five minutes

ザスパクサツ群馬の話題を中心に書いています。

2017年 第15節: 讃岐 1-2 群馬

2017-05-21 23:36:10 | Weblog
最下位脱出!



讃岐 1-2 群馬

(3勝1分11敗:21位 得点:高井、岡田)



裏天王山。逆転で最下位脱出。

連戦の疲れ、暑さの中のデーゲームで後半のガス欠が心配でしたが、上手くゲームをコントロールし勝利。
もちろん危なっかしい部分もありはしたけれど、いまは結果が出ていることが重要と思います。
下位同士の連戦を連勝で終え、最下位を脱出。降格圏外さえ見てきました。

しかしここからは上位との対戦が続きます。
ここまでの3勝はいずれも下位を相手にした勝利。
この先、上位にどれだけ食らいついて勝ち星を拾って行けるかが問われるところ。
勝ちに奢らず、次の一勝を目指してほしいと思います。



第15節結果:
讃岐  1-2 群馬
松本  1-2 湘南
金沢  0-5 福岡
岡山  2-1 横浜FC
山形  3-2 山口
水戸  1-1 徳島
東京V 1-2 京都
町田  2-2 大分
愛媛  1-2 名古屋
千葉  1-1 熊本
岐阜  4-4 長崎



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 福岡  30 15  9  3  3 22 11  11
 2 湘南  30 15  9  3  3 19 14   5
 3 横浜FC 28 15  8  4  3 23 10  13
 4 名古屋 28 15  8  4  3 26 19   7
 5 東京V 26 15  8  2  5 21 11  10
 6 大分  24 15  7  3  5 20 16   4
 7 長崎  24 15  7  3  5 23 20   3
 8 愛媛  24 15  7  3  5 18 15   3
 9 徳島  23 15  6  5  4 18 16   2
10 山形  22 15  5  7  3 14 14   0
11 岐阜  20 15  5  5  5 23 21   2
12 京都  20 15  5  5  5 19 19   0
13 千葉  20 15  5  5  5 19 20  -1
14 松本  19 15  5  4  6 17 12   5
15 水戸  19 15  4  7  4 15 15   0
16 町田  18 15  4  6  5 18 18   0
17 岡山  18 15  5  3  7 14 21  -7
18 熊本  15 15  4  3  8 16 23  -7
19 金沢  13 15  3  4  8 11 23 -12
20 山口  10 15  2  4  9 13 23 -10
21 群馬  10 15  3  1 11 11 30 -19
22 讃岐   9 15  1  6  8 14 23  -9

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第14節: 群馬 2-1 山口

2017-05-17 22:22:59 | Weblog
ホーム初勝利



群馬 2-1 山口

(2勝1分11敗:22位 得点:高井、カン)



水曜開催の連戦で大幅にスタメンを変更してきたザスパ。
一見4バックに見えるメンバーに戸惑うが始まってみればいつもの3バック。
守備的な選手が少ないことに不安を覚えるも、カンスイル選手を筆頭に各選手が前線から守備に走っていました。

前半終了間際に、岡田選手、カンスイル選手とつながり最後は高井選手!
前線の3選手が連動し流れの中からきれいな得点でした。

後半にはカンスイル選手の初ゴール。
高橋選手からのクロスにきれいにマークを外してフリーでヘッド。
ゴールだけでなく、骨惜しみなく走り周り、連携も良かったですね。

しかし2点めの直後、山口のキックオフからパスを回され、一度もボールに触れることなくあっという間に失点。
こういう緩みというか脆さはまだまだ。
GK清水のファインプレーがなければ、あるいはもう少し山口に決定力があったら、今日の勝利はなかったかもしれません。

どうにかホームで初勝利。
歓喜というより安堵の勝利ですね。
降格圏脱出を狙うには超えなければならない20位山口との直接対決を制したことは大きな勝利といえます。
これにより次節・讃岐との対戦で最下位脱出の可能性が見えてきました。



第14節結果:
群馬  2-1 山口
山形  1-0 松本
湘南  0-3 福岡
名古屋 2-1 町田
岐阜  1-2 熊本
京都  1-1 水戸
徳島  1-1 金沢
愛媛  2-0 岡山
長崎  2-1 大分
東京V 3-0 千葉
横浜FC 2-1 讃岐



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 横浜FC 28 14  8  4  2 22  8  14
 2 福岡  27 14  8  3  3 17 11   6
 3 湘南  27 14  8  3  3 17 13   4
 4 東京V 26 14  8  2  4 20  9  11
 5 名古屋 25 14  7  4  3 24 18   6
 6 愛媛  24 14  7  3  4 17 13   4
 7 大分  23 14  7  2  5 18 14   4
 8 長崎  23 14  7  2  5 19 16   3
 9 徳島  22 14  6  4  4 17 15   2
10 松本  19 14  5  4  5 16 10   6
11 岐阜  19 14  5  4  5 19 17   2
12 千葉  19 14  5  4  5 18 19  -1
13 山形  19 14  4  7  3 11 12  -1
14 水戸  18 14  4  6  4 14 14   0
15 町田  17 14  4  5  5 16 16   0
16 京都  17 14  4  5  5 17 18  -1
17 岡山  15 14  4  3  7 12 20  -8
18 熊本  14 14  4  2  8 15 22  -7
19 金沢  13 14  3  4  7 11 18  -7
20 山口  10 14  2  4  8 11 20  -9
21 讃岐   9 14  1  6  7 13 21  -8
22 群馬   7 14  2  1 11  9 29 -20

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第13節: 群馬 0-3 愛媛

2017-05-13 23:59:59 | Weblog
流れを変える力



群馬 0-3 愛媛

(1勝1分11敗:22位 得点:なし)



昨日加入発表となったカンスイル選手が早速先発出場。
身体能力の高さ、個人で打開できる能力を見せつける。
チーム自体もいい感じで機能しており、ワクワクする展開だったものの無得点で前半終了。

後半愛媛が修正を加えてくると形勢逆転。防戦一方。
期待のカンスイルも孤立してしまえばその能力も発揮できず。
いつものガス欠も手伝ってあっというまに3失点。
早めの交代策も前線の連携は悪化し、全体の守備力は落ちる。
毎試合繰り返される敗因は一向に変わらず。

悪い流れを変えられた愛媛と、流れが悪くなってもブレずに続けるしか策のない群馬の差が如実に出た一戦。



第13節結果:
群馬 0-3 愛媛
山口 1-1 京都
水戸 0-0 横浜FC
松本 1-1 町田
讃岐 0-0 東京V
福岡 1-0 岡山
大分 4-1 名古屋
千葉 5-0 長崎
金沢 1-1 山形
徳島 1-1 岐阜
熊本 0-1 湘南



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 湘南  27 13  8  3  2 17 10   7
 2 横浜FC 25 13  7  4  2 20  7  13
 3 福岡  24 13  7  3  3 14 11   3
 4 東京V 23 13  7  2  4 17  9   8
 5 大分  23 13  7  2  4 17 12   5
 6 名古屋 22 13  6  4  3 22 17   5
 7 徳島  21 13  6  3  4 16 14   2
 8 愛媛  21 13  6  3  4 15 13   2
 9 長崎  20 13  6  2  5 17 15   2
10 松本  19 13  5  4  4 16  9   7
11 岐阜  19 13  5  4  4 18 15   3
12 千葉  19 13  5  4  4 18 16   2
13 町田  17 13  4  5  4 15 14   1
14 水戸  17 13  4  5  4 13 13   0
15 京都  16 13  4  4  5 16 17  -1
16 山形  16 13  3  7  3 10 12  -2
17 岡山  15 13  4  3  6 12 18  -6
18 金沢  12 13  3  3  7 10 17  -7
19 熊本  11 13  3  2  8 13 21  -8
20 山口  10 13  2  4  7 10 18  -8
21 讃岐   9 13  1  6  6 12 19  -7
22 群馬   4 13  1  1 11  7 28 -21
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カン・スイル選手加入! イ・ガンウ選手契約解除...

2017-05-12 23:59:59 | Weblog
ずっと話題になっていたカンスイル選手、ようやく加入発表となりました。
その経歴を見ると能力の高さと過去の素行が気になるところですが、ザスパを再起の場として頑張って欲しいと思います。

一方でイ・ガンウ選手は契約解除。
すでに韓国に帰国したとのこと。
昨年の活躍で今季の攻撃陣の一角を担うものと思っていましたが出場機会のないままだったこと、非常に残念に思います。
ぜひとも母国での活躍を。


もはや毎度のことになってしまいましたが、選手加入のために誰かを契約解除にする、というのはね。
加入を喜ぶよりも、去る選手への申し訳無さばかりが強く心に残るので、気持ち良いものではありませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第12節: 熊本 2-1 群馬

2017-05-07 23:59:59 | Weblog
今季初勝利!



熊本 2-1 群馬

(1勝1分10敗:22位 得点:チェ・ジュンギ、高井)



いやあ...勝つってこんなに嬉しいことだったんだ。
どんなに負け続けていても、これがあるから止められない。

セットプレーから先制するも、後半20分すぎに失点。
またいつものパターンかと思ったけれど、選手たちは最後まで諦めなかった。
後半ロスタイム、ラストプレーでの得点で今期初勝利!

3バックの一角に市川選手、パク・ゴン選手がボランチに入る布陣。
これにより守備の強化を狙った様子。
一定の効果は出たもののまだまだ不安定な部分も多く、清水選手のファインセーブに何度となく助けられる展開。
攻撃陣は今節も高井選手はベンチスタート。岡庭選手に代わり高橋選手が左の2列めに入りました。
サイドを縦に破りボールを引き出す動き、ペナルティエリアを横へドリブルしてシュート、と高橋選手らしいプレーをワクワクしてみていました。
最後に決めたのは途中出場の高井選手でしたが、この試合選手たちの勝利への執念で掴んだものと思えました。


とはいえ、まだわずか1勝。
降格圏を抜けるにはあと勝ち点が6必要です。
勝って兜の緒を締めて、次はホームでの勝利を期待しています。



第12節結果:
熊本  1-2 群馬
松本  0-1 福岡
金沢  2-1 千葉
長崎  0-0 水戸
山形  0-0 名古屋
岡山  3-2 徳島
東京V 1-1 横浜FC
町田  0-0 湘南
岐阜  1-2 大分
京都  1-0 讃岐
愛媛  2-1 山口



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 横浜FC 24 12  7  3  2 20  7  13
 2 湘南  24 12  7  3  2 16 10   6
 3 名古屋 22 12  6  4  2 21 13   8
 4 東京V 22 12  7  1  4 17  9   8
 5 福岡  21 12  6  3  3 13 11   2
 6 長崎  20 12  6  2  4 17 10   7
 7 徳島  20 12  6  2  4 15 13   2
 8 大分  20 12  6  2  4 13 11   2
 9 松本  18 12  5  3  4 15  8   7
10 岐阜  18 12  5  3  4 17 14   3
11 愛媛  18 12  5  3  4 12 13  -1
12 町田  16 12  4  4  4 14 13   1
13 水戸  16 12  4  4  4 13 13   0
14 千葉  16 12  4  4  4 13 16  -3
15 京都  15 12  4  3  5 15 16  -1
16 山形  15 12  3  6  3  9 11  -2
17 岡山  15 12  4  3  5 12 17  -5
18 熊本  11 12  3  2  7 13 20  -7
19 金沢  11 12  3  2  7  9 16  -7
20 山口   9 12  2  3  7  9 17  -8
21 讃岐   8 12  1  5  6 12 19  -7
22 群馬   4 12  1  1 10  7 25 -18

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第11節: 群馬 0-2 岐阜

2017-05-03 23:59:59 | Weblog
遠い一勝



群馬 0-2 岐阜

(0勝1分10敗:22位 得点:なし)



いつのまにか勝利を期待しなくなっていることに気づいた。
この戦い方ならば勝てる、と思える試合を見たい。
それがいまの願い。
それができていないのがいまの現実。



第11節結果:
群馬  0-2 岐阜
長崎  3-0 岡山
山形  0-0 水戸
讃岐  1-1 千葉
大分  0-0 松本
東京V 2-1 金沢
町田  2-1 熊本
名古屋 1-1 京都
湘南  1-0 山口
徳島  2-1 福岡
横浜FC 4-0 愛媛



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 横浜FC 23 11  7  2  2 19  6  13
 2 湘南  23 11  7  2  2 16 10   6
 3 名古屋 21 11  6  3  2 21 13   8
 4 東京V 21 11  7  0  4 16  8   8
 5 徳島  20 11  6  2  3 13 10   3
 6 長崎  19 11  6  1  4 17 10   7
 7 松本  18 11  5  3  3 15  7   8
 8 岐阜  18 11  5  3  3 16 12   4
 9 福岡  18 11  5  3  3 12 11   1
10 大分  17 11  5  2  4 11 10   1
11 千葉  16 11  4  4  3 12 14  -2
12 町田  15 11  4  3  4 14 13   1
13 水戸  15 11  4  3  4 13 13   0
14 愛媛  15 11  4  3  4 10 12  -2
15 山形  14 11  3  5  3  9 11  -2
16 京都  12 11  3  3  5 14 16  -2
17 岡山  12 11  3  3  5  9 15  -6
18 熊本  11 11  3  2  6 12 18  -6
19 山口   9 11  2  3  6  8 15  -7
20 讃岐   8 11  1  5  5 12 18  -6
21 金沢   8 11  2  2  7  7 15  -8
22 群馬   1 11  0  1 10  5 24 -19
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

危機感のなさを示す「おしらせ」

2017-05-02 21:34:00 | Weblog
ザスパクサツ群馬を愛する皆さまへ



名古屋戦のあとサポーターと約束した残留へ向けた宣言。
約束した期日までにサイトに掲示されました。
よかった、よかった。
ただし掲示されたのは、「宣言」ではなく単なる「おしらせ」でした。

求められていたのは「宣言」だったはずです。
「絶対に残留させる!」という熱い魂がまるっきり感じられないまるでビジネス文書のようなのが出てくることに、フロントの危機感のなさを感じてしまいます。

社長の言う「努力」とか、監督の言う「責任」とか。どうしようもなく軽く聞こえるんですよ。
先人たちがどんな思いでザスパを立ち上げ、どんな苦難や危機を乗り越えて、どんな思いでJ2の舞台へたどり着いたか、ぜんぜん分かっていないんだろうなぁ。
そういう人たちにクラブのピンチを委ねなければならない現実に歯がゆいものを感じますよ。
社長、GM、監督。三人そろって一度草津へ行ってその歴史をきちんと学んできたらどうですか。
短いなりにそれなりに濃い歴史があるんだから、しっかりと学んだ上で言葉を発してください。
そうすればきっと、努力とか責任とか、そんなぬるい逃げ口上ではなく、「絶対に残留させる!」という強い宣言が出てくるはずです。

別に努力して欲しいわけでも、責任をとってほしいわけでもないんですよ。
J2に残留して欲しいんです。このクラブの灯を消してほしくないんです。


今回の「おしらせ」は、如何に社長がサポーターの熱い想いが分かっていないかを「宣言」しただけでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡庭選手、プロ契約!

2017-05-01 23:59:59 | Weblog
【トップチーム】岡庭 裕貴選手 プロ契約へ変更のお知らせ


岡庭選手、プロ契約おめでとう!
いや、ここまでの活躍から考えれば当然の契約ですよね。
チームは低迷していますが、そんな中で才能を開花させる選手がいてくれることが心の支えになっています。
さらなる活躍を期待しています。

...で、もちろん複数年契約だよね??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第10節: 群馬 1-4 名古屋

2017-04-29 23:50:49 | Weblog
続かず



群馬 1-4 名古屋

(0勝1分9敗:22位 得点:山岸)



前半は良い試合内容だったと思います。
先制ゴールも生まれた。
でもそれが90分は続かない。
あれだけ絶え間なく走り続けるのだから、それも無理はないでしょうね。
失点の場面ではチーム全体がボヤッとした感じで、足が止まっている選手も何人か。
攻撃を受けているのを直ぐ側で見ていながら足が止まっているってのは、相当に集中力か体力がかけてしまっているのでしょうね。
前半はとても良かったけれど、その戦い方では90分は無理。
主導権を握っているときに緩急をつけるなり、後半に戦い方を切り替えるなり、もう一歩戦い方を深めないと難しいように思います。
もっとも、山岸選手と松下選手が本来あるべきポジションに戻ってきたばかり。
チームとしてはようやくスタート地点に帰ってきたようなものですから、戦い方を深めるにはまだ時間がかかりそうに思えています。

しかしこれで0勝1分9敗。
リーグは4分の1が終わってしまいました。
もはやJ1昇格なんて考えている人はいないでしょうし、みなが揃ってJ2残留を見据えている状況です。
まだ4月だというのに。危機は深まるばかりです。
試合後はサポーターがゴール裏に居残り、クラブ側に説明を求めました。
具体的なことを言えない立場なのはわかりますが、判で押したような回答を繰り返すばかりの社長の言葉からは、こちらの気持ちとの大きな温度差を感じずにはいられませんでした。



第10節結果:
群馬 1-4 名古屋
岡山 0-2 湘南
山口 0-3 長崎
愛媛 2-0 山形
水戸 3-2 町田
福岡 1-0 東京V
大分 1-3 京都
千葉 2-0 徳島
熊本 1-4 横浜FC
松本 4-0 讃岐
岐阜 1-0 金沢



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 横浜FC 20 10  6  2  2 15  6   9
 2 名古屋 20 10  6  2  2 20 12   8
 3 湘南  20 10  6  2  2 15 10   5
 4 東京V 18 10  6  0  4 14  7   7
 5 福岡  18 10  5  3  2 11  9   2
 6 松本  17 10  5  2  3 15  7   8
 7 徳島  17 10  5  2  3 11  9   2
 8 長崎  16 10  5  1  4 14 10   4
 9 大分  16 10  5  1  4 11 10   1
10 岐阜  15 10  4  3  3 14 12   2
11 愛媛  15 10  4  3  3 10  8   2
12 千葉  15 10  4  3  3 11 13  -2
13 水戸  14 10  4  2  4 13 13   0
14 山形  13 10  3  4  3  9 11  -2
15 町田  12 10  3  3  4 12 12   0
16 岡山  12 10  3  3  4  9 12  -3
17 京都  11 10  3  2  5 13 15  -2
18 熊本  11 10  3  2  5 11 16  -5
19 山口   9 10  2  3  5  8 14  -6
20 金沢   8 10  2  2  6  6 13  -7
21 讃岐   7 10  1  4  5 11 17  -6
22 群馬   1 10  0  1  9  5 22 -17

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善意を無にする赤字

2017-04-27 23:59:59 | Weblog
株式会社草津温泉フットボールクラブ第14期定時株主総会開催のご報告


株式総会が開かれ、草津温泉フットボールクラブは赤字を発表。
赤字は容認できない。 絶対に容認できない。

このクラブは市民からの募金を募って体制を維持したのです。
多くの方から寄せられた募金ですよ。 クラブの維持を願う善意ですよ。
このクラブは募金を募ったときから、二度と資金面で問題を起こさないこと、要するに赤字を出さないことが絶対的なミッションになったはずです。

草津温泉フットボールクラブの資金は、募金という名の善意そのものです。
黒字ならば積極投資は歓迎ですが、赤字のそれは善意を無にする単なる散財です。
資金が足らないのならば、売上を増やしてから投資すべきです。
それが募金を募った会社の社長が示すべき方向性のはずです。

社長、考えが軽すぎませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加