ずんこの日記

ずんこ一家の旅や日常の出来事

夜の探索(’17・7・22)

2017-07-23 16:31:06 | 子供
金曜夜、土曜夜と連日虫探しに繰り出す親子。
金曜夜は長男がずっと欲しかったミヤマクワガタの捕獲成功!以前見つけたメスと同じおうちに入れたら早速仲良しになった。
我が家の虫かごはカップルだらけ。
カブトムシもコクワガタもノコギリも、みんなそれぞれオスとメスが仲良しになっているらしい。

何が何匹いるのか、もはやさっぱりわからない。
、が夫はきちんと把握していて、どれをどの虫かごに入れるとか、多すぎるときは何をいつ逃がすとか常にそんなことを考えているみたい。





本当はだめだけど。
虫探しの様子を見たいので、土曜夜は次男をつれて私も夜出かけてみた。
車で1時間、いつも長男と夫で探す虫エリアがありそこへ連れてってもらった

蜜がある木がたくさんあるが、さすが夏休み。
親子連れのテント泊者が多く、みんな懐中電灯に虫取り網を持ってる。

まむしやすずめばちなど危険生物もいるため、ふらふら歩いている長男に「もっと早く歩け」、などとせかしつつ進む。
5000円位するらしい強力ライトを長男にも買い与え(驚)、二人で次次に事前に調べていた木をチェックしていく。。
競争率が激しかったがこの日はコクワガタ2匹、帰り道チェックした自動販売機などでさらに2匹の計4匹。
夜10時過ぎに帰宅。

次男は汗だくになりながら抱っこで熟睡(ごめんね)
虫や蛇が多すぎて泊まるのはパスだけど、虫探しには良い感じの場所だった。



くわがた探しをしていたら、木に登っているセミの幼虫がたくさんいた。

羽化の瞬間。ここからまだ2時間くらいかかるみたい。図鑑と同じきれいな緑色。幻想的な光景だった。




日曜日は近所に虫捕り。
トンボとバッタを捕まえた。曇りならなんとかできるけど炎天下のなかで探す気にはなれない・・
行きたくもないのに連れてこられた次男、最初は楽しそうだったが、暑くて空腹になると非常に不機嫌。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畳が浦(’17・7・16) | トップ | 三宅島  船&飛行機 (’17... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子供」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL