five minutes

ザスパクサツ群馬の話題を中心に書いています。

2017年 第24節: 群馬 1-1 熊本

2017-07-23 21:03:59 | Weblog
4バック!



群馬 1-1 熊本

(4勝2分18敗:22位 得点:山岸)



新加入のヨ・ソンヘ選手を起用し、CB3人を韓国選手で揃えてきたかに見えた今節のザスパ。
しかし始まってみれば、なんと4バック。
守備能力の高いパク・ゴン選手と松下選手の二人がボランチを組むことで、セカンドボールが拾え攻撃が単発で終わらずに続きましたし、相手にボールを持たれても中盤で奪い返すことが出来ました。
ボランチの守備が頼りになることで、前線は無理な守備をする必要がなく攻撃に集中できたように思えます。
役割がはっきりしたためか、ボールもよく周り、人も連動し、小気味良い試合運びでした。
欲を言えば、4バックで相手の虚を突いた前半のうちに1点とっておきたかったですね。
それでも後半に、攻守に躍動していた舩津選手からのクロスに、ファーへ流れた山岸選手がヘディングで合わせ、先制。
勝利への期待が膨らみますが、徐々に選手たちの疲れも目立ち始めます。
交代を期待したいところでしたが、采配で先手を取ったのは熊本。
コーナーキックからの落としが相手に渡ってしまい、スピードで一気にぶっちぎられるカウンターで失点。
途中出場の熊本・嶋田選手のスピードを止められませんでした。
またも采配が後手に回ったザスパは、勝ち切ることが出来ず辛くも引き分け。
4バックという大きな変化はあったものの、まだまだ変えてゆかないと行けない部分があるようです。



第24節結果:
群馬  1-1 熊本
山形  3-0 湘南
千葉  2-0 金沢
松本  2-1 愛媛
岐阜  0-2 町田
京都  3-1 名古屋
東京V 3-3 讃岐
横浜FC 2-1 長崎
大分  0-0 水戸
岡山  2-1 山口
福岡  0-1 徳島



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 湘南  47 24 14  5  5 27 20   7
 2 福岡  46 24 14  4  6 34 20  14
 3 徳島  43 24 12  7  5 38 21  17
 4 長崎  41 24 12  5  7 31 25   6
 5 横浜FC 38 24 11  5  8 33 23  10
 6 名古屋 37 24 11  4  9 37 35   2
 7 岡山  37 24 10  7  7 28 28   0
 8 松本  36 24 10  6  8 32 19  13
 9 東京V 36 24 10  6  8 35 29   6
10 千葉  36 24 10  6  8 41 36   5
11 水戸  36 24  9  9  6 28 26   2
12 町田  35 24  9  8  7 33 27   6
13 大分  35 24  9  8  7 32 28   4
14 山形  35 24  9  8  7 23 27  -4
15 京都  32 24  8  8  8 33 31   2
16 愛媛  32 24  9  5 10 31 34  -3
17 金沢  28 24  8  4 12 26 39 -13
18 岐阜  26 24  6  8 10 33 38  -5
19 熊本  23 24  6  5 13 26 38 -12
20 山口  19 24  5  4 15 24 34 -10
21 讃岐  14 24  2  8 14 26 42 -16
22 群馬  14 24  4  2 18 16 47 -31

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨ・ソンヘ選手加入! ハン・ホドン選手契約解除...

2017-07-21 22:18:46 | Weblog
先日加入が発表された、ヨ・ソンヘ選手の登録が本日完了。
守備のテコ入れとして松本からの完全移籍となりました。
実績ある選手だけに即戦力として期待したいところです。
...これでスリーバックに韓国の選手が並ぶ可能性が出てきましたね。

一方で押し出される形で、ハン・ホドン選手は契約解除となりました。
5番目のGKとはいえ、新卒で異国へ渡って来た選手だけにじっくり育ててデビューさせてあげたかったという気持ちもあります。
どうか次のチームで花咲かせることを祈ってます。



それにしても、イ・ガンウ選手に続き今季二人目、実力の世界だとはいえ人数制限で脱落となってしまうのは如何なもでしょうか。
特に昨今のザスパは若手を粘り強く育てる傾向があるだけに、こういう形で若い選手の道が閉ざされることに、矛盾のようなものを感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第23節: 群馬 1-3 福岡

2017-07-16 23:59:59 | Weblog
成長を待てぬ状況



群馬 1-3 福岡

(4勝1分18敗:22位 得点:岡田)



待ちに待っていた高瀬選手の復帰戦となった試合。
攻撃的な姿勢、鋭いクロスはもちろん、彼が高い位置を取ってくれるだけで、駆け引き材料が生まれます。
替えの効かない選手だなあ、とあらためて感じました。

しかしこの試合で一番目立ってしまったのは岡庭選手だったでしょう。
不用意なドリブルを奪われて失点。
後半にもボールを攫われると、無理にボールを奪い返しに行ってこの日二枚目のイエローで退場。
場所はセンターライン付近、一枚もらっている選手があんなに無理して奪い返しにいく必要がある場面だったとは思えません。
厳しい言い方ですが、お粗末な退場だったと思います。
攻撃面では得意のドリブルで仕掛け、いい場面をいくつも作っていただけに、良くも悪くも目立ってしまったと思います。
攻撃を見ると、ボランチではなく攻撃的なポジションでやらせてあげたいな、と思います。
とはいえ、2列目の選手が極端に多くボランチ候補が少ない今季のメンバーを見れば、岡庭選手にはボランチで大成してもらわなければならない状況です。
ひとつ休んで、試合を外から見ることがさらなる成長につながることを願っています。

とはいえ、個々の選手の成長を待っていられる状況ではないのも事実。
7連敗で降格圏に取り残されつつあります。
脱出には勝ち点が7必要です。
切羽詰まってきました。



第23節結果:
群馬  1-3 福岡
讃岐  1-3 山口
横浜FC 1-0 岐阜
金沢  1-2 岡山
長崎  1-0 松本
町田  2-0 水戸
名古屋 1-0 山形
愛媛  2-2 大分
徳島  1-1 京都
湘南  2-0 東京V
熊本  1-0 千葉



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 湘南  47 23 14  5  4 27 17  10
 2 福岡  46 23 14  4  5 34 19  15
 3 長崎  41 23 12  5  6 30 23   7
 4 徳島  40 23 11  7  5 37 21  16
 5 名古屋 37 23 11  4  8 36 32   4
 6 横浜FC 35 23 10  5  8 31 22   9
 7 東京V 35 23 10  5  8 32 26   6
 8 水戸  35 23  9  8  6 28 26   2
 9 大分  34 23  9  7  7 32 28   4
10 岡山  34 23  9  7  7 26 27  -1
11 松本  33 23  9  6  8 30 18  12
12 千葉  33 23  9  6  8 39 36   3
13 町田  32 23  8  8  7 31 27   4
14 愛媛  32 23  9  5  9 30 32  -2
15 山形  32 23  8  8  7 20 27  -7
16 京都  29 23  7  8  8 30 30   0
17 金沢  28 23  8  4 11 26 37 -11
18 岐阜  26 23  6  8  9 33 36  -3
19 熊本  22 23  6  4 13 25 37 -12
20 山口  19 23  5  4 14 23 32  -9
21 讃岐  13 23  2  7 14 23 39 -16
22 群馬  13 23  4  1 18 15 46 -31

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第22節: 町田 2-0 群馬

2017-07-09 22:56:48 | Weblog
繰り返し



町田 2-1 群馬

(4勝1分17敗:22位 得点:なし)



力を培うには繰り返すことが大切。
うまく行っていることならばなおさら大切。
しかし、うまく行かないことは繰り返していてはダメでしょ。

ふたつの失点は、同じような位置から同じキッカーが同じように上げたボールを、同じ選手に同じように合わせられています。
鮮やかなセットプレーだっただけに1点目は仕方ないにしても、なぜ2点目も同じ選手をフリーにして打たせてしまったのか。
試合自体もいつもと同じような展開。
前半は五分五分の試合をしておきながら、後半はまるで別のチームのよう。
前節、今季一番とも思えるような試合をしていただけに、なぜまたいつもの繰り返しになってしまうのでしょうか。
試合運びも監督のコメントも、もう繰り返しには飽き飽きしております。



第22節結果:
町田  2-0 群馬
水戸  2-2 熊本
千葉  4-3 讃岐
松本  3-1 横浜FC
名古屋 0-2 徳島
福岡  0-2 金沢
大分  0-0 湘南
岐阜  3-2 京都
山口  2-0 山形
東京V 1-1 岡山
長崎  2-0 愛媛



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 湘南  44 22 13  5  4 25 17   8
 2 福岡  43 22 13  4  5 31 18  13
 3 徳島  39 22 11  6  5 36 20  16
 4 長崎  38 22 11  5  6 29 23   6
 5 東京V 35 22 10  5  7 32 24   8
 6 水戸  35 22  9  8  5 28 24   4
 7 名古屋 34 22 10  4  8 35 32   3
 8 松本  33 22  9  6  7 30 17  13
 9 千葉  33 22  9  6  7 39 35   4
10 大分  33 22  9  6  7 30 26   4
11 横浜FC 32 22  9  5  8 30 22   8
12 山形  32 22  8  8  6 20 26  -6
13 愛媛  31 22  9  4  9 28 30  -2
14 岡山  31 22  8  7  7 24 26  -2
15 町田  29 22  7  8  7 29 27   2
16 京都  28 22  7  7  8 29 29   0
17 金沢  28 22  8  4 10 25 35 -10
18 岐阜  26 22  6  8  8 33 35  -2
19 熊本  19 22  5  4 13 24 37 -13
20 山口  16 22  4  4 14 20 31 -11
21 讃岐  13 22  2  7 13 22 36 -14
22 群馬  13 22  4  1 17 14 43 -29

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩田拓也選手 相模原へ育成型期限付き移籍

2017-07-05 23:59:59 | Weblog
【トップチーム】岩田拓也選手 SC相模原へ育成型期限付き移籍のお知らせ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第21節: 京都 1-0 群馬

2017-07-01 23:46:51 | Weblog
悔しい敗戦



京都 0-1 群馬

(4勝1分16敗:22位 得点:なし)



最下位。5連敗。今節も得点なし。
厳しい現実はあるけれど、今日はいい試合だった。

前半は京都ペース、後半はザスパペース。
何度か決定的なシーンがあったけれど、残念ながら京都のGK菅野選手のファインセーブに阻まれる。
盛田選手のヘディングシュートはゴールネットを揺らすが、オフサイド判定。
終盤は勝ちたい両者が互いに猛攻を繰り出すが、ロスタイムにゴールを決めたのは京都。

惜しい。本当に惜しい。
相手GKが並の選手だったら、微妙な判定がオフサイドでなかったら、今日は勝てた試合だった。
現実は厳しい。しかし今日のような試合をまた見たい。
こういう試合が続いていけば、必ず勝てる。
久しぶりに本気で悔しい、次に繋がる敗戦でした。



第21節結果:
京都 1-0 群馬
山形 1-3 町田
千葉 4-1 大分
山口 1-2 松本
福岡 1-0 岐阜
湘南 2-1 名古屋
金沢 3-2 横浜FC
岡山 3-0 水戸
讃岐 0-1 長崎
徳島 4-1 愛媛
熊本 4-0 東京V



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 福岡  43 21 13  4  4 31 16  15
 2 湘南  43 21 13  4  4 25 17   8
 3 徳島  36 21 10  6  5 34 20  14
 4 長崎  35 21 10  5  6 27 23   4
 5 東京V 34 21 10  4  7 31 23   8
 6 名古屋 34 21 10  4  7 35 30   5
 7 水戸  34 21  9  7  5 26 22   4
 8 横浜FC 32 21  9  5  7 29 19  10
 9 大分  32 21  9  5  7 30 26   4
10 山形  32 21  8  8  5 20 24  -4
11 愛媛  31 21  9  4  8 28 28   0
12 松本  30 21  8  6  7 27 16  11
13 千葉  30 21  8  6  7 35 32   3
14 岡山  30 21  8  6  7 23 25  -2
15 京都  28 21  7  7  7 27 26   1
16 町田  26 21  6  8  7 27 27   0
17 金沢  25 21  7  4 10 23 35 -12
18 岐阜  23 21  5  8  8 30 33  -3
19 熊本  18 21  5  3 13 22 35 -13
20 讃岐  13 21  2  7 12 19 32 -13
21 山口  13 21  3  4 14 18 31 -13
22 群馬  13 21  4  1 16 14 41 -27

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第20節: 群馬 0-4 大分

2017-06-25 22:45:09 | Weblog
たくさんの「僅かの差」とたったひとつの「大きな課題」



群馬 0-4 大分

(4勝1分15敗:22位 得点:なし)



カンスイル選手の怪我は長引いている様子。山岸選手は赤紙による出場停止。岡田選手もなぜかベンチ外。
攻撃陣が揃わないなか、前線には高井選手、小林選手、出岡選手が並ぶ。
WBには天皇杯で活躍をみせた石田選手、CBには長い怪我から復帰した坪内選手が陣取る布陣。
あえて変えた部分と変えざるを得なかった部分が混じり合うスタメン。

一言でいえば、ボールの取られ方が悪すぎた。
4点目の意外性のある鮮やかなクロスはともかくとして、他の3点はCBがポジションを空けた状態でボールを奪われ、WBがカバーに入るも僅かに及ばず。

攻撃もポストに嫌われること実に3回。
あれらのシュートがほんの僅かでもコースが違っていれば結果は違っていたかもしれない。
終盤は猛攻を仕掛けるも、シュートで終わるべきところでパスを選択して奪われる。
勝ちはもちろん得点から遠ざかっているチームならではのゴール前での僅かな意識の差でしょうか。

局面をすくい取ってみると、いろいろな僅かの差が積み上がっているように見えます。
攻守にわたって奮戦していた石田選手や、ラインコントロールやボール奪取が光った坪内選手など、可能性も希望も見える。
しかし開幕以来、一向に解決をみせない問題もよく見える。
選手を変えても攻め方は対して変わらない。
盛田選手を入れるならもっと徹底したロングボールやクロスを放り込みでよいのではないか。
局面の変化への対応力が乏しい。手詰まりの際の次の手がない。逆境をひっくり返す奥の手がない。未だにない。
頑なに理想を貫く一方で、柔軟性がない。

この敗戦で再び最下位。得点リーグワースト、失点リーグワースト。
リーグが半分終わろうとしているいま、この先どう戦ってゆくか、いま一度問われるべき時期と思います。



第20節結果:
群馬  0-4 大分
山形  1-6 徳島
水戸  2-1 讃岐
町田  2-4 東京V
横浜FC 0-1 湘南
松本  1-1 岡山
岐阜  4-6 千葉
京都  1-3 金沢
愛媛  0-1 福岡
名古屋 2-0 長崎
熊本  0-2 山口



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 福岡  40 20 12  4  4 30 16  14
 2 湘南  40 20 12  4  4 23 16   7
 3 東京V 34 20 10  4  6 31 19  12
 4 水戸  34 20  9  7  4 26 19   7
 5 名古屋 34 20 10  4  6 34 28   6
 6 徳島  33 20  9  6  5 30 19  11
 7 横浜FC 32 20  9  5  6 27 16  11
 8 大分  32 20  9  5  6 29 22   7
 9 長崎  32 20  9  5  6 26 23   3
10 山形  32 20  8  8  4 19 21  -2
11 愛媛  31 20  9  4  7 27 24   3
12 松本  27 20  7  6  7 25 15  10
13 千葉  27 20  7  6  7 31 31   0
14 岡山  27 20  7  6  7 20 25  -5
15 京都  25 20  6  7  7 26 26   0
16 岐阜  23 20  5  8  7 30 32  -2
17 町田  23 20  5  8  7 24 26  -2
18 金沢  22 20  6  4 10 20 33 -13
19 熊本  15 20  4  3 13 18 35 -17
20 讃岐  13 20  2  7 11 19 31 -12
21 山口  13 20  3  4 13 17 29 -12
22 群馬  13 20  4  1 15 14 40 -26


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇杯2回戦 山口 1-2 群馬

2017-06-21 23:59:59 | Weblog
サブ組の活躍



山口 1-2 群馬

(得点:石田、山岸)



直前のリーグ戦からスタメンを10人替えたザスパ。
石田選手、山岸選手のゴールで勝利。3回戦進出で次戦はホームでJ1川崎と対戦することが決まりました。
リーグ戦の状況を思えば、正直それどころじゃないとも思いますが、勝利も得点もない状態が続いているザスパでサブ組が活躍して勝ったことは次に繋がる材料と思いたいです。
特に坪内選手が怪我から復帰したことは朗報。
一方で、この試合のメンバーからも外れている小牟田選手がいまどんな状態なのかは気になるところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第19節: 群馬 0-2 松本

2017-06-18 23:55:20 | Weblog
後味の悪い敗戦



群馬 0-2 松本

(4勝1分14敗:21位 得点:なし)



草津町でのミニキャンプを行ったザスパ。
例年のようにここからのブーストを期待したいところだが、頼みの綱であるカンスイル選手が足に違和感を訴えて出場を回避。
山岸選手を前線に置き、ボランチには松下選手が先発という布陣で挑む。
前半は、その山岸選手の奮戦もあり、非常によい攻撃が組み立てられていた。
裏を取る動き、ボールを受けるための動き、ボールを持つ選手を追い越す動きなどが機能し、厚みのある攻撃が展開出来ていた。
しかし守備面では目立ったか改善は見られず、ひやりとする場面も多くあり、結果としてPKを与えてしまう。
これをGK清水選手一度は弾いたものの詰められて失点。前半を終える。
後半ザスパの様子が一変、意思疎通が出来ていないようなプレーが繰り返される。
松本側が対策してきたというのもあるだろうが、見ていてもチームとしてないがしたいのか伝わってこない。
ゴール、シュートはおろか、チャンスに繋がりそうな気配も感じられなくなり、選手交代も効果なし。
セットプレーからの流れで追加点を奪われ、0-2の敗戦。
試合後、主審への異議で山岸選手が一発レッドで退場。
なんとも後味の悪い試合となってしまいました。

この退場劇について、私は山岸選手を擁護いたしません。
いらぬ行為による無駄な退場と思います。
この試合、たしかに主審のジャッジはあやふやでした。
しかしそれも含めてのゲームです。そういう部分も考えた上で行動しなければ結局損をするのは自分たちです。
次節、山岸選手の出場停止がチームにどのような影響をもたらすか。
カンスイル選手の状態も合わせて、非常に心配です。



第19節結果:
群馬  0-2 松本
福岡  3-1 名古屋
水戸  3-1 千葉
横浜FC 0-1 山形
東京V 3-3 愛媛
湘南  1-0 京都
金沢  3-2 山口
岡山  1-1 岐阜
徳島  3-0 熊本
長崎  0-0 町田
大分  2-1 讃岐



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 福岡  37 19 11  4  4 29 16  13
 2 湘南  37 19 11  4  4 22 16   6
 3 横浜FC 32 19  9  5  5 27 15  12
 4 長崎  32 19  9  5  5 26 21   5
 5 山形  32 19  8  8  3 18 15   3
 6 東京V 31 19  9  4  6 27 17  10
 7 水戸  31 19  8  7  4 24 18   6
 8 名古屋 31 19  9  4  6 32 28   4
 9 愛媛  31 19  9  4  6 27 23   4
10 徳島  30 19  8  6  5 24 18   6
11 大分  29 19  8  5  6 25 22   3
12 松本  26 19  7  5  7 24 14  10
13 岡山  26 19  7  5  7 19 24  -5
14 京都  25 19  6  7  6 25 23   2
15 千葉  24 19  6  6  7 25 27  -2
16 岐阜  23 19  5  8  6 26 26   0
17 町田  23 19  5  8  6 22 22   0
18 金沢  19 19  5  4 10 17 32 -15
19 熊本  15 19  4  3 12 18 33 -15
20 讃岐  13 19  2  7 10 18 29 -11
21 群馬  13 19  4  1 14 14 36 -22
22 山口  10 19  2  4 13 15 29 -14
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第18節: 山形 1-0 群馬

2017-06-11 23:59:59 | Weblog
理想と現実



山形 1-0 群馬

(4勝1分13敗:21位 得点:なし)



パスが短すぎたり、意識があっていなかった序盤にあっさりと失点。
以降、ボールは持てても最後のところで決定的なチャンスに繋がらず。
今日は両エースも対策されてしまっているのか、いまひとつ輝く場面が少ないまま終了。

山形に破れて21位に後退。
この試合、監督は今季一番の出来と語っている。
たしかに悪いと言うほどの内容とも思わないが、しかしベストとも思えない。
理想的なスタイルだったということなのだろうけれど、今欲しいのは勝ち点と順位。
降格圏に落ちる敗戦でベストと言われてしまうと、今一番大切なのはそれじゃないだろうと言いたくなる。



第18節結果:
山形  1-0 群馬
千葉  0-0 福岡
大分  2-2 横浜FC
東京V 2-1 名古屋
徳島  0-1 湘南
松本  0-1 水戸
讃岐  1-0 金沢
京都  2-2 町田
山口  0-1 岡山
愛媛  2-0 岐阜
長崎  1-0 熊本



順位      点  試  勝  分  負  得  失   差
 1 福岡  34 18 10  4  4 26 15  11
 2 湘南  34 18 10  4  4 21 16   5
 3 横浜FC 32 18  9  5  4 27 14  13
 4 名古屋 31 18  9  4  5 31 25   6
 5 長崎  31 18  9  4  5 26 21   5
 6 東京V 30 18  9  3  6 24 14  10
 7 愛媛  30 18  9  3  6 24 20   4
 8 山形  29 18  7  8  3 17 15   2
 9 水戸  28 18  7  7  4 21 17   4
10 徳島  27 18  7  6  5 21 18   3
11 大分  26 18  7  5  6 23 21   2
12 京都  25 18  6  7  5 25 22   3
13 岡山  25 18  7  4  7 18 23  -5
14 千葉  24 18  6  6  6 24 24   0
15 松本  23 18  6  5  7 22 14   8
16 岐阜  22 18  5  7  6 25 25   0
17 町田  22 18  5  7  6 22 22   0
18 金沢  16 18  4  4 10 14 30 -16
19 熊本  15 18  4  3 11 18 30 -12
20 讃岐  13 18  2  7  9 17 27 -10
21 群馬  13 18  4  1 13 14 34 -20
22 山口  10 18  2  4 12 13 26 -13

コメント
この記事をはてなブックマークに追加