five minutes

ザスパクサツ群馬の話題を中心に書いています。

2017年 第19節: 群馬 0-2 松本

2017-06-18 23:55:20 | Weblog
後味の悪い敗戦



群馬 0-2 松本

(4勝1分14敗:21位 得点:なし)



草津町でのミニキャンプを行ったザスパ。
例年のようにここからのブーストを期待したいところだが、頼みの綱であるカンスイル選手が足に違和感を訴えて出場を回避。
山岸選手を前線に置き、ボランチには松下選手が先発という布陣で挑む。
前半は、その山岸選手の奮戦もあり、非常によい攻撃が組み立てられていた。
裏を取る動き、ボールを受けるための動き、ボールを持つ選手を追い越す動きなどが機能し、厚みのある攻撃が展開出来ていた。
しかし守備面では目立ったか改善は見られず、ひやりとする場面も多くあり、結果としてPKを与えてしまう。
これをGK清水選手一度は弾いたものの詰められて失点。前半を終える。
後半ザスパの様子が一変、意思疎通が出来ていないようなプレーが繰り返される。
松本側が対策してきたというのもあるだろうが、見ていてもチームとしてないがしたいのか伝わってこない。
ゴール、シュートはおろか、チャンスに繋がりそうな気配も感じられなくなり、選手交代も効果なし。
セットプレーからの流れで追加点を奪われ、0-2の敗戦。
試合後、主審への異議で山岸選手が一発レッドで退場。
なんとも後味の悪い試合となってしまいました。

この退場劇について、私は山岸選手を擁護いたしません。
いらぬ行為による無駄な退場と思います。
この試合、たしかに主審のジャッジはあやふやでした。
しかしそれも含めてのゲームです。そういう部分も考えた上で行動しなければ結局損をするのは自分たちです。
次節、山岸選手の出場停止がチームにどのような影響をもたらすか。
カンスイル選手の状態も合わせて、非常に心配です。



第19節結果:
群馬  0-2 松本
福岡  3-1 名古屋
水戸  3-1 千葉
横浜FC 0-1 山形
東京V 3-3 愛媛
湘南  1-0 京都
金沢  3-2 山口
岡山  1-1 岐阜
徳島  3-0 熊本
長崎  0-0 町田
大分  2-1 讃岐



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 福岡  37 19 11  4  4 29 16  13
 2 湘南  37 19 11  4  4 22 16   6
 3 横浜FC 32 19  9  5  5 27 15  12
 4 長崎  32 19  9  5  5 26 21   5
 5 山形  32 19  8  8  3 18 15   3
 6 東京V 31 19  9  4  6 27 17  10
 7 水戸  31 19  8  7  4 24 18   6
 8 名古屋 31 19  9  4  6 32 28   4
 9 愛媛  31 19  9  4  6 27 23   4
10 徳島  30 19  8  6  5 24 18   6
11 大分  29 19  8  5  6 25 22   3
12 松本  26 19  7  5  7 24 14  10
13 岡山  26 19  7  5  7 19 24  -5
14 京都  25 19  6  7  6 25 23   2
15 千葉  24 19  6  6  7 25 27  -2
16 岐阜  23 19  5  8  6 26 26   0
17 町田  23 19  5  8  6 22 22   0
18 金沢  19 19  5  4 10 17 32 -15
19 熊本  15 19  4  3 12 18 33 -15
20 讃岐  13 19  2  7 10 18 29 -11
21 群馬  13 19  4  1 14 14 36 -22
22 山口  10 19  2  4 13 15 29 -14
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 第18節: 山形 1... | トップ | 天皇杯2回戦 山口 1-2... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む