お寺ふぁん

写真撮ってきたから見て~♪ 程度の記事書いてま~す!

成田山第36回雅楽演奏会 うなぎ

2016-10-16 | 日記

 おや! お客さんですね・・

 

 

  季節ですか。 少々肌寒い加減です。

 もう半袖ということもできませんね。

 少し厚めの生地を羽織って成田に出ましょう。

 11時前、もうお客さん入っていますね。

 今ならゆったりでしょうけど、終わってからにしましょう。

 

 

  別の店も仕込み真っ只中ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 七五三? いや、今日はもう一方の方ですね。

 

 朝の肌寒さから一転、好天になってきました。

 グッドですが、こうなると服が問題ですね。荷物になってしまいます。 入れられるバッグにすればよかったな~

 

 

 

 

 まだ時間があるので公園を回って行きましょう。 予定の行動ですけどね・・・

 

 

  駅に「紅葉まつり」が予告されていました。 まだ全然ですね。 しかし、この島だけ少し早いんですね。

 

 

 

  飛行機の発着音が途切れません。

 どこに飛ぶんでしょうか? やっぱりどうしても一度発着を撮りに行かないといけませんね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ここからの視点はいいですね。 しかし、ここに立っていると鯉に怒られてしまいます。 ”えさくれないんだったら行けよ!”

 

 

 淡いですが、落葉がひらひらと舞うのは季節ですね。

 

 

  アザミっていまだったですかね・・・?

 

  リアルニャースが油断なく監視しています。 冬肉?結構脂のってます。

 

  柿は”一足お先” ですね。

 

 ちょっとした事件。

 トンボが飛んでたんです。

 水にとまろうとしたんでしょうか・・? そりゃちょっと無理でしょう、呑まれてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  ほんのり秋です。

 

 

 

 

 

 額堂。 補修が終わってたんですね。

 

 

 

 

 

  百日紅ももう見ごろ過ぎですかね。

 

 

 会場に入りましょう。

 

  わ~ 開演13時、開場12時に来たのに結構な人数が並んでますね。

 

 今日の演目は、

 【管弦】

   太食調音取

   傾盃楽急

   輪鼓褌脱

 【舞楽】

   五常楽 (左方)

   落蹲  (右方)

 

 私は、ど素人でおこがましくて批評なんかとてもとても・・です。

 しかし、今回は随分気合入っていますね。 大きなメンバー変更なり、”先生” が変ったんでしょうか。

 迫力がまるで違います。 曲調?

 ・・・まだこなれていないような気はするんですけどね。

 

 舞楽にしても左方四人舞は若くて何かぎこちなさを感じましたが、右方はこなれてますね。

 今までで一番見ごたえがあった感じです。

 

 

 

  ”ありがとうございました・・!” ってところでしょうか・・

 お開きです。

 

 

 建物内部。 宗教装飾の融合でしょうか? ステンドグラスですね。

 

 

  腹減った~ (××;)  ってまだ煙いっぱいですね。 お客さん多いんだ。

 

 

 うなぎ。 サーモンピンクじゃなくてうなぎピンク? きれいなんですよね。

 

 

 店に入るとやたら忙しそうに仕切っているおばはんがいます。きっとえらい人でしょう。

 やな予感。

 こんな笑顔もなく仕切っていそうなおばはんって実は仕切っているというより、現場を混乱させてるだけってことがあるんですよね。えらいからだれも何も言えないし・・・

 ・・・ほら、予感当たり。 自分が案内したのに後からの客に気を奪われておいらのことすっかり見落としてる。

 ”後からの人が食べ始めたよ~!” 食券回収遅れたからね・・・

 だけど気をま~るく・・折角のうなぎが台無しになってしまうからね・・・

 

 やっぱしうみゃ~な~

 

 

 秋の一日でした。 充実!

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山 北野山真福寺宝生院... | トップ | 東京河川散歩 青龍山浄光寺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。