暇な月日をだらだらと・・・・・爺々放談   Since 2009.01.01

  日々の生活の一部、散歩などをコラム風に
       ~ my winding road ~

孫が・・

2017年03月21日 14時43分46秒 | つれづれ日記
斑入り エニシダ (コロニラバレンティナバリエガータ)
 雨量: 小雨 < 弱雨  大雨×小雨  強雨×弱雨

昨日、孫が来た・・二人のうち、一人が「咳が出て具合が悪い」と、我が家に置いていかれた・・
そして今日、
「熱が有るから・・病院に連れて行って・・」 と頼まれて また置いて行かれた・・

『我が孫の 主治医は我が家の すぐそばに』 だ 

診断の結果は、インフルエンザ A型 だった
 この風邪は、感染力が強いため、世界的に流行しやすい特徴があるらしい
 ウイルス内部で多様に変異するため、 様々な種類のものが存在し、その数144種類との事

なので
 人だけではなく他の 鳥・豚・馬 などにも感染するインフルエンザらしい
 恐れられている鳥インフルエンザの人間への感染は、似た体温の動物へ順次移行すると考えられている

体温
 鶏:41~42度 ⇒ アヒル:39~40度 ⇒ 豚:39度前後 ⇒ 人間:36~37度

何故、鳥インフルエンザが怖いのか
 インフルエンザにかかると、身体の防御反応で発熱し、ウイルスを死滅させようとするのだが・・
 人間が鳥インフルエンザにかかると、鳥の体温以上に発熱させなければならない、、
 それは人間の死を意味するからだ

私は楽観主義者だから
 41~42度の体温を好むウイルスが36~42度の体温を好むウイルスに変貌するとは思っていない
 上限値も下がって来るはず・・という何の根拠も説得力もない考えを持っているから
 
私の平熱は、まだ37度に近い・・体温の高い人は免疫力も高い、というが・・
今までも風邪にかかって 40度以上の熱になることも度々あった

私はそのつど、知恵熱だ、知恵熱だ と言ってきたが 
そんな時に、鳥インフルエンザ・ウイルスが肺に入ってくると、入ってきたら・・頭の上に 輪っか 昇天だな
私にとって鳥インフルエンザは 今の方が怖いかも


いま、孫が、、我が家でウイルスをまき散らしている

換気 は、怠りなくやってはいるが・・

孫は、このまま 春休みに突入 だ・・これから毎日我が家にくる

その間に

爺ちゃんが貰うか・・

婆ちゃんが貰うか・・

はたまた両方か・・

感染せず、、他にまき散らす、、保菌者で終わるのかな




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな事なら・・ | トップ | 楽しみが・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL