大きなかぶ農園だより

北海道マオイの丘にある大きなかぶ農園からのお便り・・
※写真はsatosi  

ゆめ

2017-05-21 | 日記
あっという間に目の前のマオイ山が黄緑のモコモコに変身。
昨日まで、山の中はスカスカで空が見えていたのに・・・・
つられたように母屋の横の楡の木が芽吹いた。
いたどりもすでに2mの成長。なんでもかんでも伸び放題。
毎年咲いた花を見損なうスズランを草の中から救出した。
だが、去年わざわざ高知から取り寄せて植えた栗・ぶどう・銀杏の
苗木は、冬に野ネズミにかじられ、雪の洗礼を受け、土も合わず、
今一つ元気がない。故郷離れて北国へ送られたんだもの。。。
苗やの奥さんが、「北海道で根付くように、念いれときました」
と、請求書の端にメッセージ書いてくれていたのにな、、、、
今年はイジイジとゆっくりしてていいよ、、そのうちここがきっと好きになる。。きっと。
大きくなって、たくさんの実を成らせて、りすも、野ずみも、にんげんも、鹿だって、
みんながキミたちの実をたべて、元気で健康で幸せになるんだよ。楽しいと思わない?
秋、真っ黄色に色づいた銀杏並木。栗林。葡萄のアーチの下で昼寝をする。。。
みんなが鼻をつまむ銀杏の匂いだってわたしはきっと好きになる。
頭の上に栗のイガがどしどし落ちてきても、大笑いしながら受け止めるよ。
そうして、やがてさとしもひわもいなくなっても、キミたちは毎年他を生かし続ける。。。。
目の前のマオイ山、樽前山や恵庭岳と、毎日笑いながら永久に幸せに存在し続ける。。。。
っていうのがひわばあちゃんの夢ってわけだよ。ねえ、聞いてんの??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山買っちゃった

2017-05-14 | 日本を考える

籾を蒔いて、ハウスに並べた稲の苗が芽を出した。
直径1㎝ほどのポットの土から緑の芽が天を仰いでいる。
赤ん坊が、泣き声で自分の意志を伝えるように、
この小さな芽が健康な種を残さんと送り続ける信号をどこまで、
受け止め、世話ができるのか、、緊張と新しい決心が生まれる。

みち子さんが山を買った。 
以下、みち子さんが作った小さな冊子「山を買う」より抜粋
《東京生まれ、アウトドア経験なし、でも北海道に山買っちゃいました。
なぜ買おうと思ったのか。
東日本大震災をきっかけにして、東京を離れ北海道岩見沢に家族と共に移住したのが2011年夏の事。
「自分はここで何ができる?」と考えていたあるとき、エコビレッジのような場所をつくることを思いつき、
広い土地は高くて手が出ないなあと思っていたら、友人が私に山を買えることを教えてくれました。
ネット検索してみると地域の森林組合が森林売買の紹介なども行っていることがわかり、思い切って
電話をかけてみることにしたのがすべてのはじまりでした。
そして、8ヘクタールの荒れ地を友人と共同購入しました。中古車1台分くらいの値段を折半で。
8へクタールとは、、東京ドームが4.7ヘクタール。行って帰って30分以上はかかります。
春の雪はかたくしまっていて、スノーシューなくても足が雪にはまることなく歩けて便利。
沢のある斜面は格好のお尻滑すべりスポット。5歳の息子も大人たちもキャアキャア遊ぶ。
山の楽しみをひとつ見つけた瞬間でした。
春になり、荒れ地だとばかり思っていた山で毎週末植物を観察していたら、だんだんと食べられるもが
分かってきました。タラの木がそこかしこにあり、ワラビの群生地も発見。春は山菜とりが忙しい。
山活と名づけ、友人たちに声をかけ、遊びや山の整備を始めることにしました。
「ヤマカツ!ヤマカツ!」と息子と娘(2才)は歌い出す。
大工の心得のある夫が木の枝を縄で結びつけて骨格を作り笹を屋根にした東屋を4時間で制作。。。。。》

今、山を所有している地主さんの高齢化で、手入れができない山が沢山あるらしいです。
子どもたちの成長を見守るように、時間をかけて蘇らせる楽しみが伝わってきます。
 みち子さんのこの小さな冊子を読んでいると心が踊ります。みなさん山買いませんか。
            冊子は500円で購入もできるそうです。
         お問合せ先 michikururu@gmail.com 來嶋路子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

始動《稲の種蒔》

2017-05-07 | 日記
稲の種蒔き始まる。
出番を待っていた籾の袋がアライグマに襲われた。
どこから入ったのか?厳重に封鎖しておいたはずが。。。。。
食べるわけでなく、ただ、めちゃくちゃに袋を破って立ち去る。
まったく、、さびしいのか?わざとそんなことする人間もいるが。。

山崎さんが40年前に購入した種蒔機を使わせてもらってきたが
直そうにも交換部品が無い、と機械屋のお兄さんに言われた。
なので、今年は夫が思い切って中古の種蒔き機を購入した。
トレイをセットし、スイッチONで流れ出し、流れながら床土投入、籾投入、掛け土投入と進んでいく。
最後10枚積み重なって着地して一工程だが、時々センサーが誤作動してリズムが狂う。
取扱説明書が無いので、最初突然止まった時は機械屋のお兄さんに電話して来てもらったが、
なあ~んだ。。というようなことだったので、それからは動じなくなった。
新品なら完璧で当たり前、とイライラもしそうだが、自分と同様年取った中古品だと思えば愛着も湧く。
人は機械が順調に流れるように、トレイのセット、床土、籾、掛け土の補充を、速やかに行う。
また止まった。疲れたのかい?そうかそうか、、、と機械に声をかけて励まし、自分も励ます。
とにかく、1800枚のトレイの種蒔きは、この機械に働いてもらわなければにっちもさっちもいかないのだ。
この一瞬一瞬に、一粒一粒の籾に関わる人や風や、太陽の輝き、月の光、星々の諸力が稲を育てる。
機械の音聞きながら、昼寝する猫たちの幸せな波も、いたずらアライグマのやんちゃな波も、
皆等しく、稲を育てる。 そして自分もまた一年、その稲に育てられるのだ。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶滅危惧種世話係

2017-04-30 | 日記
我が家の水源である、国有林に沿って流れる小川を見に行く。
幅が3mも有るか無いかの小さな川だが、マオイ山からの雪解け水が
勢いよく流れている。
所々に倒れた古木が、川のこちらからあちらに橋を掛けている。
こくわや山ブドウの蔓が高い木の上から地上に垂れ下がっている。
子供の頃、新潟の山の中のこんな場所で一日中遊んでたっけな。。。
畑を突き抜け藪の中を進むと水芭蕉がひっそりと咲いていた。
そおーっとそばをすり抜けてすすむと咲き終わった福寿草の群れが
”今頃会いに来ても遅いんだよ”と素っ気ない。
川の水が染み出た畑の隅にクレソンが芽吹いている。
自分の腹に入る前に鹿の腹に入るのだろうが、今後はうまく共生し、ワサワサ育ててモリモリ食べたい!

ニュースで、鉄砲だか包丁だかを持って立てこもった人に対して、ドアをどんどん叩いて「出てこい!」
と、上から目線で、大勢で寄ってたかって悪者を「捕える」気満々。その報道の様子などにも、
おもわず、(テレビに撮られながら、人前で大声で叱られたりしたら絶対に出ていくものか・・)
と、自分が立てこもったような気持ちになった。
うっかりひょんなことからこんな大袈裟な状況になったとしても、もう後に引けず。。。。
捕まえる立場の人って、捕まえられる立場人の気持ちになって仕事したりはしないんだな。。。ははは
昼ごはん食べに帰るだろうと思い、用意して待てども帰らず。
たぶん帰らないだろうから先に食べて出かけようと思えば 「おい、飯、腹減った」 突然帰ってくる、、、
飯はいつでも自分の都合で、自動的に食えると思い込んでいるんだな。幸せな。。ははは
我こそは絶滅危惧種世話係。この道20数年。おかげさまで心は深くなるばかり。ふふふのふ~。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♪いいな♪いいな♪

2017-04-23 | 日記
いつまで続くか三寒四温。
サハラ砂漠に1mの雪が降り、南米ボリビアの巨大な湖が干ばつで消え、
不毛の地といわれるアメリカデスバレー、アンザ・ボレコ砂漠は
広大な「花畑」と化し。
チリのアタカマ砂漠も巨大な花園へと変身したという。
世界各地で起こるこれらの現象から、この星はどこへ行こうとしているのか・・・・
我々を乗せたまま行くのか、振り払って行くのか。。。。。
乗ってたらどうなるのか、振り払われたらどこに着地するのか。。どきどき

札幌のホテルのエレベーターに60女ふたりで滑りこんだら、先に乗りこんでいたおじさんが
「ばあさん何階?」と聞いてきた。「あ、ばあさん7階お願いします」と応えたら、「オバサンって言ったんだ」という。
あはははーと一同大笑い。
「オバサンたちどこから来た?」と聞かれ「山」と答えた。
「オジサンたちどこから来た?」と聞いたら「海」と答えた。
「海ってどこさ。小樽?稚内?函館?」と聞けば、「釧路」と言った。
「うちのとおちゃん釧路育ち。愛国東」「おーそうかー!!」 あっという間に7階到着。
ほんの数秒間の袖擦りあい。♪いいな♪いいな♪にんげんっていいな♪♪ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加