音痴とは by 高牧康(音痴矯正コンサルタント)

5000人以上の音痴の人と向き合ってきました。日々の所感を綴ります。

二つある「のどピコ」を発見しました

2017-06-14 17:35:40 | 音痴

「のどピコ」とは「のどちんこ」のことです。

医学用語では「口蓋垂(こうがいすい)」といいます。

これはセンサーのようなもので、ここに物がふれると、気管が閉じて、食道に流れるようになっています。

ですから、指で触れると、「オエッ」ってするくらい敏感な部分です。

風邪で喉が痛くなったりすると、この周辺が赤く炎症していることが分かります。

その脇が扁桃腺です。

レッスンでは、ご自身で、この「のどピコ」の動きを確認してもらいます。

高い声では上の方につり上がります。

裏声だと、後ろにひっくり返ります。

のどピコが、後ろに裏返るから、裏声というのかもしれません。

時々、「私、2つあるんです」と教えてくれる生徒さんがいます。

今回、その写真を撮らせていただきました(もちろん、許可を得て)

名前と、顔を出さないことを条件にネットに上げることもお許しいただきましたので、ここにお披露目です。

こうした方は高い声が出難い傾向にあります。

原因については、別な機会にお話ししましょう。

皆さんの中でも、そうした人がいらっしゃったら、またそれが原因かどうかわからないが、高い声が出難い、と思っていらっしゃる方

ご連絡をお願いします。→音痴矯正.com へ

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精密採点デラックスで高得点... | トップ | 豊田議員のミュージカル調に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL