ウィーンとパリと好きなカンジ

Tripper Archives X (ウィーンとパリと酔眼写真)

焼栗屋台と少女

2017-07-31 08:02:52 | GRAZ

バイウゾンビ一時洗濯休戦のやうなまた来た週明け東京の今朝であります。  この際だからと何でも洗濯機に詰め込み一戦、脱水、濡れ縁の物干しに陳列完。  乾くまで休戦協定守るやうに。  ◇↑↓ 昨日季節感が乱れ焼栗写真だったから今日ももっと乱れて焼栗屋台、冬の夜のグラーツ駅前で。


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 焼栗の候 | トップ | サンジェルマンの焼栗屋台 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (火星ちゃん)
2017-07-31 10:20:17
まるでファンタジー映画の1シーンのようですね!本当に毎日暑くて疲れますね。でも秋の気配が感じられる頃になるとなぜかちょっと寂しい気分になるんですよね。今日も頑張って働きます。
Re:火星ちゃん (大泡喰)
2017-08-01 08:29:24
おはようさん。
ウィーンに帰ろうとグラーツ駅に戻ったのですが、列車時間に少し早すぎました。
駅周辺で時間潰しをしていたら、シャッターチャンスに遭遇!..です。

秋は涙と涎の季節....ため息と、ゲップ(失礼).も。
Unknown (sachertorte)
2017-08-01 10:37:09
何となく東欧っぽいですね、グラーツ。緑のトラムのこんな傍に焼き栗やの屋台があるのですね。トラムは気楽に乗れていいです。ウィーンに泊まってあちこち地方にお出かけも楽しそう。
Re:sachertorte,さん (大泡喰)
2017-08-02 07:36:04
おはようさん。
クリスマスシーズンのグラーツ、「行っただけ、チョット徘徊だけ」の往復でした。
まぁこんなシャッターチャンスがありましたけど。

拙者、不精な観光客なので、移動はチョット苦手です。
特に異国の交通機関は行き先、停車駅、その他のシステムなどイマイチ不安。
そもそも観光情報を調べるのが面倒だし。
成る可く時間に余裕を持って、先ずは駅に行って、各種再確認をして..待機時間たっぷり。
それでも指定席に先客がいたり、行き先が急遽変更されたり、運行打ち切りになったり。
まぁ致命的な「行き止まり」が無かったから今も家に居られるのですが...!??
それが一カ所長期滞在、住み込み旅行の理由かも。

コメントを投稿

GRAZ」カテゴリの最新記事