ウィーンとパリと好きなカンジ

Tripper Archives X (ウィーンとパリと酔眼写真)

ウィーンの朝

2017-05-06 09:07:53 | VIENNA

深紅の柴漬と泡がイケル週末東京五月の朝であります。  昨日の夜食は心太だったし、夕餉のスターターは胡麻豆腐だったし、主菜は若竹煮と蕗だったし、人生脂抜き中的。  っつーのも、木曜の昼休みがトリハダスナギモボンジリ塩で各弐本だったし、昨日の昼休みはラムの端肉と舌の煮込みだったりしてハタラキの割に栄養充分的だったからね。  っで、今宵辺り手羽中塩焼きなんか所望なう。  ◇ 五月のウィーン、午前八時頃の陰影。   今朝の一泡と玄関先、藤は通りを隔て向かいのお宅の借景。





『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ポンヌフの夜 | トップ | パリ・アスパラ頃 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (white)
2017-05-06 11:54:34
いやぁ〜参りました。
五月の朝のひと泡、、
柴漬けを肴に黄色のプレイスマット
切子のグラス、、栓抜きにもこだわりがあり、、
行列街中を避けて懸命な至福の時間でありますね。

我が家は少し咲き出したバラ園でカフェラテとクロワッサンをベンチで楽しんだ朝でした。
ウィーンの朝 (sachertorte)
2017-05-06 21:12:41
柴漬け、京都のおみやげですね。いま、こんな風に明かりが入るお玄関は珍しくなっています。↓ポンヌフと先斗町、どちらもよろしゅおすな~(言葉が出てこず)要するに、泡喰い様の手にかかるとこのようになるんでございますね。一週間も京都の路地をお歩きになって、また続編、お願い申します。
Re:white さん、 (大泡喰)
2017-05-07 08:09:26
おはようさん。
柴漬けが意外なほどビールに合ったのであります!
急遽撮ったので日頃の無精が丸見えで、夕べ泡盛を飲んだグラス、
そのまま朝、冷やした水で薬を飲んで、次いでビールですから..
でもこれが嬉しいですけど。

昼は美味しくないけど12時からやっている老舗で泡弐杯、ポテサラ、ハツ・ネギ・カシラ...1570円。
Re:sachertorte,さん (大泡喰)
2017-05-07 08:16:49
おはようさん。
四条、高島屋の向かいの路地に昔時々土産を買いに行った漬物屋。
でも、二十数年ぶりに行ったら周囲が開発されて、妙な風俗店とか
すっかり様子が変わって焦りました。
でも、漬物屋は健在でヨカッタヨカッタ。

京都、味を占めて再訪を企てましたが、なんと!宿が取れません。
今回は運がよかったみたいです。

コメントを投稿

VIENNA」カテゴリの最新記事