ウィーンとパリと好きなカンジ

Tripper Archives X (ウィーンとパリと酔眼写真)

ウィーンの壁

2017-05-26 09:24:59 | VIENNA

雨で冷涼薄暗い東京の今朝であります。  なのに起き抜けの気分は爽快、っま、いいではないの。  ◇ ウィーン市庁舎からリングを挟んで建つ不思議な高台の一画で好きなカンジの壁や屋根。  ↓ まだある先斗町スナップ。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 花飾りウィーン | トップ | ウィーン季節外れ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (火星ちゃん)
2017-05-26 11:18:12
同じ屋根裏部屋の窓でもパリとは趣が違うような気がしますね。壁の飾りも素敵ですね。
今住んでいる大阪と、京都は全く別の国のような気がします。仕事や遊びで月に数回は行くのに行くたびに旅行気分が味わえます。電車で30分なのに。
Re:火星ちゃん (大泡喰)
2017-05-27 07:50:31
おはようさん。
ウィーン、直行便が廃止されてしまって、ますます遠くなってしまいました。
都内でも少し移動すれば日常と異なる町並み、風景があると思うのですが、
ここ何年も出不精が祟って..勿体ないですが。
大阪も長いこと行ってませんが、以前は京都同様仕事がらみで時々泊まりました。
大阪の場合は現地の「代理店」がガイド役で却って不自由だった記憶。
自由に歩き回るのが一番の楽しみでしたから。
インディアンカレーが妙に懐かしいカンジ。
Unknown (火星ちゃん)
2017-05-27 10:31:23
インディアンカレー、今でもありますよ。大阪はあまり店が変わらないので、グルメガイド的な雑誌が売れないと聞いたことがあります。大学なども通える範囲で済ませ、子供の頃から年を取るまで住み続ける人が多いせいかもしれません。
Re:火星ちゃん (大泡喰)
2017-05-28 07:38:37
おはようさん。
インディアンカレーはなかなか不思議ながら味わい深い食べ物でありました。
いわゆる「レトロな雰囲気」の食堂、オバサンが「卵を混ぜて..」と教えてくれたっけ。
...昔の事は不思議と自然に思い出せるもんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む