ほらふき男爵のありえない日常

真実はひとつではない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関連記事・ブログ

2007-06-09 15:54:06 | Weblog

ジャミソール/カリビアンコム/カリビアンドットコム/一本道/直アド/直メ/人妻出会い系/抜天市場/セックスフレンド募集/ご近所出会い系/いけない奥さん/おすすめ出会い系サイト/メル友募集/



コメント (12)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お初! 太陽と月がケンカしたら どっちが勝つ?

2007-05-26 06:50:38 | Weblog
お初っす!

今朝は、やたら太陽クンが元気だね。

太陽は いつも生まれたての気を放っているね。

だから 元気なんだ。

さてさて  太陽と月がケンカしたら どっちが勝つんだろうね。

まー、なんについて ケンカするかとか あるんだけど。


まー でも格的には 太陽が上かね~。


え、なんで 太陽と月がケンカするかって。


むかしね わがはいのおじいさんは 太陽と月を飼っていたんだよ。


いまじゃ 太陽と月は 地球のまわりをぐるぐる ひまつぶしに

まわっているけど むかしは ウチの庭で飼われていたんだよ。


ウチのペットだったんだね。


そのころは よくケンカしていたらしいよ。


・・・このことは 実は あんまり 知られていないんだ。

だから キミも 他言しないほうがいいよ。

言っても 相手にされないで ヘンに思われるだけだから。


では、今の辞書で どう扱われているか ちょっと 見てみるか。

ウィキペディアを見る。引用すうるよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD
太陽(たいよう、sun)は銀河系の恒星の一つで、太陽系の物理的中心である。天の川銀河の中心からの距離は約2万8千光年である。典型的な主系列星で、スペクトル型はG2V(黄色)である。推測年齢は約46億年で、主系列星として存在する期間の半分を経過しているものと考えられている。地球から太陽までの平均距離は約1億5000万kmである。この平均距離は地球太陽間距離の時間平均と考えても、地球の軌道長半径と考えてもどちらでも差し支えない。なお、正確な値は1億4959万7870kmで、これを1天文単位(AU)と定義する。

また別の意味として、ある任意の惑星系の惑星から見てそれが周りをまわる中心の恒星を太陽と呼ぶことがある。

太陽はほぼ完全な球体であり、その扁平率は0.01%以下である。太陽には、地球型惑星や衛星などと異なり、はっきりした表面が存在しない。

太陽は、中心核(コア)・輻射層・対流層(表面対流層)・光球・彩層・遷移層・コロナからなる。太陽の表面とは光球を指す。太陽半径を太陽中心から光球までの距離として定義する。光球には周囲よりも温度の低い太陽黒点と呼ばれる領域が存在することが多い。光球より上層の、光の透過性の高い部分を太陽大気と呼ぶ。太陽大気の上層部は太陽重力による束縛が弱いため、惑星間空間に漏れ出している。これを太陽風と呼ぶ。この、太陽風はオーロラの原因ともなる。

太陽は光球より内側が電磁波に対して不透明であるため、内部を電磁波によって直接垣間見ることができない。太陽内部についての知識は、太陽の大きさ、質量、総輻射量、表面組成・表面振動等の観測データを基にした理論解析によって得られる。理論解析においては、太陽内部の不透明度と熱核融合反応を量子力学により推定し、観測データによる制限を境界条件とした数値解析を行う。太陽中心部の温度、密度等はこのような解析によって得られたものである。

太陽の中心は2,500億気圧、密度が1.56×105kg/m3(およそ水の150倍)、温度は1,500万Kに達し、熱核融合反応によって水素がヘリウムに変換されている。1秒当たりでは約3.6×1038個の陽子(水素原子核)がヘリウム原子核に変化しており、これによって1秒間に430万トンの質量が3.8×1026Jのエネルギー(TNT火薬換算で9.1×1016トンに相当する)に変換されている。このエネルギーの大部分はガンマ線に変わり、一部がニュートリノに変わる。ガンマ線は周囲のプラズマと相互作用しながら次第に「穏やかな」電磁波に変換され、数十万年かけて太陽表面にまで達し、宇宙空間に放出される。一方、ニュートリノは物質との反応率が非常に低いため、太陽内部で物質と相互作用することなく宇宙空間に放出される。それ故、太陽ニュートリノの観測は、現在の太陽中心部での熱核融合反応を知る有効な手段となっている。

太陽の中心核は熱核融合によって物質からエネルギーを取り出しているほとんど唯一の領域である。核の大きさは約0.2太陽半径である。

太陽半径の0.2倍から0.7倍までの層では、放射(輻射)による熱輸送を妨げるほどには物質の不透明度が大きくない。したがって、この領域では対流は起こらず、輻射による熱輸送によって中心核で生じたエネルギーが外側へ運ばれている。

0.7太陽半径から1太陽半径までの層では、微量イオンが原因となって不透明度が増し、輻射によるエネルギー輸送よりも対流による輸送の方が効率が良くなる。



・・・う う~んん

イロイロ見ていっても 太陽が 昔 我が家のペットだったことは
  載ってないね!  ざんねん・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加