-07-23 | 日記
蒸し暑い土曜の夜、庭の草の中がぽっ、ぽっ、、と光っている。
”蛍だ!”
ここ数年見かけなくなり、あきらめていた。
蛍が飛び交うには、雨上りの湿度の高い夜7~9時ころ。
暗い、風が無い、などの条件が重なった時に出会えるらしい。
幼虫は1日にカワニナを100匹食べるというが、飛び交うように
なると1~2週間の命を夜露だけで維持するという。
うらやましいな。ごはん食べずに生きれるなんて。未来派だ、蛍。
蛍が棲むこの場所に1999年、ひと族2名住み着き早18年か。。
ボロボロ母家の横の唯一の雨風しのげる建物であったD型倉庫。(この建物で10年暮らしたのだ)
剥がれかけていたペンキを旅人や居合わせた人5~6人で一気に塗った。
ここ1~2年、「そろそろ塗り替えないと。。。」と気になっていた。
(全くいつやるのか。。。)と夫の腰の重さを腹の中でなじっていたが、ある日ある朝突然スイッチがオン。
「とおちゃん、頼みがある。倉庫塗るペンキ買ってきて」と自分の口が言う。
朝と夕方の涼しい時間を1時間づつ。と決めて取り掛かる。
第一段階 ペンキのローラーを持って地面から手が届く範囲までを塗る。片側1/3が塗れた。おお!!
    翌日同様に片側を
第二段階 2m位に伸びる棒の先にローラーを取り付けてその先を手の届くところまで塗る。
  翌日同様に片側を。その時、青大将のリラックスタイムにぶつかる。しっしっ!と理不尽に追い払う。
第三段階 梯子をかけて最後のてっぺんまでを塗る。ペンキの補充等の上り下りで時間は倍かかる。
  しかし、めどは立つ。あと一息だ。いつ塗るかと迷っていたのがウソのようだ。
妻がどんなに活躍しても決して褒めたりしない夫が珍しく、「お、仕事人!」と茶化した。
「業者の見積もりとったら80万くらいだな」とか言っている。(くれるのか?80万。)
「タダだからやらせたんだ」(ははは、うちにペンキ塗り替えの為の80万は無い。百も承知)
夫からの賞賛も、現金の80万もべつに欲しくもなんともないぞ。あっても邪魔にはしないが・・・・
無限の可能性を持つ自分に出会ったことが財産だ。
妻が8mの屋根に一人で登ろうが心配など露もない夫がいてくれてこそ成し遂げられたというものです。
本当に、自分という存在は、荒れ地でこそ咲く花か。。。。と ひとり自分に酔いしれる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の淑女たち | トップ | 親戚一同参上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。