やっぱりヨットに乗りに行こう!

相模湾、東京湾のヨットライフに関する風景や艇や人物の写真をベースにした日記です。

浄土ヶ浜

2016年10月13日 22時39分03秒 | 旅行

10月5日(水)

10月1日朝から岩手県宮古市での国体の運営のお手伝いをしていました。
リアスハーバー宮古の建物はほぼ屋根まで津波につかったとのこと。恐ろしい高さです。


建設された巨大な防潮堤の左側が町で、右側がハーバー、そして宮古湾です。


まだ更地が多く、ダンプカーが走り回り、先月には水害もあってまだまだ復興途上という状況にもかかわらず国体が出来たということは、関係する方々の並々ならぬ努力の成果だと思います。敬服いたします。この国体がさらなる復興のスピードアップのスイッチになるといいですね。

さて、国体のセーリング競技最終日の今日は無風の為ノーレースで仕事がほぼ午前中で終了。 今大会には車で来ていたので、ドライブ旅行をすることにしました。
途中、宮古市内のでは津波の浸水線表示があり、かつて写真や映像で見たことを思い出します。


先ずは、宮古にある浄土ヶ浜を探訪。鋭く尖った白い流紋岩による絶景が見ものです。




海の水もとてもきれいでした。

その後三陸を北上。途中、田老とか久慈とか津波の被害の痕跡が残る場所を通るたびに胸が痛くなりました。
途中の野田の道の駅で、特産物の海藻や山ブドウのピューレを買いましたが、野田塩ソフトクリームの優しいしょっぱさがおいしかったです。

八戸をパスし野辺地の松山旅館に投宿。
到着時は台風18号からかわった低気圧の影響で雨。一晩中、吹き降りでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神子元レースお見送りとお出迎え | トップ | 大間崎、仏ヶ浦、R338海... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。