いそまるが行く!

大きなおうちの奮闘記!?

文学散歩

2017-03-06 12:18:52 | 報告
 3月4日 1:30~ 大磯図書館で文学散歩が行われました。今年度読書会でとり上げた大岡昇平、獅子文六、石川達三を中心に戦後大磯に暮らした作家ゆかりの地を歩きました。

最初にコーデイネータの石井さんが独自に作成した「大磯の文学者たち-近現代」の資料に沿って、明治、大正、昭和にかけて大磯に暮らした正宗白鳥、菊池重三郎、島崎藤村、与謝野晶子、白洲正子、福田恒存等の文学者の説明をされました。

文学散歩コース
大磯図書館ー大磯駅前ー妙大寺ー石川達三邸ー稲荷神社ー獅子文六邸跡ー椿森通石碑ー島崎藤村邸ー地福寺ー図書館







参加者コメント

 * お天気が良かったのでとても気持ち良い文学散歩となりました。
 * 昔大邸宅だったところが、普通の新しい家にばかりになってしまうのは、ちょっと淋しい気がしました。
 * 平塚中央図書館のチラシをみてきました。知らないことばかり教えていただいて楽しかったです。

参加者  5名
スタッフ 6名
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 館内整理 | トップ | 「暮らしの記憶」上映会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。