お寺ふぁん・続

写真撮ってきたから見て~♪ 程度の記事書いてま~す!

矢田寺 古都睥睨 あじさい うなぎみしまや

2017-06-10 15:55:27 | 日記

矢田寺 古都睥睨 あじさい うなぎみしまや

 

 

 今週の首都圏、どうだったでしょう。

 6月5日夕刻 新幹線随分ゴウゴウいうなと思ったら大雨、雷さん付きでした。

 

 新横浜を過ぎると雨上がり、空が紅いです。

 

 西に向かうと明るい空です。山は豪雨かな?

 明日からどんな天気でしょう・・・

 

 土曜、奈良の矢田寺を訪ねます。あじさいです。

 池を渡る橋。此岸、彼岸でしょうか?

 

 

 風情はあるんですが、いたみが激しいですね。

 

 古都を睥睨します。 ”わり~ご、いねが~!”

 

 信貴山に続いてここでもトラ発見ですね。 オスで人なれは今一です。

 

 お店なら”のれん” 短い幔幕とでもいうのかな、これを揺らす風が心地よいです。

 

 

 やまぼうしですよね。

 

 

 すずが落ちています。

 まだ沢山抱えていますね。

 

 

 やはり山の高さでしょうか? 沙羅はまだつぼみです。

 

 秋にはまた違う表情になるんでしょう。

 

 雨が欲しいような好天です。

 

 つづら折りの長い石段を上るとここに出てきます。

 逆に歩いて来ました。

 

 

 この方向、構成美がいいですね。

 

 さくらも良さそうです。

  矢田寺は矢田丘陵にある寺ということでそう通称されますが、正式名称は矢田山金剛山寺というそうです。

 

 

 

 

 なんだか懐かしいような細道です。

 

 この蕎麦のような花は?

 

 食べられる? 毒?

 食えるけど、まったくうまくないと聞いたことあり、ま~何か食わなきゃ死ぬといわれない限り食わないな~

 

 古都を見下ろすけど、あまり視界は開けないですね。

 

 はらへた~。(´ρ`)。

 天理まで走ってうなぎやさんを覗きます(^¬^)。

 

 いたらきま~ふ(^^)

 ごはんにしっかりたれが・・・

 東のうなぎと西のうなぎ。

 蒸しのあるなしでかなり違ったものになりますね。

 こちら皮目パリパリ香ばし、身ふっくらです。

 滋味強~い、それを軽くしびれを感じるくらいの山椒で頂きます。

 不動心は結構なことでしょうが、お客はどんどん動いてもらいたいと思いながら待ちました。

 

 ごちそうさま!

 

 すぐ後ろに天理教の”お寺”? ですね。

 本当はそんなすぐというほど近くないでしょう。とにかく大きい施設です。

 残念ながら、教えも全体規模も知りません。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あじさい GINZA | トップ | 豊後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。