温低の将棋でしょうか?

明鏡漏水。温帯低気圧ちゃんのとんちんかんブログです。小説書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私が女になった時

2008-02-25 20:04:41 | Weblog
 忙しい仕事に追われ、疲れた同僚が私に言った。
 「疲れてて あっちが言うことをきかない」
私はこうアドバイスらしきものを進呈した。
「乳首を鍛えよ! さすれば君の精力は倍増するであろう!」

私が乳首の魅力にとりつかれたのは中学生のころで、友達のすすめで乳首を使う訓練を始めた。

その友達は、男なのに早くから乳首が使えるやつで、乳首を舐めてやるとすごく悦んだ。そして私に「乳首、感じないの?」と言う。

彼にはお姉さんがいて、私はそのお姉さんの事が好きだった。男ギライの私だが、そのお姉さんと同じ遺伝子を持つ弟ならば自然に受け入れられた。

私も乳首を鍛えた。指で刺激するうちに、いつしか私の乳首は目覚めた。

そして、必要以上に乳首を鍛えすぎた私は女になった。

正確には、女の心を手に入れたのだ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焦燥の先 | トップ | あとがき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事