美しい大分

大分に暮らし,その美しさに気づかされ 癒される日常を、折々綴り,残してみたいと思っています。

長崎港  「 観光丸」

2016年11月05日 | 日記
帆船に乗せてもらえる。
胸踊る、長崎港内クルーズ。



「観光丸」、もともとは1855年オランダより江戸幕府に贈られた軍艦で、勝海舟や龍馬も夢を託した船だとか。
乗船したのは、当時の設計図を基に1987年にオランダで復元した船だそう。



稲佐山を後ろに、産業革命遺産となった
ジャイアント.カンチレバークレーン(左手緑色)が雄々しく立っている。今も現役。



イタリアからの大型客船…とても大きい…が横付けしさすが天然の良港とうたわれた長崎港だ。





三菱造船所の巨大な建造物群を過ぎ
船は女神大橋をくぐり、やがてUターンし砲台跡などを観ながら戻った。

帆船は、帆は広げなかった…
久しぶりの海でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎 「出島」 | トップ | 長崎   大浦天主堂 . グラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。